« 9200(8) パイピング 安全弁 | Main | 9200(10) 給水管の曲げ »

9200(9) 美しき明治の機関車たち

パイピングなどのディテーリングをはじめていろいろわからないところがでてきたので、1995年のとれいん誌9月号に掲載された黒岩保美さんの"美しき明治の機関車たち"5-だいこん9200-を引っ張り出してきました。この記事を読むと、煙室戸やクリートの形がボールドウィン系とは違って、アルコ系であることは指摘されていますね。やはり手持ちの資料は最初に見ておくべきでした。

この黒岩さんの記事の9200のイラストは黒塗りですね。今回は黒に塗るのもよいか!と思ってしまいます。

なおこの1995年に連載された"美しき明治の機関車たち"(16回)シリーズとやはり1981年にとれいん誌に連載された"古典機関車形態談義"(8回)は、金田さんや臼井さんの著作とは違った面、主にデザインからの視点でかかれているので、古典蒸気模型ファンにとってはバイブルのひとつですね。

こういった有用な資料は、後で単行本になると良かったのですが・・・
9200t_2

|

« 9200(8) パイピング 安全弁 | Main | 9200(10) 給水管の曲げ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 9200(8) パイピング 安全弁 | Main | 9200(10) 給水管の曲げ »