古典三軸タンク車(6)ステップ

085e9c78cce4461d83d656c671f003b6
古典三軸タンク車のステップをつけました。
上段のステップはイモ付けでは強度が保たないので、アングルから加工して取付部をフレーム裏にしっかりハンダ付けしました。アングルは大昔にマッハで買った3X3の薄肉引抜アングルです。取付腕は、0.7φ真鍮線をU型に曲げて万力で押しつぶして帯板状にしたものを作りました。下段は帯板を切断してハンダ付けしました。畏れ多くもツダコマさまで潰しました。
F5d713a4e9c040aca730662d88d66c1b


| | Comments (0)

古典三軸タンク車(5)手すり  中間軸フランジレス化

片方の鏡板に手すりをつけました。台枠に端梁を付けました。
20170604_17_53_20

フカひれイコライザーの動きが悪いので、支点の高さを変えて、位置も変更しました。
20170604_17_54_19

この後中間軸車輪のフランジを削りました。
旋盤でヤトイを作って、それに車軸から抜いた車輪を嵌めてフランジを削りました。
20170604_21_29_4020170604_21_31_47
ヤトイは下図のようなものを作りました。
10mm径の丸棒の中心に穴を開けて、そこに2mm径のドリルロッドを差し込みロックタイトで固定しました。
先端部にネジを切って、中心に穴の開いた円板をタイヤに当てて、ナットでこの円板を押さえてバイトで削りました。車輪のボスの部分は、ドリルでザグっておきました。
コレットチャックでくわえるようにすれば何度でも使えますが、今回は三爪チャックでくわえたので、ディスポの一回限り使用の治具です。
Y1010
フランジを削って真鍮地肌が出た部分はめっき工房を使ってニッケルメッキしておきました。
20170604_23_20_44


| | Comments (0)

古典三軸タンク車(4)

タンク車のドームをつくりました。
ドームは真鍮丸棒から旋盤で削り出し、ハンドルはアルモデルのパーツを使いました。
ハッチ部分は別パーツで,組み上げてからハンダ付けしました。
実物はドームにもリベットあるようですが、それは省略です。
20170521_23_05_58_1
タンク受けの部分は2X2アングルとエコーモデルのリベット付き帯板(客車ウンドシル用)でそれらしくデッチ上げました。
20170521_23_05_12


| | Comments (2)

古典三軸タンク車(3)

しばらく電気ネタが続きましたが、車両工作もやっています。

三軸タンク車の下回りにフカひれイコライザーを組み込みました。
中央軸は上下方向のバネ可動でイコライズはしません。まだ車輪のフランジは削っていません。
20170504_14_35_50

今回軸受は、ワールド工芸の単軸台車 一段リンクのキットを利用しました。左右の取付孔の間隔はキット説明書では13mmでしたが、少し緩いようなので12.5mmにしました。

タンク鏡板に手すりの穴を開けるには円定規にはめこんで、ケガキました。
ケガくときは、紙用の両面テープで仮固定しました。
20170430_14_56_31
20170430_16_48_05


| | Comments (0)

古典三軸タンク車(2)

ざっと組んでみました。まだ中央軸はつけていません
20170413_22_39_14

いろいろ考えた結果、タンク本体、軸受を取り付ける床板、台枠のスリーピース構造にしました。
20170413_22_39_59
20170413_22_42_50

中間軸は横動させると台枠幅を拡げる必要があるので、フランジレスにしてしまおうと思います。
両端の軸はフカひれイコライザーで支持し、中央軸はバネで支持する予定です。

| | Comments (2)

古典三軸タンク車(1)

先日某ブログで三軸貨車を作っておられる方がおられたので、コメントでフカひれ(イコライザー)化したらと煽ってしまいました。何もしないと単なる「あおり屋さん」になり下がってしまうので自分も作ってみることにしました。うまくいけばその方と某運転会でお会いできるはずだったので、それまでにおおまかなところ組み上げて見ていただこうと思っていました。結局私の方でやんごとのない事情ができてその会には行けなかったし工作もできなかったのでその話はボツになっていまいました。

一昔前 珊瑚模型から古典貨車のエッチング板が発売されていました。その中の三軸タンク車タラ100を組むことにししましたが、素組では面白くないので、もう少しタンク径の太いア27200に仕立てることにしました。RMライブラリーの「三軸貨車の誕生と終焉(戦前編)」にこの貨車の図面がでていたので、それをベースに設計しました。タンクの長さが同じだったのも好都合でした。といっても細部には違いがあるのでア27200タイプの自由形です。
20170409_12_16_04

エッチング板にはタンク両端の鏡板は含まれていないので、旋盤で削りだしました。これはタンク両端のスペーサータンク鏡板に分けました。なおムクの鏡板はハンダ付けすると熱容量が大きくて大変なので、最後に接着剤で貼るつもりです。

これらを削り出すのは、30mm径ぐらいの丸棒から削り出していては大変です。といってもドリルレースのように板材の中心にネジを切ってヤトイにネジ込んで削るのでは、真鍮材ではバイトの力に負けてネジがバカになってしまいます。というわけで快削材の板材中央に短く切った真鍮丸棒をハンダ付けして、それを旋盤のチャックでくわえて切削しました。
20170406_10_29_3320170406_10_31_28
まずバイトを軽く当てて大きめに円板の輪郭を出しておいて、切断機で余分なところを落としておいてから削りました。
20170406_10_32_45
鏡板は3mm厚の快削材のバーから削り出しました。
3mm厚はさすがに切断機では切れませんでしたが、サーキュラーソーを使えば、アルミ材より簡単に切れました。
軸受はワールド工芸の一段リンク単軸台車キットを使うことにしました。


| | Comments (1)

夕庵式室内灯をこころみる(1)

塗装前で中断している客車にも再度手をつけることにしました。

中断していた理由のひとつは室内灯だったのですが、夕庵式というプラ棒を導光材としたLED照明を採用しようかと思います。
これはタミヤの3mm透明プラ丸棒の端にLEDをつけて、これを室内の天井につけて室内を照らすという仕組みです。とりあえず夕庵さんのブログのとおりに試作してみました。

20160310221523656

もとはNゲージ用だったようですが、16番でも昔のランプや電灯の客車なら十分な明るさだと思います。最近の蛍光灯照明の電車だと少し暗いかもしれません。5mmのプラ棒使うとか、3mmなら二本にするとかで対応出来ると思います。

オリジナルと違うのは
LEDとプラ棒の接続部に、内径3mmのアルミパイプを切ったものを使ったのと
プラ棒の表面に細かい傷をつけるのにプラ棒同志を擦り合わせるのではなく、マッハのピッカフェルトで磨いて磨りガラス様にしたことです。
20160310221523718

それからLEDの明るさを調整するため流す電流を決めるときに使うために、定電流電源を三端子レギュレーターLM317Tを使って作りました。10-40mAの定電流で可変できます。今回は20mA前後でよいようです。
20160310221523777
回路図などは、[LM317 定電流電源]で検索するといろいろ出てきますのでそれを見てください。
私の回路はLM317のout端子とadjust端子間につなぐ抵抗は30Ωの固定抵抗と100Ωのボリュームを直列につないで、30-130Ω可変としています。なお発振防止のコンデンサーはつけていません。


| | Comments (0)

だるまさんが走った(4) 尾灯室内灯回路

台車の前後進センサーに配線しました。
20141020013935876
室内灯と尾灯の点灯ユニットです。
1Fの電気二重層コンデンサーを積んでいます。今回は簡易型?で、昇降圧型のDC−DCコンバーターは搭載していません。5V定電圧回路に電気二重層コンデンサーを並列につないでバックアップ電源としました。停車後2,3分は点灯可能です。慣れない電子回路工作で疲れました。
20141020013936135


| | Comments (0)

だるまさんが走った(2)

車体を組もうとしたのですが、何か物足りない感じがしました。

やはりワフには妻面にハンドブレーキカバーが必須だと思いました。
というわけで妻面にキットの残材をから1mm幅の帯材を切り出して改造しました。
実物ではハンドブレーキカバーの両サイドがガラス窓になっているのが多いようですが、右側は窓を開けてもキットの枠材にかかってしまうので、窓を開けずそのままにしました。
ハンドブレーキカバーは8mm径の真鍮丸棒から切り出しました。左下の標識灯はエコ−のロストパーツで、1mmドリルで貫通させてパイプを埋め込み光学繊維を突っ込んでLEDで点灯させることにしました。
今回はDCC運転での尾灯前後切り替えは、ファンクションデコーダーを積むのではなく
機械的に切り替える仕掛けを搭載するつもりです。詳細はまた後日書きます。
20140914124213808
なお通常の客貨車列車後部のテールライトの数ですが、1925-1947年は左下1灯のようです。1925までは左下と左右の上(軒下)に各一個の3灯、現在の見慣れた左右下2灯になったのは1947年からです。左右下2灯は米国式でGHQの指示だった?という話も誰かから聞きました。

| | Comments (1)

だるまさんが走った(1)

エムズコレクションから発売されている だるまさん(貨車倉庫)を走らせることにしました。
このキットまず骨組みを組んでその上に側板・妻板・屋根を貼り付ける構造となっています。
本来なら2.5mm厚MDFボード製の床板に骨組みを接着するのですが、フカひれイコライザーを組み込みたいので、このキットの床板は使用せず1mm厚アルミ板から切り出した床板に骨組みを接着しました。

20140912010746068
20140912010746088

以前組んだワフ(クラブで特注したモデルワークスのキット組立品)と並べてみました。

20140912010746042

下回りはエコ−のシュー式軸受けです。
軸受け部には真鍮製のメタルを入れています。
フカひれイコライザーのリンクはこれから作ります。
20140912010746149

側板もスプレー糊を噴霧して接着しました。
20140912010746119

週末に組み立てます。

なおフカひれイコライザーのスケルトンモデルは、備南鉄道に出張しています。そこでフカひれの布教活動にいそしんでいるようです。

| | Comments (2)