« 6500(27) 番号板 | Main | 音源車をつくる (1) »

8760 (1) 着工 テンダー台枠

今度は大正時代の日本型蒸機のフリーランスを作ることにしました。
スタイルとしては、6760をテンホイラー(4-6-0)化したロコで、25年以上前から罪庫している珊瑚15周年記念版の8620のキットを利用する計画です。以前竹田英毅さんの13mmの6760を拝見してそのスタイルの良さに惚れ込んだのですが、これをそのまま2Cにしたらおもしろいだろうなと思いました。

図面というかイメージは、パソコン上で片野正己さんの「一号機関車からC63まで」からスキャナで取り込んだ画像を切り貼りしてでっち上げました(ネット上で公開すると著作権侵害になると思うので非公開とします)形式は一応8760としておきます。

トビーの6760を中古で入手して改造することも考えたのですが、この製品は空制時代のスタイルなのとランボードが一段の一枚板なので、どうせ上回りも一旦バラキットに近い状態にしなければならないので見送りました。

とりあえず最初はテンダー台枠からはじめました。パーツ自体はネタキットオリジナルのドロップ製パーツ利用ですが、厚さが1.8mmぐらいあり不細工なのとテンダー車輪にもイコライザーを組み込む予定なので、フライスを使って厚さを0.8mm前後まで薄くしました。フライスといっても、ユニマットIIIのバーチカルユニット利用なので、チョロチョロ削って最後はヤスリの上に載せて削って仕上げました。
これだけ薄くすると感じが良くなります。
最近は三軸テンダー台車は ロストの軸箱+バネをプレスかエッチング抜きの板材から作った台枠に付ける構成の製品が多いですが、昔ながらのドロップのほうが味があって私は好きです。ただ一回あたりの製造ロットが少なくなって、ドロップの型を作る職人さんも少なくなったそうなので今後はドロップ製台車はなくなっていくのだろうと思います。

8760tender1

手前が加工後、後ろが未加工です。

|

« 6500(27) 番号板 | Main | 音源車をつくる (1) »

Comments

おお!面白そうですね。ポイントは先台車の復元かしら?ところで、エアー化しますか??

Posted by: コン | June 03, 2011 at 11:23 AM

コンさん コメントありがとうございます。

デザインの蘊蓄は追々書いていきますが、

模型のメカとしては、dda40xさん提唱の、コロ式復元装置付二軸先台車とバネ併用イコライジング(機関車本体のみ)を採用する予定です。
あとはDCCサウンドですね。

もちろん空制化はせずに真空制動です。

Posted by: ゆうえん・こうじ | June 03, 2011 at 01:59 PM

3軸台車の処理をどのようにされるか、興味深く見守っています。
 バネ(ゴム)付きイコライズになさいませんか。静かですよ。

Posted by: dda40x | June 04, 2011 at 11:38 PM

dda40xさん コメントありがとうございます。

16番の中小型機のテンダーは軽いので、バネ付きのイコライジングまでは考えていません。もちろん機関車本体はバネ入れるつもりです。

Posted by: ゆうえん・こうじ | June 04, 2011 at 11:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 6500(27) 番号板 | Main | 音源車をつくる (1) »