TMS899号に8760の記事が掲載されました

TMS12月(899)号に8760の記事が掲載されました。
20161120_215626
今回は大きな写真を何枚ものせていただきましたので、アラが目立ってしまいお恥ずかしいかぎりです。
具体的にいうと、この機関車では合併テコにピストンロッドをつけていないので、すこし合併テコとラジアスロッド、バルブ後蓋の位置がずれてしまいました。あとドレインコックの端が曲がっています。ボイラー上のハシゴの横棒の平行が出ていないなどいくつもあります。あと撮影してもらうときには、シリンダー尻棒もつけておいた方が良かったかもしれません。前回の6500の時もTMS記事の写真見てシリンダーの空気弁つけるの忘れていたのに気づいた失敗が今回も生かされていないと反省しております。
記事中でいろいろな角度からの写真を載せていただきましたが、作者が自分でいうのも何ですがp46下の写真の角度が一番格好良く見えるように思います。
なおこの記事内容について、ご意見・質問などあれば、この11/21のブログへのコメントでお願いします。

なお製作の詳細は下記ご覧ください
http://kotenki.cocolog-nifty.com/loco/8760/index.html


| | Comments (5)

淡路鉄道一号機(8) サイドロッド

サイドロッドを削りました。
20161202_234316

前回ごまかしといったのは今回第2動輪のクランクピン穴はネジを切っておらず、
1.6mmの穴に1.2mmネジの先端を突っ込んであるだけということです。
第2動輪も他の動輪と一緒に回転しますが、駆動軸にはなっていません。
メインロッドは第2動輪にではなくサイドロッドにネジ止めされることになります。
20161202_234154

またクランクピンも今回は、下のような段付きネジではなく、
上のように動輪に埋め込んだパイプにネジを止めてロッド部分を
保持しています。
20161202


| | Comments (0)

淡路鉄道一号機(7) 動輪、走り装置

今回は輪心を先に塗装しておきました。ホワイトメタルの輪心にネジを立てるというのは、やはりブラスモデル世代には気持ちが悪くて、強くネジ込んでネジ孔をバカにしてしまいそうです。そこで第1、3動輪には外径1.5内径1.0のエコ−の精密パイプから切り出したスリーブを動輪のクランクピン穴を拡げて差し込んで、ロックタイト638で固定しました。動輪に固定後1.2mmのネジをタップで切りました。
サイドロッドは、t0.5洋白板から加工します。
20161127_175342_hdr

アルモデルのBタンクのキットと同じように、輪心を強力両面テープで車輪に固定しました。以前キットを組んだときは、強力両面テープは0.8mm厚のものしか入手出来ませんでしたが、今回はニトムズ超強力両面テープ 多用途薄手という0.4mm厚の強力両面テープが手に入ったので輪心の飛び出しが小さくできました。
20161127_221625_hdr
フライホイールがついているためが、かなりスローが効きます。
ところで今回は、第2動輪の駆動について少し工夫というか、ゴマかしがありますが、またそれは次回書きます。

| | Comments (0)

3300タイプ  トビー4030改造(9) 先台車改造

元の設計では、先台車は車輪の左右動のみで動かす設計になっていましたが、それではおもしろくないので、カーブに入ると先輪が前に繰り出す飛び出す先台車に改造することにしました。
20161123_151758
これがオリジナルです。

7850と6500ではリンクを使った機構にしましたが、今回はガイド穴をピンがスライドする機構にしました。
20161124_122640_2
20161124_122947_3
先台車はV字型の溝に沿って前後に動きます。

20161124_130139
20161124_125910

先台車の復元・圧着バネについては、走らせた様子をみてどういう機構にしようか決めようと思います。

ロッドの調整をしても引っかかりが取れないので、もう一度動輪をチェックしたら第2動輪の位相が少し狂っていたのっで修正したらスムーズにまわるようになりました。


| | Comments (0)

$100ロコ 2台買いました

まさかのトランプ大統領当選で少し円高になったので、
ときどき通販する米国の模型店で、セールをしていた蒸機を二両買いました。

20161123_175730
ラウンドハウス(アサーン)のモーガル 動輪径は約19mmです。
背後の図面は8550形です。金田さんの1/80の図面

20161123_180913
リバロッシの USATC S100 Class という入替用タンク機です。
この機関車は米軍が第二次世界大戦中に英国、欧州、北アフリカに投入したらしいです。
動輪径は約17mmです。背後の図面は2850形です。

どちらも売値はだいたい$100でした。さらにVeterans Day(復員軍人の日)セールで5%引きでした。
といっても送料(国際郵便小包)が$50ぐらいかかっています。

どちらもちょっとさわって、日本への輸入機化したいと思います。
モーガルの方は、煙突とドームの背を低くしてやればそれらしくなりそうです。
大陸製の米国型蒸機は、日本型ほどディテールはついていませんが、安いので気楽に買えて改造ネタにはもってこいだと思っています。

ところで模型を送ってくる国際郵便小包のトラッキング追跡で面白いことに気がつきました。

» Continue reading

| | Comments (0)

«3300タイプ  トビー4030改造(8) イコライザー追加工作