« 車載型方向検知&デジタル速度計(2) | Main | RHENEAS改造(4) 塗装しました »

フライス盤(続)

ユニマットのバーチカルユニットを、お払い箱になったエミニのボール盤のベースに立てて、使っていたのですが、やはりベースが小さいの不安定で使いづらいところがありました。
ヤフオクで、プロンクソンのフライスのモーター不良品つきがでていましたので、落札しました。
プロンクソンのフライスのコラムは45mm径の鉄パイプであり、ユニマットのバーチカルユニットのコラムは28mm径の鉄棒なのでそのままではつかえず、アダプターが必要となります。特注しようかと思っていたらネットで検索するとよいものがでてきました。本来は機械のシャフトにはめてつかうカラーらしいです。
画像はここをクリックしてみてください
これを2個カラムに止めて差し込むと上手くいきました。
20180124_0_20_57
テーブルがややオーバースペック気味ですが、ベースが広いので安定して使えそうです。

|

« 車載型方向検知&デジタル速度計(2) | Main | RHENEAS改造(4) 塗装しました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 車載型方向検知&デジタル速度計(2) | Main | RHENEAS改造(4) 塗装しました »