« トップページの変更について | Main | 英国型ナロー? »

コーレルドロー TOMIX ED75下回り

最近パソコンで遊んでいるので、工場は休業状態です。

以前はマックのクラリスドローで図面書いていましたが、マックもintelベースの10.5以降はクラッシクモードもなくなってしまい使えなくなってしまいました。マックの悪いところは、ソフトの継続性がないところです。ウィンドウズではマイクロソフトもいろいろ悪口いわれていますが、継続性という点では立派で、昔マックのエクセル5.0で書いたマクロでも少しの手直しでエクセル2007でも動きますし、ジャストシステムの一太郎も昔のファイルでも読めるのは立派です。ソフトの継続性という点では、あまりマック、特に純正ソフトを使う気にはなれないです。
というわけでウィンドウズでCADも少し触ってみたのですが使いこなせず、廉価版のドローソフトでお茶を濁していましたが、使い勝手はかなり見劣りするものでした。
ところがデモ版を試用したところコーレルドローが使いやすいことが判ったので、今回購入しました。特に気に入ったのが自動トレース機能で、テクニカルイラストの設定で使うとスキャナでビットマップで取り込んだ金田さんや片野さんの図面が、ベクトルデータに変換できるのは非常に便利です。イラストレーター形式のファイルも出力できるので、エッチングの原稿も描けるのではないかと思っています。またご報告します。

ところで今日は久しぶりに模型店へ行って、TOMIXのED75を買ってきました。フライホイール装備で低速もよく効いて非常にいい走りをします。といってもED75として走らせるつもりは毛頭なく上回りは即廃棄で、ナロー用に動力ユニットがお目当てです。何を計画しているかというのはまた後日報告します。
9mmナローの下回りとしてもTOMIXのED75は「買い」だと思います。
Ed75d


|

« トップページの変更について | Main | 英国型ナロー? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« トップページの変更について | Main | 英国型ナロー? »