最近の話題 スレッドへのリンク

また同時進行の話が増えてきて、スマホで見にくくなってきたので、スレッドへのリンクをつくりました。

120を作る 京阪神開業時の明治の列車

8450を作る 山陽鉄道の複式機関車

DCC DSair2関連の話題

ミニダックスをつくる

猫屋線の列車を作る

ブログ主に連絡とりたいときは、このメッセージにコメントとして書き込んでください。
管理者で確認後 コメントとして公開せず消去します。
原則メールでご返事しますので、かならずメールアドレスをご記入ください。

 

P1000114

ピーコック製の2-4-0 3フィートゲージ マン島にて

| | Comments (0)

テンキーボードコントローラーができました

市販のUSB接続テンキーボードを改造して、DCCコントローラーができました。

車両の運転、ポイント切替、CV値の読み書き、車両アドレスの読み書きが可能です。

UART接続で、DSシールド2などに接続して使います。接続には3.5mm4極コネクターを使用していますが、結線はDSmain5に準じています。 

20210415-23-03-51

回路図は下記のとおりです。

Tenkeycon

BSTK100BKの基板上ランドへの配線はこちらの画像を参照してください

スケッチはここからダウンロードできます - tenkey_control.zip

素人プログラムで、あまり美しくないコードですがご笑覧ください

このテンキーボードコントローラー操作方法は以下のとおりです

起動時は「アドレス選択モード」

0.アドレス選択モード
アドレス番号+(Enter)  「運転モードA」に移行
( * ) 現在の線路上のDCC車両のアドレス読込表示
アドレス番号+( / )  現在の線路上のDCC車両のアドレス変更書込
(. del) 入力した数値を消去

1.運転モードA ファンクション操作モード
ボリュームつまみで速度調整
(Enter) 前後進逆転 トグル操作
(BS) 線路電源オンオフ トグル操作
(数字キー) F0からF9のファンクションのオンオフ F2のみモーメンタム動作 他はトグル動作
( / )&(数字キー) 同時押し F10からF19のファンクションのオンオフ トグル動作
( * )&(数字キー) 同時押し F20からF28のファンクションのオンオフ トグル動作
( + ) CV読み取りモードへ移行
( - )  アドレス選択モードへ移行
(00) 運転モードBへ移行

2.運転モードB アクセサリー(ポイント)操作モード
ボリュームつまみで速度調整
(Enter) 前後進逆転 トグル操作
(BS) 線路電源オンオフ トグル動作
(数値)+( *) 入力したアドレスのポイントを直進に切替
(数値)+( / ) 入力したアドレスのポイントを分岐に切替
(. del) 入力した数値を消去
( - )  アドレス選択モードへ移行
(00) 運転モードAへ移行

3. CV読み取りモード
CV番号+(Enter) 指定されたCV値読込
(. del) 入力した数値を消去
( + ) CV書込モードへ移行
( - )  運転モードAに移行

4. CV書込モード
CV番号+(Enter) で指定後 数値+(Enter) でCV値入力
(. del) 入力した数値を消去
( - )  運転モードAに移行

+ は順次操作
& は同時操作

 

| | Comments (0)

テンキーボードコントローラーの試み(5)

結局Arduino Miniの収まりが悪いので、基板はコネクター部分を残して切除しました。
キーは汽笛のFunction2のみトグル動作(押す度にオンオフ切り替わる)ではなく、モーメンタム動作(押している間のみオン)にしてみました。F2の挙動については、サウンドデコーダーでは汽笛に割り当てられていることが多いのでモーメンタム動作が好まれますが、デコーダーによってはそれ以外の機能を割り当てられていることも多いので、どちらが良いかは何ともいえないですね。コントローラ側でカスタマイズできるのがベストかとも思いますが、それを実現するのはまたややこしくなりそうなので今回はパスです。

20210409-0-45-53

| | Comments (0)

テンキーボードコントローラーの試み(4)

DSair2にも、UARTジャックを増設しました。

ジャックは、3.5mm4極ミニジャックです。

20210406-23-03-23

20210406-23-06-25


| | Comments (0)

テンキーボードコントローラーの試み(3)

20210405-22-40-55

 

テンキーボードのハード改造とスケッチ(プログラム)が一応できたので、UART端子のあるDSmain5.0に接続してみました。CV値の読み書きやアドレス操作もできるようになりました。次はDSair2の基板にもUARTのランドがあるはずなので、そこから電線を引っぱって、UARTのジャックを付けて、このテンキーボードコントローラーでも操作可能にしてみようと思います。

 

| | Comments (0)

テンキーボードコントローラーの試み(2)

20210401-9-56-48

最初は以前K氏にいただいた168P搭載の中華Aruduino pro mini 互換機を使っていたのですが、OLEDディスプレーを使うとメモリが足りなくなり、秋月の328P搭載のAruduino pro mini 互換機に交換しました。
何とかDCC運転操作とポイント操作、CV値読取り、書替えまではできるようにできました。現在DSシールド2に接続していますが、CV値読み取りが少し時間がかかるので、シリアル受信バッファーからのデータ取得のタイミングをとるプログラミングがなかなかうまくいかず、時間がかかってしまいました。あとはDCCアドレス取得/書換とPWM(パルス制御)の直流運転機能を追加しようと思います。

なお歳をとったためか、プログラミング自体にも時間がかかりますが、操作手順を考える方が時間を喰ったかもしれません。運転中でも00キーを押すと一発でテンキーボードをファンクション操作とポイント操作に切替られるようにしました。ハードウェアの電子回路を組んだあとでも、プログラムを書き替えて操作機能をどのようにでも変えられるのがデジタル制御機器の面白いところだと思います。

20210401-9-57-09

20210401-9-57-29

 

市販のテンキーボード改造して、DCCコントローラーができるのは面白いです。

| | Comments (0)

«テンキーボードコントローラーの試み(1)