« サカイのML210を使い始めました | Main | ミニ簡易ボール盤 »

アルモデルの木造ボギー客車(13) 二重屋根点灯準備

オリジナルのキットは室内灯点灯については全く考慮されていませんが、やはり室内灯を点灯したいと思いました。上屋根の部分下屋根を欠き取るのは大変ですし、強度的にも不安なので,下屋根に4カ所大きな穴を開けてその部分にチップLEDを配置して点灯させることにしました。
薄板にいきなり大穴をドリルで開けるのは難しいので、まず細いドリルから何段階か拡げて4mm径の穴を開けて、アルミシャーシー加工用の傘型リーマーで穴を6mm径まで拡げてからヤスリで仕上げました。このくらい穴なら下屋根の強度は問題ないようです。
ところでキットの原設計では、屋根板は車体にネジ止めですが、キットのとおりネジ止めするか、車体にハンダ付けするか悩んでいます。
P1010469
なお台車ボルスターは非絶縁仕様ですが、台車がプラ(ポリアセタール)製なので問題ないと思っています。集電ブラシで集電する予定です。

|

« サカイのML210を使い始めました | Main | ミニ簡易ボール盤 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« サカイのML210を使い始めました | Main | ミニ簡易ボール盤 »