« 最近の買い物より(1) 4-6-0 | Main | 貨車の製作 続編の続き »

最近の買い物より(2) バックマンのCサイドタンク

今年8月にバックマンからポータータイプのサイドタンクが発売されました。
20130915235227317
サイドタンクとサドルタンクを並べてみました。
バックマンのサドルタンクは以前から発売されていましたが日本には存在しないようなスタイルでした。それでも海龍から室蘭タイプとか称して安全マークのレタリングを入れて日本国内でも発売されていました。私はこのモデルには以前トーマモデルワークスから発売されていたOn30の王子テンダー機の動力装置として出会ってその動きや集電のスムースさに驚きました。その後この下回りのみをつかってOn30の仙北ポータータイプCタンクを自作しました。
今回の製品は下回りはサドルタンクとは共通で、上回りを型をおこして新製したようです。
動輪径は約13mmで動輪の軸距離は約19+15mm シリンダー中心間隔は約28mmです。動輪配置は、だいたい1300形あたりのCタンクと同じですが、上回りがやや大振りです。
20130915235227500
機関車の上のイラストは、九州鉄道の1320形で、片野正己さんの「一号機関車からC63まで」(NEKO刊)のスケールイラストを125%拡大して引用させていただいたものです。
今回のものは塗り替えや上回りの小改造だけで日本の炭鉱や専用線のロコとしても使えそうです。

またOn30のナロー蒸気の下回りとしても有用だと思います。今回のサイドタンクはメインロッドが第二動輪にかかっているので使いやすいと思います。

このモデル定価は$130ですが、米国では35%オフぐらいで売られていますので、今回は直接米国の模型店から送ってもらいました。とはいっても送料(米国版国際ゆうパック?)が五千円くらいかかっています。また最初からDCCデコーダーが入っています。ただサウンドはついていないので、走らせると最近のVVVFの電車のような音がします。デコーダーがモーターをパルス制御しているので低速は効くのですが、少し興ざめです。デジタル音源車などを考えたいと思います。

|

« 最近の買い物より(1) 4-6-0 | Main | 貨車の製作 続編の続き »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 最近の買い物より(1) 4-6-0 | Main | 貨車の製作 続編の続き »