« 古典三軸タンク車(9) ブレーキまわり | Main | DSshield with FlashAir »

歯科技工用のリューターを入手しました

ある方にお世話いただいて、歯科技工用のモーターツール(リューター)の中古を入手できました。
20180212_21_27_59
やはりプロ用のツールは違いますね。軸にブレがないのと、トルクが強い感じです。
というわけで削るときはこれまで以上に軽く当てるようにしないとトラブりそうです。


|

« 古典三軸タンク車(9) ブレーキまわり | Main | DSshield with FlashAir »

Comments

歯科用のリューター?は空気扱い水圧で駆動しているのかと思っていましたが、電動モーターなのですね。今度歯科医に行った時に良く見せてもらおうと思います

Posted by: skt | February 18, 2018 at 09:01 AM

とうとう、入手なさいましたね。
これっ、本当に便利ですよ、一度使うと、これ無しでの工作はあり得ませんね。
当工場では30数年使用しており、今は二台目です。

Posted by: 広島工場広島 | February 18, 2018 at 09:45 AM

とうとう、入手なさいましたね!
本当にこれは便利ですよ。
私が現場で日々使用していた頃はリュウタ―とは言わず、エンジンと言っていましたね。 技工用エンジンです。
当工場の作業台には二台目が稼働中です。

Posted by: 広島工場 | February 18, 2018 at 09:52 AM

sktさん
今回入手したのは、歯科の診察台でつかうものではなく、歯科技工用のリューターです。ということでドレメルなどに比べると軽いですが、それでもずっしりしています。
診察台でヒトの歯を削るのはもっと軽くないと使いにくいと思います。
以前仕事でヒトの頭の骨削っていた時もありましたが、その時はエアタービンでもっと軽いリューターでした。

広島工場さん
とにかく軸の回転にブレがないのと、トルクが強くカッターを加工するものに当てた時に回転数が落ちないような手応えです。
やはり業界によって呼び名が違いますね。
手術室では、バーと呼んでいました。
鉄道模型では、TMS誌上はモーターツールでしたね。

Posted by: ゆうえん・こうじ | February 18, 2018 at 09:58 AM

おお、良かったですね!以前KKCで話題になっていて、その時に入手してシェイのロストの台枠を削りました。これでなければ出来ないと思ってました。よっぽどの事が無ければ喰うことはないです。それでは、例のお返しで、バーを1本お送りしましょう。

Posted by: コン | February 18, 2018 at 09:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 古典三軸タンク車(9) ブレーキまわり | Main | DSshield with FlashAir »