120をつくる(4) サイドタンク切り出し

今週はサイドタンク切り出しとフレーム後部取付板ぐらいしかすすみませんでした。

20180421_0_02_34

明日は保存機の現地調査に出かける予定です。

| | Comments (0)

120をつくる(3) 下回り組立

下回りを組んでみました。
20180412_22_46_07
シリンダー中心間隔は、最初22mmでやってみましたが、やはりクロスヘッドが先輪に当たるので、片側0.3mm偏心させて22.6mmとなりました。
イコライズは、先輪と第一動輪をイコライザーで結んで左右2点、第2動輪を中心で支えて一点の三点支持です。
台枠と再度ロッドはワイヤーカットとレーザーカットなのでもちろん一発でスムースに回りました。
ロッドピンは1.6mmφで、ロッド孔は1.6mmドリルで開けて1.7mmのストレートリーマーを通しています。
今回はパーツ多用したので、比較的早くカタチになりました。

主台枠は160用を利用しているのですこし形や寸法が違います。シリンダーは1mm、先輪は0.5mm後退させています。台枠後部は形が違うので上に一枚板を貼ってごまかす予定です。


| | Comments (0)

120をつくる(2) 使えるパーツ

使えそうなパーツと少し作ったパーツを並べてみました。
20180409_23_13_45
動輪はギアボックス自作して手持ちのもの使おうと思っていましたが、珊瑚模型に電話したらA8用動輪の在庫があったので、ギアボックスと一緒に送ってもらいました。
台枠とシリンダー、ロッドは、以前作った160形および1100形下回りガレキの残パーツです。
クロスヘッドとスライドバーは珊瑚160形用ロストパーツ、シリンダー前蓋はエコーのロストパーツを使います。

先輪は動輪の厚さが2.5mmだったので、同じ厚みの適当な先輪パーツがなく、エンドウのスポーク車輪(軸径2mmストレート)の車軸を抜いて、旋盤で2.4mmドリルロッドから段付き車軸を挽き出して交換しました。珊瑚の2.4mm軸用のオイルレスメタル軸箱をはめました。車軸はそのままでは錆びるのでメッキしておきました。

フレームのスペーサーは、10X10X10の真鍮引抜チャンネル材から加工しました。

20180409_23_32_18


| | Comments (0)

120をつくる(1)

なりゆきで、わんわんさんのJAM狂作に今年も参加することになりました。

今年は「阪神間を走った電車、列車」というのがお題ですので、以前Sさんから頒けていただいた組んで未塗装放置されている二軸古典客車を引っ張り出してきて。先頭には120形を据えて 阪神間開通初期の列車とすることにしました。こういう列車の写真は絵はがきなどでも残っているようです。

寸法は金田さんの形式図集の図面をベースにします。この機関車の組立図はないはずですが、今週末の某会で古典機のオーソリティーの方々にお会いするので、一応聞いてみようと思います。とはいってもシャープスチュアートの130、140の組立図は残っており、120と同じ図面で製作されたそうなので、それの図面をみればよいのかもしれません。(資料保存会の「英国製蒸気機関車図面集」に収録)
写真も原型のものはあまり残っていないようなので、やはり130、140あたりの写真も参考にしようと思います。
かなり原型とは違っていますが、部分的には加悦鉄道の保存機の写真も参考になるかもしれません。

以前珊瑚が160のキットを発売する前、古典大系シリーズで160形上まわりののエッチング板が発売されていました。その当時KKCで、ガレージキットとして下回り一式をレーザーカットで作って頒布しました。その残りがあったので、引っ張り出してきて使うことにしました。
120は、先輪とシリンダーの位置、フレーム後部の形状が160とは違うので、これは加工します。

動輪は、A8用 旧製品のストックがありましたので、これを使用することにしました。
モーターはミネベア?の10mm角の小型の方です。
動輪は旧製品の方なので、耐久性のないm0.2のギアがついているので交換します。
今回はアイドラーギア使わなくても、フレーム内にモーターが収まりそうです。

20180329_10_33_50

ドームは輸出品用のジャンクパーツでちょうどのものがありました。
煙突は、エコーの中型機用煙突がほぼピッタリですが、少し長さが足りないので、裾のみ使って本体は自作します。クロスヘッドも珊瑚の160用のストック品があったはずなので使おうと思います。

今年のJAMまであと4ヶ月半、完成できるでしょうか?


| | Comments (0)