最近の話題 スレッドへのリンク

また同時進行の話が増えてきて、スマホで見にくくなってきたので、スレッドへのリンクをつくりました。

120を作る 京阪神開業時の明治の列車

8450を作る 山陽鉄道の複式機関車

DCC DSair2関連の話題

ミニダックスをつくる

猫屋線の列車を作る

ブログ主に連絡とりたいときは、このメッセージにコメントとして書き込んでください。
管理者で確認後 コメントとして公開せず消去します。
原則メールでご返事しますので、かならずメールアドレスをご記入ください。

 

P1000114

ピーコック製の2-4-0 3フィートゲージ マン島にて

| | Comments (0)

120をつくる(29)動輪軸ばね

やはり動輪の軸ばね(軸箱の下についています)を省略するとシルエットの間が抜けるので、取り付けることにしました。珊瑚の5500用のドロップパーツから加工しました。軸ばねをつけると、ブレーキロッドと当たるので、ブレーキ周りを作り直しました。


20191117-22-53-42

| | Comments (0)

中村精密Cタンクフレームの加工

一時ネトオクに大量出品された中村精密の自由形C2タンクの下回りをコンさんが加工されたので、頒けていただきました。

20191111-23-37-38

 

コンさんは横フライスでざくっりと加工されたようですが、手工具ではなかなか大変です。
後がオリジナルの17.5mm動輪つきで、手前がコンさんの加工品に天賞堂の14mm動輪をはめたものです。
コンさんが意図された米国型モーガルの下回りだけでなく、7000番台の英国型サイドタンクつき機関車 7450形の下回りあたりになりそうです。
今回のKKCモーガル競作はすでに8450形でエントリーしていますので、また後日の製作ネタにしようと思います。

| | Comments (0)

8450をつくる(5)組立図 ヴォークレインシリンダー

先日H御大のお宅で、畏友のUさんにお会いしたときにたずねたら、やはり8450形の実物組立図をお持ちでした。ということで、そのデータをいただきましたが、これまで、見てきた図面と大差なくてほっとしました。

20191114-1-03-49

またその組立図をみていると、ヴォークレン複式のシリンダーブロックは、普通のピストンバルブの機関車と違って、低圧と高圧のシリンダーが少しシリンダーサドルより飛び出しているのがわかりました。この写真をみて、それを疑っていたのですが確信が持てました。

20191112

Classic American Locomotives: The 1909 Classic On Steam Locomotive Technologyp332より引用 ISBN 1-59008-054-4

 

| | Comments (0)

120をつくる(28)ブレーキシュー

ブレーキシューは、珊瑚A7用ロストパーツから加工しました。
ブレーキテコやロッドはかなり簡略化しています。

20191109-17-37-20_2019110922140120191109-18-00-32

ブレーキロッドも加悦の保存機は鉄棒ですが、オリジナルは鉄の帯板かもしれません。

P1030414


20191109-19-17-55

後部は押さえ板に付けた灰箱パーツ、前部は取付アダプターにネジ止めしました。
20191109-19-18-46

キャブ下のブレーキテコ類は後日工作します。
ドレインコックや排障器も残っています。
年内完成を目指したいと思います。

 

| | Comments (0)

Perus Pirapora鉄道(EFPP) 一号機をつくる(17)ベル

ネトオクでNゲージ用のベルのロストパーツを落しました

20191107-21-10-17_20191108010401

左がTHさん特製のロストパーツ、左が今回のロストパーツです。

20191107-21-11-02

左のパーツだとちょっとベルが大きすぎます

20191107-21-11-33

今回入手したパーツに交換してみました。
実物写真と比較すると少し小さめですが感じはよくなりました。
このパーツHOナローの小型車両には使えそうです。

また発電機はイモンの1/87国鉄型のロストパーツをとりあえずつけているのですが、この機関車のプロトタイプとは違うので形態が気に入りません。国鉄型はTurboタイプとかいうもののようで、この機関車のはPyleタイプとかいう古典的なタイプのようです。自作するか適当なパーツを探そうと思います。

| | Comments (2)

«8450をつくる(4)テンダー床板