« Perus Pirapora鉄道(EFPP) 一号機をつくる(9)煙室サドル | Main | 120をつくる(23)汽笛などをデッチあげる »

猫屋線にマレー投入(2)

本来ならJAMに向けて120形を作らねばいけないところですが、少し構造がわからなくて納得いかないところがあり、こちらに逃げています。

最初は猫屋線蒸機の上回りシェルを利用して、マレー化する計画でした。しかしミニトリックのNゲージマレーの長さが少し長くておさまりが悪いため、ちょうどアルモデルから発売された猫屋線用蒸機改造キットの上回りと組み合わせることに作戦変更しました。

20190724-1-21-19

20190722-1-01-53

ミニトリックスマレーを分解して、ボイラーとサイドタンク・キャブを外した下回りの上に、改造パーツセットIのスケルトンを加工して載せました。その上にGの側板を取り付けました。

純正メタルパーツは使用せず、エコーモデルの小型蒸機用ロストパーツをつかいました。煙室戸は12.5φボイラー用(1751)、スチームドームは小型平型(1756)、サンドドームは小型丸型(1757)です。この煙室戸に合わせてボイラーはオリジナルより約1mm直径が太くなり、よいスタイルになりました。あとはパイピングやディティール追加すれば完成です。

☆7/26追記

なおこのマレーの構想は、ナガウラさんの七国山鉄道8号機

https://blog.goo.ne.jp/yokogogo/e/0144947c9bf41730e339d99ccdd1fe53

https://blog.goo.ne.jp/yokogogo/e/4a04a38cd75a6607b9b3d98fb11e4d58

とれいん269号(1997年5月号)に掲載された田代勝さんの作品

から着想を得ています。

 

 

|

« Perus Pirapora鉄道(EFPP) 一号機をつくる(9)煙室サドル | Main | 120をつくる(23)汽笛などをデッチあげる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Perus Pirapora鉄道(EFPP) 一号機をつくる(9)煙室サドル | Main | 120をつくる(23)汽笛などをデッチあげる »