« レイアウトの構想(9)  借景 | Main | 英国から荷物が届きました »

レイアウトの構想(10)  レイアウトの高さ 補追

レイアウトの高さですが、150-160cmで検討中です。
私は大柄な方なので、目の高さが165-170cmぐらいとなります。

ところで過去のTMSなどを探してみると、発表された16番レイアウトでは
三軒家鉄道(TMS392号,レイアウトBOOK1に再録)が部屋周回式で140cmで一番高いようです。
また中尾豊さんの「蒸気機関車のいる周辺」のレイアウトセクション(TMS250,251号、レイアウトテクニックに再録)が、固定式ではありませんが、飾り棚の目の高さにおかれていたと記事にあります。中尾さんはそんな大柄な方ではないのでやはり150cmぐらいの高さに設置されていたのではないかと推測します。
ところでこのレイアウトセクション 以前大阪・梅田のマッハ模型に展示されていたことがありますが、現在はどうなっているのでしょうか?


|

« レイアウトの構想(9)  借景 | Main | 英国から荷物が届きました »

Comments

中尾さんの作品の行方気になります。
まるしんで開催された最初で最後の作品展展いけなかったのが残念でした。
中尾氏の作風今でも目標です。
今もあるのならば見に行きたいと思っています。

Posted by: 三和線社主 | July 13, 2015 at 06:07 AM

5月にマッハ模型に行ったら、まだ置いてありましたよ。

Posted by: Mogul | July 13, 2015 at 10:39 AM

Mogulさん、情報ありがとうございました

ところで中尾さんのセクション 目の高さにおかれていたそうなので、車両などを上からではなく、横からみることを中心に考えらえていたのだと思います。それでもレールは#100を使われていますね。

模型では車輪のフランジも実物に比べると高いし、16番ではレールの高さにあまりこだわらなくてもいいのかもしれません。レール側面塗装すれば、あまり高さは気にならないみたいです。上から見てもレールが太いとむしろ線路のガニ股感は軽減されるようです。

レイアウト作った方のお話し聞いても、#70や#83に比べて#100の方がレール自体の剛性があるので、施工・敷設が楽だといわれる方が多いようです。
やはり私も#100採用しようかと思います。

Posted by: ゆうえん・こうじ | July 13, 2015 at 12:06 PM

数年前の写真ですが、弊ブログにマッハ模型での展示風景を紹介してます。大きなレイアウトの一隅に配置されているので、うっかりすると見逃します。おそらく、今も同じ状況だと思うのですが・・・
http://hirose13mm.cocolog-nifty.com/bbs001/2010/12/post-4049.html
写真は、ガラス戸を開けている時に許可を得て撮影したものです。
レールの太さは・・・16番の場合は#100が良いと思います。「#70では1/65の線路を1/80の車輌が走っているように見えます」という記述をTMSで見たように思います。JMでも組立式は#100にしたいぐらいです。剛性がほしいからです。でも、フレキは#70しか無いので、面倒なので#70でガマンしている次第です。

Posted by: 廣瀬 | July 13, 2015 at 07:55 PM

中尾氏のレイアウトは、1月末にマッハに寄ったときに見た覚えがあります。実は、数年前にガラス越しに何枚か写真を撮らせてもらいました。
「鉄管」については今見ても、「すごい」と思います。
映画「アンストッパブル」を見たときに、#70レールの16.5mmをへろへろにしたように見えてしまいました。レールが大きいほど線路幅は狭く見え、逆に細いほど広く見えると思います。

Posted by: 美男(備南鉄道) | July 13, 2015 at 08:52 PM

マッハ模型のレイアウトについて。
レール磨きの方法について、教えて頂いた事があります。
大きな綿棒で掃除をしているとの事で、”此れですわぁ”と
見せてくれました。
レールの番手について。
拙鉄は鉄道線、軌道線、回る線、ポータブル線、機関区
とも全部篠原の#100です。
ヨーロッパ系のフランジの高い車両も入線する拙鉄では
一番汎用性の高い#100を採用しています。
それでも、時々トラブル(脱線)が起きています。

Posted by: 倉敷のU | July 13, 2015 at 09:03 PM

皆さんコメントありがとうございます。

私のレイアウトもヨーロッパ系のフランジが高い車両も走らせせたいので、やはり#100の採用に傾いています。
ただ#100だと篠原からはDCC対応ポイントが発売されていないので、線路はPECOかと思います。
昨日到着したポイントの説明書を読んだら、1.6mmまでのフランジは通過可能と書いてありました。
友人のENさんは、レイアウトの篠原の#100を全てDCC仕様に改造したがかなり大変だといわれてました。

JM(13mmゲージ)でも組み立て式なら剛性のある#100使いたいという声ははじめて聞きました。

動く模型は、特にスケールが小さくなるほど、そのまま縮小してもうまくいかないと思います。
1/80 16.5mmでは#100使った方が#70より狭軌感が出るというのも人間の感覚とは面白いものだと思います。

Posted by: ゆうえん・こうじ | July 14, 2015 at 09:19 AM

JM(13mmゲージ)の組み立て式で#100のフレキが有れば良いね~ などと思っているのは私だけかと思いました。でも、関東の某JMクラブの方も、それ欲しいですよね、と言ってました。ぶつけると、簡単に曲がってしまいますので、難儀です。
細いレールだと広軌感の強まる16番のうち日本型(私は「J」と呼んでします・・・笑)は、#82や#100をぜひお勧めしたいです。剛性も高いので、一石二鳥ですから!

Posted by: 廣瀬 | July 14, 2015 at 08:16 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« レイアウトの構想(9)  借景 | Main | 英国から荷物が届きました »