« Perus Pirapora鉄道(EFPP) 一号機をつくる(4) 煙室 | Main | 1000レストア(5)サンドドーム作用ロッド »

Perus Pirapora鉄道(EFPP) 一号機をつくる(5) ミスパーツ

下回りに取りかかろうとして、動輪をよくみたら、一軸だけ軸箱カラーの向きが反対に入っていました。
一番手前の車輪
20190105_1_01_20
珊瑚模型は春まで一時閉店中らしいし、この動輪だと一旦車輪を抜いて向きを入れ替えるというのも難しそうなので、どうしようか考え中です。
ダックスへのNゲージEF58動力装置の改造転用も以前検討したことがあるので、そちらも再検討してみようかと・・・

|

« Perus Pirapora鉄道(EFPP) 一号機をつくる(4) 煙室 | Main | 1000レストア(5)サンドドーム作用ロッド »

Comments

年始からの工作が進んでいますね。
軸箱の件は珊瑚製品なら許容範囲ってことになるでしょうか。交換もこれからは難しくなりそうですね。

Posted by: ヤマ | January 10, 2019 at 12:52 PM

鉄道模型のバラキットの場合、購入時にパーツが揃っているかまで きっちり自分検品されている方は少ないと思うので、数十年罪庫して 組もうと思ったらパーツが足りなかったり不良ということはおこりますね。
おっしゃるようにまあユルい珊瑚さんなら、許容範囲内とは思います(笑)。とはいってもこういうミスパーツは、従来のメーカーが廃業していくと対応してもらうのは厳しくなると思います。
今回はある方のご厚意で動輪手に入れることができましたので、また工作再開します。

Posted by: ゆうえん・こうじ | January 10, 2019 at 09:34 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Perus Pirapora鉄道(EFPP) 一号機をつくる(4) 煙室 | Main | 1000レストア(5)サンドドーム作用ロッド »