KATOサウンドBOXを操作するDCCデコーダーをつくる(4)

KATOサウンドBOXを操作するDCCデコーダーですが、フジガヤさんがスケッチをアップロードされています
私のデコーダーでも動きましたので、私の記事を参考にこのデコーダー作られる方は、フジガヤさんのスケッチをお使いください。
もちろんこのデコーダーをDSair2につなげば、スマホやタブレットからワイヤレスで、KATOサウンドBOXを操作できます。

20190223_8_32_2920190223_8_33_58
DSair2のDCC出力にこのデコーダーをつないで、このデコーターからの出力をサウンドボックスの通信ポートに接続します。
なお私のサウンドBOXは、コントローラー内蔵に改造しています

| | Comments (0)

KKC作品展は5/19に開催されます

私の入っている蒸機工作派のクラブKKCでは、5/19に作品展を開催します。
みなさん是非おこしください。
Kkcposter12

期日:2019年5月19日、11:00a.m.〜4:30p.m.
場所:綿商会館 6F 昨年の軽便祭とおなじビルです。
      東京都中央区日本橋富沢町8番10号 03-3662-2251
同時発売:自費出版「蒸機を作ろう」、蒸気機関車図面集1〜3巻
KKC会員限定の特殊パーツ類、動輪等も会員でない来場者の方にも販売します
入場料:¥500


| | Comments (0)

9850タイプをつくる(32) ほぼ完成しました

20190214_23_48_09
ナンバープレートはだるまやのマレー用を使いました。
20190214_23_50_13
ほぼ完成しました。あとはディテールはヘッドライトのガラスを入れて、石炭積むことぐらいが残っています。
走行はもう少し調整が必要ですね。


| | Comments (0)

DSair2にS88コネクタをつけました

私は自動運転にはあまり興味はなかった、DCCはサウンドなどのギミックのためと考えていました、のですが、数ヶ月後あるクラブの展示会で、自動往復運転が必要になるので、その仕組を考えていました。
こんどDSair2にBasic言語の自動運転スクリプトが搭載されるらしいので、それを使ってみようかと思いました。そのため最初の予定にはなかったにS88コネクタをDSair2に増設しました。といっても予め基板にRJ45コネクター用の配線パターンがついていましたので電子工作は簡単です。
20190214_11_29_22
穴開けは小さめの角穴の四隅の位置にピンバイスにドリルをくわえて開けて、荒目(4#)糸ノコで角穴をあけました。そのあとヤスリでザクッと削って、最後はカッターナイフで仕上げました。結構ケースが厚いので加工は大変でした。また角穴はすこしテーパーにしておきました。ハンダ付けよりこちらの加工の方が時間と手間がかかりました。
角穴の位置は下記のとおりでした。ケースや加工により個体差があるかもしれないので参考程度にしてください。
角穴の上下位置は、ケース底面からではなく、カバー下端からの寸法です。
Dsair2_s88
まだDSbasic over DSair2は開発途上らしいですし、手もとにS88デコーダーがない(笑)ので自動運転はまだです。S88デコーダーは、NuckyさんのS88在線検出デコーダーを参考にシフトレジスターを使ったものを自作する予定です。パーツは共立電子に発注しました。

※2/15追記 こんどDSair2に搭載されるDSbasicは、自動運転イベントスクリプトというより、DCC制御プログラミングのためのBasicとでもいうべき本格的なもののようです。

| | Comments (0)

久しぶりのビデオカー整備

今週末某13mmレイアウトにお邪魔するので、久しぶりにビデオカメラカーを引っ張り出しました。
搭載しているソニーのアクションカムは、撮影している画像をタブレットやスマホで見ながら録画できるのがよいです。
20190212_21_22_39
作った最初は面白がって使っていましたが、最近はほとんど使っていませんでした。動画ファイルのタイムレコード見ると2年近く撮影していないようです。
13mmゲージの台車も用意していますが、16.5mmの台車とちがって車輪のバックゲージが狭く、カプラーポケットと当たるので小半径のケーブは曲がれません。

20190212_21_26_0620190212_21_23_17
大阪の十三クラブの組立レイアウトはなんとかパスしましたが、念のため不○工ですが飛び出す位置のカプラー受けをつくりました。これならきついカーブでも車輪とカプラーポケットが当たらず曲がれると思います。
20190212_21_32_12_1

20190212_21_34_52


| | Comments (0)

«二条ウォームギアのギアボックス