« アルモデルの木造ボギー客車(7) 台車 | Main | 鉄道ファン 東野進コレクションについて »

アルモデルの木造ボギー客車(8) 合造車続々

合造車に台車を履かせてみました。次はデッキのてすりですが、これはKNさんとちょっと画策中です。
P1010360

|

« アルモデルの木造ボギー客車(7) 台車 | Main | 鉄道ファン 東野進コレクションについて »

Comments

昨日、「鉄道模型のある生活」さんのHNモジュールレイアウトの運転会に参加(見学)させていただきました。ちょっと「ゆうえんさん」の話にもなりました。
トレーラーは、「軽量」が何よりと、ペーパーで山のように作りました。フリーにしても次は、やはりペーパーでしょうね。
その前に、レイアウトに精進します。
1/1の下津井にも是非ご参加を。1/1の錆の山は半端じゃないですよ。

Posted by: 美男(備南鉄道) | February 21, 2011 at 10:51 PM

美男さん コメントありがとうございます。
トレーラーは軽量が一番、頭ではわかっていてもついつい手慣れた真鍮製に走ってしまいますね。木造客車などは、某社のペーパーキットに触手が動いています。
とはいっても金属製でもピボット台車の調整で走りが全然違ってきますよ。
これまで一番よく転がったのは、KATOのワム80000の二軸台車を改造して履かせた古典客車でしょうか?今回の台車も同じポリアセタール製なので調整でかなり走行抵抗減らせるのではないかと思っています。

Posted by: ゆうえん・こうじ | February 22, 2011 at 09:09 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« アルモデルの木造ボギー客車(7) 台車 | Main | 鉄道ファン 東野進コレクションについて »