« レイアウトの構想(8)  続レイアウトルーム兼工作室の仕様 | Main | レイアウトの構想(10)  レイアウトの高さ 補追 »

レイアウトの構想(9)  借景

部屋の窓の部分は、最初は棚の上は背景板で目隠しするつもりでしたが、ちょうど部屋の窓から近くの山がみえるので、そのまま借景にしよう思います。これは家内のアイデアです。やはり鉄道模型の素人の考えることはおもしろいです。一応取り外し出来る背景板も作ろうとは思います。 
20150704081152164
これはイメージ写真です。

|

« レイアウトの構想(8)  続レイアウトルーム兼工作室の仕様 | Main | レイアウトの構想(10)  レイアウトの高さ 補追 »

Comments

発想が自然で面白いですね。

レイアウトは、ジオラマなどと違って、外に持ち出せない

がこれなら自然の風景を借景として取り込めますね。

レイアウトの作りこみもそのものを作るのではなくそこから

想像が広がるような作り、シンプルなものの方がいいのか

もしれませんね。

Posted by: 三和線社主 | July 05, 2015 at 11:52 PM

今回はレイアウトの高さを160cmとするので、ほぼ真横から眺めることになるのでこの手が使えます。
従来の俯瞰型だとこの手は使いにくいと思います。
俯瞰する角度から見ると山ではなく下の町並みが見えてしまいます。

三和線社主さんのいわれるように、昔の組み立て式レイアウトでも、お座敷運転でも、車両と線路のまわりには何もなくても、頭の中では鉄道情景が見えていたと思います。
同じ情景付き鉄道模型でも、精密ジオラマとレイアウトは違うのだと思います。

Posted by: ゆうえん・こうじ | July 06, 2015 at 12:40 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« レイアウトの構想(8)  続レイアウトルーム兼工作室の仕様 | Main | レイアウトの構想(10)  レイアウトの高さ 補追 »