« 最近の工具注文事情など | Main | ダブルクリックで拡大ポップアップさせる方法 »

S88-Detectorを組む

フジガヤさんに、S88-Detector基板とセンサー基板を分けていただきましたので、秋月電子でパーツを調達して組み上げました。

20190330-1-34-05

20190330-1-34-30

指定のホール素子(磁気センサー)SK8552G を取り付けました。
Nゲージ用の基板のようだったので配線は少し工夫しました。
KATOの短いユニトラックにスリット上の穴をあけて差し込み、強力両面テープで固定しました。
これで自動往復運転のためのセンサーつき線路ができました。

20190330-1-35-20

動作チェックなどのための手動ボタンセンサーです。
線路センサー基板を改造しました。
CN2端子にはコネクタもつけておきました。

 

|

« 最近の工具注文事情など | Main | ダブルクリックで拡大ポップアップさせる方法 »

Comments

ご紹介ありがとうございます。

センサにタクトスイッチを付ける発想はありませんでした!
これならば、気軽にデバッグができますね。タクトスイッチ以外にも、レバースイッチのようなものもあれば、電流検出式のデバッグにも使えそうです。

目から鱗のアイデア、ありがとうございます!

Posted by: Yaasan | March 31, 2019 12:32 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 最近の工具注文事情など | Main | ダブルクリックで拡大ポップアップさせる方法 »