« アルモデルBタンク(5)  少しディテールアップ | Main | アルモデルBタンク(6)  あまり進まず »

5900(16) キャブ テンダー第一軸(一軸台車)

久しぶりに5900を触りました。

屋根は取り外し式にしましたが、キャブディティールを作り込んだわけでもなく そ
んなに頻繁に取り外すことはないので、確実なネジ止めとしました。
20150726195304467

2015072619530366920150726195303946

テンダーの第一軸(一軸台車)は、6500では車軸中心をバネ棒で押しましたが、今回は車輪と軸箱の間に隙間があったので下の写真のような構造としました。
20150726195304113

2015072619530425020150726195304365
車輪外側に薄板の軸箱?(車軸支持板)を嵌めて、ハンダ付けした0.4mm燐青銅線のバネで支えています。

|

« アルモデルBタンク(5)  少しディテールアップ | Main | アルモデルBタンク(6)  あまり進まず »

Comments

ウチの組みかけの5900もなんとかしなくては・・と思いつつ、あの目が細かすぎる(モジュール0.2?)を思うとどうも力が入らない・・・(遠い目)

Posted by: ム | July 27, 2015 at 06:37 AM

当然キットオリジナルの細かくて耐久性のないモジュール0.2のギアは打ち替えです。珊瑚製A8用の28:1を入れるつもりで用意しています。
DCC化すればモーターはPWM(パルス)制御なので、低速域でもよくまわるので、高ギア比は不要だと思います。
モジュール0.2でも精度が高くてガタのないギアボックスを用意すれば大丈夫なのでしょうが、このキットに入っている程度のギアボックスでは問題があるようです。

Posted by: ゆうえん・こうじ | July 27, 2015 at 10:28 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« アルモデルBタンク(5)  少しディテールアップ | Main | アルモデルBタンク(6)  あまり進まず »