« フライッシュマンの二軸タンク車 | Main | 貨車の製作 続編 »

最近の掘り出し物

少し前にネットオークションで、On2のフォーニーを落札しました。
といっても、煙室扉や従台車、メインロッド、動力装置なし、一部歪みありのジャンクです。
どこか物置にでも転がっていたのか、真っ黒に酸化しています。

出品者もあまり米国ナローにはあまり詳しくない方だったようで、「メイソンボギー」ということで出品されていましたが、写真からサンデーリバーの6号機だろうと推測して落札したらそのとおりでした。

今日ジャンク箱整理していたら、数年前に買ったOナローのロストの煙室戸を発見し、装着してみたらちょうどピッタリでした。メインロッドは珊瑚のOn木曽森が使えるかと思ったのですが、少し長さが足りないようです。

もうしばらく当工場の資材庫で午睡を続けることになりそうですが、できればOn30に改軌してみようかと思っています。
20130825224138751


|

« フライッシュマンの二軸タンク車 | Main | 貨車の製作 続編 »

Comments

Custom Brass/Go Modelsの製品ですね。
On30化ですか?たのしみにしています。

ウチにもジャンクの動輪数組とフレームがありますが、形になるのは何時のことやら...。

Posted by: railtruck | August 31, 2013 at 08:52 AM

私のところのOナローのサンデーリバーものはすべてOn30なので、これ一両だけOn2でも孤立してしまいますcrying
やはり16.5mmのレールの上走れるようにします。

またフォーニーの現物もポートランドで見ましたが、あれが610mm軌間の細い線路の上を走るのは少し違和感があります。
ウェールズのナローに比べると二倍ぐらいデカい躯体ですからねwobbly

Posted by: ゆうえん・こうじ | September 03, 2013 at 06:04 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« フライッシュマンの二軸タンク車 | Main | 貨車の製作 続編 »