« 工作室整理はじめました(2) | Main | 写真の整理 »

レイアウトの構想(11)  鉄道模型の部屋進行状況

新居の工作室兼レイアウトルームの工事が進んでいます。
天井はクロス貼り、床はクッションフロア仕上げですが、壁はシナベニアを貼った半完成仕様での納入となります。床はボール盤なども設置するので、既製の床の上に合板を2重に敷いて強度の高いシートを貼ってもらうことになりました。
窓には換気扇利用の塗装ブースを設置します。
201508231420543500
201508231420543830
壁面のカウンター状の窓は、この前に駅を設置して駅本屋などが裏の正面玄関側からも眺められるようにしようというアイデアです。
201508231420544530


|

« 工作室整理はじめました(2) | Main | 写真の整理 »

Comments

確かに。いつもの視線の反対側に回って眺めるのって、得も言われぬ「快感」がありますね。
我が社の場合は「ピット」に入ることになるのですが、その度に「モス」のおまけが付いてきます。

Posted by: 美男(備南鉄道) | August 23, 2015 at 09:19 PM

美男さん コメントありがとうございます

部屋周回式だとどうしても駅舎を一方向からしか眺められないので、今回はマンションリフォームで壁が自由になるので、窓を開けてみました。

備南鉄道の矢掛駅のように駅舎をローレリーフにするというのもいいアイデアだと思いますが、これで駅舎や駅構内を両面から眺めることができます。

Posted by: ゆうえん・こうじ | August 24, 2015 at 12:04 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 工作室整理はじめました(2) | Main | 写真の整理 »