Perus Pirapora鉄道(EFPP) 一号機をつくる(7) 煙室前板

煙室前板は、真鍮丸棒から挽き出しました。
周囲のボルトは18個なので、自作の割り出し機をつかって18等分に孔を開けました。
20190117_21_32_0820190117_21_32_17
煙室戸は別パーツを旋盤で挽き出し中心に嵌めてハンダ付けしました。
20190118_0_04_26_2
扉の蝶番腕は、ハンダ付けしやすいようにU形にしました。真ん中に丸型ナンバープレート貼ってしまえば目立ちません。ボルトは0.4φ線です。写真に撮るとごつくみえますが、実見はそうでもありません。


| | Comments (0)

Perus Pirapora鉄道(EFPP) 一号機をつくる(6) 主台枠

ミスパーツの動輪は、ある方のご厚意で譲っていただけましたので、工作を続行しています。
キットは動輪固定式で第二動輪駆動ですが、動輪可動で第三動輪駆動に改造します。
というわけで主台枠も新製しました。
20190112_22_33_47
上がキットオリジナル、下が新製した台枠側板です。
t1.0真鍮板を二枚貼り合わせて糸ノコで加工しましたが、快削材を使ったので糸ノコでサクサク切れてストレスはなかったです。
アウトサイドフレーム固定用のスペーサーも、1.6x0.8mmのパイプから加工して、仮組みしてみました。
20190113_0_49_52


| | Comments (0)

1000レストア(6)キャブのディティール

屋根に天窓と雨樋をつけて、手すりと尾灯掛けをつけました。

20190106_21_30_47
20190106_21_31_59

レストアほぼ完成です。
後は再塗装のみです。<とはいっても、ここからが長いかも


| | Comments (2)

1000レストア(5)サンドドーム作用ロッド

サンドドーム作用ロッドをつけると、精密感がでます。
ロッドとクランクを別パーツでつくると関節部分が大きくなるのと壊れやすいので、L形に曲げた部分を万力で押しつぶしてクランクにみせかける一体式でつくりました。
20190106_0_47_21


| | Comments (0)

Perus Pirapora鉄道(EFPP) 一号機をつくる(5) ミスパーツ

下回りに取りかかろうとして、動輪をよくみたら、一軸だけ軸箱カラーの向きが反対に入っていました。
一番手前の車輪
20190105_1_01_20
珊瑚模型は春まで一時閉店中らしいし、この動輪だと一旦車輪を抜いて向きを入れ替えるというのも難しそうなので、どうしようか考え中です。
ダックスへのNゲージEF58動力装置の改造転用も以前検討したことがあるので、そちらも再検討してみようかと・・・

| | Comments (2)

«Perus Pirapora鉄道(EFPP) 一号機をつくる(4) 煙室