« 軽井沢にいってきました | Main | ピッツバーグの機関車 »

DSシールド

Aruduinoを使ってオープンソースでDCC機器をつくられているDesktop Stationさんから、新しいDSシールドが頒布開始になりました。従来からもDCC/MM shieldというシールドがありましたが、従来のシールドはマイコンが搭載されていまましたが、今回のシールドはマイコンなしの機能付加されたモーターシールドで、マイコンなしで、Aruduino本体のマイコンのみで動いています。
20171216_22_23_14
単体で自動運転のプログラミングするならDCC/MM shieldの方が簡単ですが、単にパソコンからDCC動かすだけなら今回のDSシールドで十分です。¥1800でキットも用意されていますが、今回は基板を¥500で頒けていただき、パーツは共立電子の通販で自己調達しました。1台分600円ぐらいでした(送料抜き)
ベースになるAruduino Unoは、正規品は¥3240しますが、中華製のパッチモンだと¥500ぐらいですから、やりくりすれば三千円以下でパソコン接続型のDCCコマンドステーションができます。上の写真はアマゾンで調達したパッチモンUnoにDSシールドを装着しています。正常に動作します。
DSシールドのページには、上級者向けと書いてありますが、プログラムイジらなければ、シールドの組立自体の難易度はふつうの電子キットとかわらないです。

オープンソースの利点を生かして、多様なデバイスを接続してプログラム改造して自分好みのコントローラーにカスタマイズも可能ですが、またその報告は後日

|

« 軽井沢にいってきました | Main | ピッツバーグの機関車 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 軽井沢にいってきました | Main | ピッツバーグの機関車 »