« Perus Pirapora鉄道(EFPP) 一号機をつくる(2) サドルタンク | Main | Perus Pirapora鉄道(EFPP) 一号機をつくる(4) 煙室 »

Perus Pirapora鉄道(EFPP) 一号機をつくる(3) キャブ

私の購入したサドルタンクのキットには、木製キャブのパーツが入っていましたが、以前方南町の店頭で 購入した鋼製キャブのパーツがあったので、それを使うことにしました。キャブの窓上の日除け板を撤去したのみです。サドルタンクにはキットオリジナルのランボードをつけました。
20190103_0_53_14
キャブのオリジナルの取付孔を利用しようとすると、ボイラーが細くなってしまい使えなくなりました。
キットは通常のボイラーの上にサドルタンクを載せる構造ですが、キットのボイラーは使わず、サドル内は空洞にしてウェイトを積むことにしました。
というわけで、ボイラーに見せかけたスペーサーを作って、新製したサドルタンク鏡板に貼りました。
20190103_11_08_49
20190103_11_06_41
キャブ側からネジ止めしました。

|

« Perus Pirapora鉄道(EFPP) 一号機をつくる(2) サドルタンク | Main | Perus Pirapora鉄道(EFPP) 一号機をつくる(4) 煙室 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Perus Pirapora鉄道(EFPP) 一号機をつくる(2) サドルタンク | Main | Perus Pirapora鉄道(EFPP) 一号機をつくる(4) 煙室 »