カテゴリー(話題別)のインデックス

いろいろな話が平行してすすんでいて、スマホで見にくいようなので、カテゴリー(話題別)のインデックスページを設けました。
最近進行しているカテゴリーは下記のとおりです

7200タイプ(1/87,12mm)

120の牽く阪神間の明治の列車

DCC

このリンクをクリックしていただくとPC用のカテゴリーページが表示されます。
画像が汚いですが、クリックしていただくとスマホ用ページが表示されます。


| | Comments (0)

120をつくる(7) 床板

少し放置していた120形ですが、JAMまでもう4週間を切ってしまいました。
少し急がねばならないようです。

床板を0.2t真鍮板、前後の端梁を2X5真鍮角棒からつくりました。
縁取り板は、前後の曲線部を継ぐと継ぎ目が目立ちやすいので、フライス加工で作りました。

20180722_16_24_02
切断機で切り出した1X4の帯板を半分に曲げて、捨て板の真鍮板にハンダ付けします。

20180722_16_46_19
これをフライスで削ります、両端の曲線部はボールエンドミルで仕上げます。
ユニマットのフライスだと少し非力ですが、頑張って加工しました。

20180722_17_53_13
削った後です。

20180722_18_00_24_6
バーナーで炙って捨て板から外します。

20180723_0_51_59
床板、前後梁とハンダ付けで組み上げました。

次はロッド類の床板や縁取り板との当たりをなくす作業です。


| | Comments (0)

黒岩保美さんの展示会をみてきました

週末は仕事(研究会)で上京していました。
今日はフリーだったので朝、新橋の鉄道資料館の黒岩保美さんの展示会に行ってきました。これまで「とれいん」や「レイル」などで、描かれた絵は見ていましたが、やはり原画を見れたのはよかったと思います。
ご実家が日本橋高島屋専属の悉皆屋で、若いときに日本画家に師事されていたというのは今回の展示ではじめて知りました。10月はじめまでやっているので、一度のぞかれることをお勧めします。
20180715_10_27_54
新橋の鉄道資料館の復元された駅舎の左右対称のデザインは何度見ても美しいと思います。

そのあと渋谷に芝居を見に行きましたが、舞台は以後の大スクリーンに映写される映像多用の演出で、舞台装置好きの自分には舞台芸術としては不満が残りました。
そういえば小さなレイアウトでも、背景にビデオディスプレー置いてその前を模型走らせていた方もおられたのをどこかの雑誌で見た気がします。

最後は久しぶりに方南町の珊瑚模型に行ってパーツを漁って散財してきました。
しばらく行かない間に方南町の駅が改装工事で、地上までエスカレーターで上がれるようになっていたのには驚きました。昔から方南町の駅の長い階段を登らないと店にたどり着けなかったので、あの階段がなくなってしまったのも感慨深いものもがあります。
買い物の成果は、輪心絶縁ではなくタイヤ絶縁の9.5φスポーク車輪を購入出来たことで、これにクランクつければ9.5φ動輪を作れる目処が立ちました。輪心絶縁の9.5φ車輪は罪庫していましたが、絶縁側のクランクと輪心の絶縁処理が面倒なので躊躇していたのです。

| | Comments (0)

PECOのナローゲージボギー客車を買いました

先日のマン島のタンクロコだけではサマにならないので、牽引する客車が欲しくなりました。エッチング製のキットは出ているようですが、組んで美しく塗装するのも大変なので、それらしいPECOのナローゲージボギー客車イギリスの模型店から送ってもらいました。
20180706_21_29_54
ただこれは、OO9(1/76 9mm)なので、OOn3(1/76 12mm)に改軌するか、動力化を予定しているロコの方を9mm軌間にする必要がありますがありますが、まだどちらにしようか決めかねています。

またヤマさんのリクエストに応えて、ロコの分解写真を載せておきます。
20180706_22_51_09
20180706_22_57_12
主台枠がプラ製で、床板と車体がダイカスト製です。


| | Comments (1)

7200タイプ(7) 7200のスタイル

この中村精密のスパルタンシリーズの機関車の上回りは、前後方向の寸法は ほとんどTMS蒸気機関車スタイルブックの7200形の図面(1963年版 P70)のとおりであり、高さは5-10%ほど低いというシロモノです。(前後方向が1/80で、高さは1/87なのか?)
この7200の図面も、おそらく中尾豊さんは組立図を見て描かれたのではなく、スタイルブックの同じ頁に載っている西尾克三郎さんの写真から割り出して描かれたのだと思います。
TMS7月号P38に石島さんが掻かれた図面が載っています。こちらは実物の組立図をベースに描かれたものだと思います。これはスタイルブックの図面に比べて、前後方向の長さが短かく、ボイラーも少し太いようです
この図面をみて若干製作意欲が衰えましたが、寸法を根本的に変えると切り継ぎ加工が大変なので、今回はこのまますすめることにしました。
20180705_0_23_57


| | Comments (0)

独逸汽車見旅行(番外編) 三軸客車の軸受のばね座のカタチ

ドレスデン交通博物館に三軸客車が展示されていました。
Img_1304
狭いところに押し込まれているので全体像は撮れませんでした。
両端の軸受のバネ座はノーマルな形なのですが、
Img_1309
中央軸のバネ座は奇妙な格好をしています。
カーブで軸受が横方向に偏倚するとバネが回転するようになっているか?
機構がよくわかりません。
Img_1310
Img_1307
他の車両でも確認しましたが、3軸客貨車の中央車輪にはブレーキはついていないようです。

| | Comments (3)

«マン島のタンク機関車