« 9200(18) ブレーキまわり | Main | THE FAIRLIE LOCOMOTIVES »

9200(19) モーター支持

9200でペンディングになっていた モーターの支持方法ですが、
松本謙一さんがブログでモーター台に接着剤か強力両面テープで貼り付けるというアイデアを披露されていましたので、3Mの工業用テープで取り付け板に貼り付けて、それを主台枠にネジ止めすることにしました。
強力両面テープは中間に弾性のある素材が挟まれていますので、モーター後部を取り付け台にテープで付けておくと動輪の可動による上下にも十分対応可能なようです。

264


266

268

|

« 9200(18) ブレーキまわり | Main | THE FAIRLIE LOCOMOTIVES »

Comments

これはいいアイデアですね。
今組んでいる1850は、モーターが後ろ下がりになると調子が悪くなるので、台枠にスプリングでも入れて支持しようと思っていたところです。
簡単で絶縁の心配もいらず、粘着テープなので上方向への動きも制限できるのが都合がいいです。
厚いテープのクッション性を利用するのがポイントですね。

Posted by: 初瀬春日 | December 10, 2010 at 08:37 AM

とりあえず今回は、手持ちの強力両面テープ使ってみましたが、ネットで検索すると強力両面テープといってもいろいろ種類があるようなので他に好適品があるかもしれません。
それから今回はモーター支持板も0.4の真鍮版からつくりましたが、これも薄い燐青銅板などむしろ弾性のあるで作った方がいいかもしれません。まだ要テストです。

Posted by: ゆうえん・こうじ | December 10, 2010 at 12:56 PM

粘着テープは経年変化が気になるところです。
粘着力そのものよりも、弾性材料の弾性がなくならないかです。
もっとも、時々交換してやればいいのですが・・・
代わりにシリコンシーラントなどの弾性接着剤を使うのも良いかもしれません。

Posted by: ozu | December 10, 2010 at 01:34 PM

経年変化も気になるところですが、昔のゴムチューブジョイントと同じで交換するしかないですね。まあ5~10年保てばいいでしょうか?
ただ私の使った両面テープも一世代前の製品のようですし、最近はもっと耐久性のあるテープがが発売されているようです。
シリコンシーラントとか、シリコン系の接着剤を盛った上に接着するのもいいかもしれません。

Posted by: ゆうえん・こうじ | December 10, 2010 at 02:15 PM

私も、案外合理的なアイディアと思います。
両面テープも、事務用などは、セロファンテープレベルの耐久性のモノもありますので要注意です。しかし、近年のものは自動車のスパイラー取り付け(後部についている羽みたいなもの)も両面テープとのことです。近年と言っても、もう10年以上前のことです。3Mの工業用もそういった用途なのかもしれませんね。それなら、室内模型では、10年ぐらいは楽勝の様な気がします。

 私も、ニトムズの「強力固定用」のt1ぐらいのを、結構使っています。50gぐらいのウェイトを付けたことも有りますが、4年ぐらい経っていますが、まだ分解していません(笑い)凸凹面固定用とか、もっと柔らかそうなモノも有りますし、さらに強力と思われる「超強力接着シリーズ」なんてのも有ります。なお、うっかり貼り付けると、「強力固定」タイプでも外せなくなったことが有りますので、要注意です。幸い、カッターの刃が届く範囲だったので、地道に、切れ目を入れて外しました。接着面をアルコールで、拭いたりして、万全を喫すると、すぐに外したくなるモノです(大汗;)そんな訳で「超強力はまだ試していません」

次は、モーター取り付けにも利用しようかと目論んでいるところです。モーターの不要な振動を防止出来そうです。どうせ、電線も劣化するので、10~15年で樹脂部品は交換した方が良いかと思っています。

Posted by: 廣瀬 | December 10, 2010 at 10:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 9200(18) ブレーキまわり | Main | THE FAIRLIE LOCOMOTIVES »