カテゴリー(話題別)のインデックス

いろいろな話が平行してすすんでいて、スマホで見にくいようなので、カテゴリー(話題別)のインデックスページを設けました。
最近進行しているカテゴリーは下記のとおりです

7200タイプ(1/87,12mm)

120の牽く阪神間の明治の列車

DCC

このリンクをクリックしていただくとPC用のカテゴリーページが表示されます。
画像が汚いですが、クリックしていただくとスマホ用ページが表示されます。


| | Comments (0)

英国の本屋から荷物が届きました

英国の鉄道や模型を扱っている本屋から2冊本を購入しました。

20180518_21_44_55

一冊は昨年刊行された、フェスティニョーグ鉄道のフェアリーの本です。
オリジナルのロコから、復元・新製されたロコまで図面と写真が載っています。
カラー印刷が美しく、英国型蒸機の色はなんともいえず美しいと感じました。
巻末には、鉄道連隊にも来たペショブルドン式機関車の解説もあります。
http://www.festrail.co.uk/content/publish/news/516.shtml

もう一冊はオーストリアの軽便鉄道の1960-1970年代の写真集です。
アヘンゼー、ティラタール、シャフベルグ、シュネーベルグといった鉄道の写真が載っています。
http://lightmoor.co.uk/books/austrian-narrow-gauge-twilight/L8306

どちらも英語の本なので、おいおい読んでいこうと思います。


| | Comments (0)

7200タイプ(4) テンダー車輪  NWSLプーラーの改造

7200形テンダー車輪の実物は711mm径なので、1/87では8.2mmぐらいになります。8.5mmのプレート車輪ならHOn3用の手持ちがありますので改軌すれば簡単ですが、やはりスポーク車輪を使いたいと思いました。
エコーモデルのCタンクキット用先輪の分売パーツで、8mm径先輪をストックしていましたのでこれを使うことにしました。タイヤの厚さは2.4mm弱ありますが、そのまま使いました。
テンダー台車は1/80のためすこし大振りですが、珊瑚から発売されていた7200形用テンダー台車のロストパーツを使うことにしました。

20180518_1_02_3020180518_1_14_37

この車輪は両絶ですが、輪心に圧入されている絶縁ブッシュを抜くと軸孔径が2mmです。車軸も2mm径だったので、片方のみ段付きの細い部分を2.3mm旋盤でコレットチャックにくわえて削りました。削った側に絶縁車輪を嵌めて、反対側はそのまま絶縁ブッシュを抜いた車輪を車軸に圧入しました。
なお今回バックゲージは、10.5mmとしました。
車軸の長さは19.6mmあったので、片側0.3mmずつ削って19mmにしましした。

20180518_1_04_51
なお今回の作業には、NWSL社の車軸抜きpullerを使いました。
この道具、V字型に切り込みが入った板が動くので扱いにくいことがありますが、底面に磁石を貼ったらこの板が磁力で仮固定されて扱いやすかったです。ただもう少し吸着度が欲しいので、孔を開けて円筒形のネオジウム磁石を埋め込んだ方が良いかもしれません。

(2018.5.20追記)
ダイソーに行ったら、ピン型のマグネットがありました。直径5mmのネオジウム磁石が内蔵されていたので取り出して使いました。糸ノコで底部のまわり数カ所に切り目をいれて万力で挟んだら本体が割れて磁石を取り出せました。
pullerの底部に5mmの孔を2つ開けて、このマグネットを押し込んでロックタイトで固定しました。
底板裏側に貼ったマグネットでは少し磁力が弱かったですが、こうやって加工するとV字型に切り込みが入った板がピッタリ貼り付いて具合がよいです。
20180520_11_32_32

押しボルトの頭の径が8mmだったので、ダイキャスト製のボリュームツマミの取付穴の径を6mmから8mmに拡げて取り付けました。HOクラスの動輪であれば、六角レンチ持ち出さなくてもこれぐらいの大きさのツマミを捻れば抜けます。これで抜けないようならボール盤で抜いた方がよいと思います。
20180520_12_10_24


| | Comments (0)

NoraAirシールドの配線図

NoraAirシールドの配線図を追記しました。
3/21の記事をご覧ください。

| | Comments (0)

DCCコントローラーのアドレス指定デバイス

DCCコントローラーのアドレス指定ですが、意外に人気があるのが、デジトラックスのコントローラーの一部に採用されているロータリーコードスイッチ(DIPロータリースイッチ)です。
20180515_19_57_3020180515_19_57_56
これはUT4というロコネットに接続して使うサブコントローラーですが、おそらく電源につながっていなくてもアドレス指定ができるようにこういう仕様になったのだと思われます。

ロータリーコードスイッチは日本電産コパルからも発売されているようで、秋月などで扱っているようです。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-06981/
4桁のアドレス用に4個並べても、マイコンのデジタルi/oが8本あればよいので、運転専用のコントローラーだと使いやすい入力デバイスではないかと思います。

| | Comments (0)

«HOJC運転会でDSairで走らせました