« DCCマニュアル2009が買えない | Main | 鉄橋モジュール(1) »

KKC古典モジュールに着手 まずは鉄橋から

私の所属しているクラブのKKCでもモジュールレイアウトを作って、今秋の古典祭で展示運転することになりました。規格としてはHNモジュールの上位互換で、本家HNモジュールと接続可能ですが、本家と違って小型車両ばかり運転するわけではないのと、エンドレスが基本なのでもう少し規格化された独自規格となっています。
私は60×30㎝のモジュール二台作ることになりました。今回は地面作りと水面工作の習作ということと列車の撮影用お立ち台ということで、平凡ですが低い築堤と鉄橋のモジュールを製作することにしました。
というわけで、ストックしてあった米国MicroEngenieerig社の、30Feetと50Feetの上路式ガーダー橋のキットを組んでみました。鉄橋用の枕木はキットに入っている米国仕様は枕木が密なので、日本型とは違います。キットの線路の枕木間隔を拡げるか、別途自作することになりそうです。また米国型だとせっかくの内部の横梁のディティールが見えないです。
なおこのキットは勿論米国型です。「鉄道構造物探検」(小野田滋著、JTB刊)によると日本の明治35年までのガーダー橋はボナール型といって英国流で少し形態が異なるようですが、それは気にしないことにしました。またキットには、ピン支承のホワイトメタルパーツが入っていますが、平面支承にしたほうが古典ぽくなるかなと思っています。
あと鉄橋の色ですが、やはり昔(明治大正時代)は鉛丹色だったのでしょうか?最近は緑色に塗られたものもおおいようですが、昔は赤茶が主流だった気がします。鉛丹色だとすると、得意のタミヤの缶スプレーダルレッド一拭きで塗装できるのですが・・・
Mebrigde
Mebrigde2


|

« DCCマニュアル2009が買えない | Main | 鉄橋モジュール(1) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« DCCマニュアル2009が買えない | Main | 鉄橋モジュール(1) »