« 淡路鉄道一号機(27) 上回り組立 | Main | Bluetooth小型オージオレシーバー »

古典三軸タンク車(5)手すり  中間軸フランジレス化

片方の鏡板に手すりをつけました。台枠に端梁を付けました。
20170604_17_53_20

フカひれイコライザーの動きが悪いので、支点の高さを変えて、位置も変更しました。
20170604_17_54_19

この後中間軸車輪のフランジを削りました。
旋盤でヤトイを作って、それに車軸から抜いた車輪を嵌めてフランジを削りました。
20170604_21_29_4020170604_21_31_47
ヤトイは下図のようなものを作りました。
10mm径の丸棒の中心に穴を開けて、そこに2mm径のドリルロッドを差し込みロックタイトで固定しました。
先端部にネジを切って、中心に穴の開いた円板をタイヤに当てて、ナットでこの円板を押さえてバイトで削りました。車輪のボスの部分は、ドリルでザグっておきました。
コレットチャックでくわえるようにすれば何度でも使えますが、今回は三爪チャックでくわえたので、ディスポの一回限り使用の治具です。
Y1010
フランジを削って真鍮地肌が出た部分はめっき工房を使ってニッケルメッキしておきました。
20170604_23_20_44


|

« 淡路鉄道一号機(27) 上回り組立 | Main | Bluetooth小型オージオレシーバー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 淡路鉄道一号機(27) 上回り組立 | Main | Bluetooth小型オージオレシーバー »