« 貨車の製作 続編の続き | Main | 8760(51) 進行状況 »

ユニトラックE-Zトラック接続線路

バックマンから発売されている薄型電動ターンテーブルを購入したことは以前ブログに書きました。ただしこのターンテーブルは接続線路が同社のE-Zトラックです。そこでE-Zトラックとユニトラックの接続線路を作りました。
Img_0843
どちらも普通の直線線路を切断して継ぎました。ただ使用されているレールがE-Zトラックはコード100、ユニトラックはコード83でそのままでは継げません。ここはフライッシュマンから発売されていたコード100-83接続用のジョイナーで継ぎました。2本のレール間に置いたのがそのジョイナーです。
ただユニトラックのレールは底面が細くてジョイナーがガサガサなので、ハンダ付けしました。E-Zトラックの方は差し込んだだけです。
Img_0847
両者の道床の断面を接着しただけでは強度的に不安なので、1mm厚のアルミ板で裏打ちして補強しました。なお道床の裏面は1.5mmの段差があるので、1mm厚と0.5mm厚のアルミ板でスペーサーを作っています。アルミ板同士はセメダインのメタルロック、アルミ板と道床はコニシの多用途SUで接着しました。
Img_0845

|

« 貨車の製作 続編の続き | Main | 8760(51) 進行状況 »

Comments

裏側の段差処理はわかりましたが、E-Zコード100レールとユニトラコード83レールの上面を揃えると、両方の道床の底面も揃うのでしょうか?
E-Zも使ってみたいと思っているのですが、コード100レールだと電圧降下などは少ないと期待しているのです。

Posted by: ヤマ | September 24, 2013 10:03 PM

ヤマさんコメントありがとうございます。
レールの上面を揃えると、道床の底面に1mmの段差ができます。
これの対策も現在検討中です。
このままではユニトラックが撓むので少し急な勾配となります。
まあ機関車単機なので問題はないかもしれません。

E-Zはやはり米国製品(製造は中国)なので丈夫ですが大作りです。
確かにレールが太いので電圧降下は少なそうですね。

それから100-83接続用ジョイナーは、米国のアトラスなどからも発売されているようです。

Posted by: ゆうえん・こうじ | September 25, 2013 01:16 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 貨車の製作 続編の続き | Main | 8760(51) 進行状況 »