120をつくる(11) メインロッド作り直し

車体幅を狭く設計したのと縁取り板に厚板を使ったので、ロッドピンの頭と床板の縁取り板が当たってしまいました。
この解決方法が思いつかず半年ほど手が止まっていました。
結局再度ロッドはそのままですが、t1.0mmの板から作っていたメインロッドをt0.5mmの板からもう一度作り直すという洒落にならない方法で、当たりを回避することにしました。
最初からt0.5mmぐらいの材料でロッド類をつくればよかったのかもしれません。
20190129_0_58_36
20190129_0_57_18
これでまた120の工作に戻れます。

追記(1/30)
中断していた120をもう一度取り出したのは・・・
じつはこの機関車は、昨年のJAMでの犬ゲージわんわんさんの「阪神間を走った列車」の競作企画に参加して「120の牽く阪神間の列車」として仕上げるつもりだったのです。とはいっても手が進まず、あえなく未完での展示となってしまいました。わんわんさんには、遅れても仕上げるようにいわれており、2月か3月頃までには完成させて、とれいん誌の担当者 西原さんのところに送るように指示されていました。
それを先週思い出して、もう一度手をつけたのですが、その途端 西原さんの訃報に接しました。これも何らかの因縁なのかもしれません。ご冥福をお祈りします。


| | Comments (0)

120をつくる(10) キャブまわり

前妻板をつけて、コールバンカーの縁取り帯をつけました。
前妻板の窓枠は、曲げた帯板を嵌め込んで削りました。
20180812_1_04_50
20180812_1_05_10
原型仕様でつくるので、キャブの側板はなく オープンキャブです。

| | Comments (0)

120をつくる(9) ボイラーと煙室

ボイラーは、t0.3真鍮板を丸めました。
煙室はその上にt0.4真鍮板を丸めたものとt0.2t洋白板を曲げたものを重ねてあります。
20180809_21_36_46
ボイラーができると蒸気機関車らしくなってきました。

| | Comments (0)

120をつくる(8) 煙突など

JAMまで2週間を切りましたが、120はなかなか進まず、わんわんさんのお題は塗装済完成としてはリタイヤがほぼ確実となってしまいました。

暑いし、先週は仕事用のパソコンが不調になって復旧に時間取られるわ、月初めの月例作業で時間取られるわで、ほとんど模型は進みませんでした。

今朝は昼前からずっと工作していましたが、120の原型はわからないところが多いのと、加悦の保存機も原型からかなり改造されているので、そのあたりの切り分けを考えているとなかなか手が進みません。
・・・と言い訳ばかりになってしまいました。

コールバンカーを作って、サイドタンクを箱状に組みました。
20180805_21_52_05_2

煙突は形態は、エコーの中型機用パイプ煙突2759がちょうどよいのですが、長さが2mmほど足りません。というわけでニコイチ改造で延長しました。実物は本体と煙室座の継ぎ手があるので、この部分に0.5mm厚の円板を挟み込んで継ぎ足しました。
20180805_20_30_16_220180805_21_50_55_2
切り離した短い方の本体は捨てますが、煙室座の方は他の機関車に使えそうです。

原型の煙室戸もよくわからないのですが、エコーの煙室前面(φ16用)2751から煙室戸を切り抜いてデッチあげました。おそらく実物とは、形態が違うと思います。
20180805_21_52_27_4

ボイラーは設計とケガキだけで終わってしまいました。


| | Comments (0)

120をつくる(7) 床板

少し放置していた120形ですが、JAMまでもう4週間を切ってしまいました。
少し急がねばならないようです。

床板を0.2t真鍮板、前後の端梁を2X5真鍮角棒からつくりました。
縁取り板は、前後の曲線部を継ぐと継ぎ目が目立ちやすいので、フライス加工で作りました。

20180722_16_24_02
切断機で切り出した1X4の帯板を半分に曲げて、捨て板の真鍮板にハンダ付けします。

20180722_16_46_19
これをフライスで削ります、両端の曲線部はボールエンドミルで仕上げます。
ユニマットのフライスだと少し非力ですが、頑張って加工しました。

20180722_17_53_13
削った後です。

20180722_18_00_24_6
バーナーで炙って捨て板から外します。

20180723_0_51_59
床板、前後梁とハンダ付けで組み上げました。

次はロッド類の床板や縁取り板との当たりをなくす作業です。


| | Comments (0)

120をつくる(6) サイドタンク

二度つくるから再度タンク

というわけでもないのですが、実機をみてしまうとと先日つくったサイドタンクの肩のカーブが気に入らず作り直しました。

20180429_23_45_44

縁取り?も省略しようかと思いましたが、やはり物足りないのでつけました。
t0.2 1.2mm幅の真鍮帯板をハンダ付けで貼って、サンドペーパーでt0.15ぐらいの厚さに削りました。
これでもかなりオーバースケールですが、模型としてみた場合はこのぐらい凹凸がないとのっぺりした模型になってしまうと思います。ただこのあたりはみなさんいろいろご意見あると思います。
その後ハンドレールノブ取付孔を開けました。

なお今回製作するのは、明治初期の輸入直後の原型ですので、リベットは沈み鋲仕様であったとおもわれるので、リベットは打ち出しません。またこのサイドタンク基本的な寸法は変わらないようですが、何度も改造されているようなので、原型とはかなり違っているようです。

| | Comments (0)

120をつくる(5) サイドタンクのディテール

図面と写真ではよくわからなかったのですが、実機を見てみるとサイドタンクのハンドレールがある部分の下には縁取り?補強?の帯板が貼られているようです。またサイドタンク側板と裏板も上面内側端でリベットアングルで固定されているようです。
Img_1068
この帯板ですが厚さが5mmがぐらいなので、1/80にすると0.1mm以下なのでどう表現すべきか迷っています。帯板を貼るとごつくなるので、エッチングで表現するのがよいのかもしれまんが 、自作するのにそれも面倒だと思います。いっそのこと この帯板の表現は省略した方がよいかと思っています。
「実物がよくわからなくてディテールを模型につけなかった」というのは嫌いですが、「実物にあるのはわかっているが、模型としてのバランス考えて省略した」というのは悪くはないと思っています。
サイドタンク上面の接合部もリベットの表現は省略しようかと思います。

最近は模型のリベットの数も実物通りにした製品も多くなりましたが、リベットの頭の大きさも完全にスケールダウンできるわけではないので、模型としてみるとかえってバランスがとれていないように見えることも少なくないです。

| | Comments (0)

120形保存機を見に加悦へ行く

本日はクラーケンさんの加悦ツアーに参加させていただき、加悦SL広場に120形保存機を実見に行ってきました。
まず加悦に行く前寄り道して福知山で、北丹鉄道2号機のレプリカを見学
一見レプリカとはわからない、ちゃんとしたものでした。
20180422_10_07_4120180422_9_28_35

その後加悦SL広場で、加悦鉄道2号機=120形を舐めるように見てきました。
P1030423
P1030365
細部写真もたくさん撮りましたが、またおいおいアップロードしていきます。
実際保存機みてみると、これまで思っていたのとサイドタンクやキャブのカーブ、縁取りなどが違っていました。
というわけでサイドタンクは作り直すことになりそうです。

他に日車やポーターのCタンクもいました。
P1030377
P1030340

天気が良かったので、みなさんで日向に座り込んで汽車談義
いい休日を過ごさせていただきました。
クラーケンさんありがとうございました。


| | Comments (0)

120をつくる(4) サイドタンク切り出し

今週はサイドタンク切り出しとフレーム後部取付板ぐらいしかすすみませんでした。

20180421_0_02_34

明日は保存機の現地調査に出かける予定です。

| | Comments (0)

120をつくる(3) 下回り組立

下回りを組んでみました。
20180412_22_46_07
シリンダー中心間隔は、最初22mmでやってみましたが、やはりクロスヘッドが先輪に当たるので、片側0.3mm偏心させて22.6mmとなりました。
イコライズは、先輪と第一動輪をイコライザーで結んで左右2点、第2動輪を中心で支えて一点の三点支持です。
台枠と再度ロッドはワイヤーカットとレーザーカットなのでもちろん一発でスムースに回りました。
ロッドピンは1.6mmφで、ロッド孔は1.6mmドリルで開けて1.7mmのストレートリーマーを通しています。
今回はパーツ多用したので、比較的早くカタチになりました。

主台枠は160用を利用しているのですこし形や寸法が違います。シリンダーは1mm、先輪は0.5mm後退させています。台枠後部は形が違うので上に一枚板を貼ってごまかす予定です。


| | Comments (0)

より以前の記事一覧