« 6500(17) | Main | 続 バックマンの4-4-0 (1) »

ダックス祭に向けて(8)

サウンド付DCCデコーダーが入手出来たので、テンダーを組み上げました。また機関車本体も先輪なしのタイプとすることにしてデッキを短縮するとともに、デッキの位置を下げると格好がよくなりました。このまま何とか8月中に完成に持ち込んで、9月初めに塗装、10月の軽便祭のダックス祭りに持参といきたいものです。
Duchs6_2

|

« 6500(17) | Main | 続 バックマンの4-4-0 (1) »

Comments

こんにちは。先輪のないダックス、ライトな感じがしていいですね。

Posted by: ヤマ | August 27, 2008 at 01:29 AM

ヤマさん、おはようございます。
ダックスのようなセミフリーランスというか、プロトタイプのバリエーションが非常に多いモデルは、むしろデザインが難しいですね。図面だけでは感じがつかめず、試行錯誤で作り直して感じをみているので、時間がかかってしまいます。
昔のTMS297号引っ張り出してみると同じダックス・テンダーでも初代とⅡでは、かなり違う部分がありますね。

Posted by: ゆうえん・こうじ | August 27, 2008 at 09:38 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 6500(17) | Main | 続 バックマンの4-4-0 (1) »