« 工藤式蒸気動車(2) | Main | 6500(5) »

6500(4)

バックマンの4-4-0をみて火がついたのでもありませんが、工作中断している6500を引っ張り出してきました。今日はとりあえずキャブの屋根板をつくりましたが、なかなかカーブが合わず数個オシャカを出してしまいました。ただこういうパーツ作るのは切断機があると楽なので、カーブがあったものができるまでじっくり工作しました。ところでキャブの屋根ですが、スケール通り作ったのでは機関車単体ではよくても、テンダーを継ぐと短く見えてしまいます。模型ではどうしても機炭間の距離が伸びてしまうので、こう感じるのでしょうか?屋根を後ろに1㎜延長してやると落ち着いた感じとなりました。
6500c

|

« 工藤式蒸気動車(2) | Main | 6500(5) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89239/14096837

Listed below are links to weblogs that reference 6500(4):

« 工藤式蒸気動車(2) | Main | 6500(5) »