« October 2019 | Main

120をつくる(30)イコライザー

120は先輪と第一動輪で左右二点、第二動輪の中央で一点の三点支持です。

20191121-11-09-03 

 20191121-11-10-18

 20191121-11-05-53

 第二動輪のイコライザー中央一点支持は、複雑な仕組みではなく少しV字型に曲げた小さな真鍮板をフレームに緩くネジ止めしています。以前はいろいろ手の込んだ?仕掛けを作りましたが、実用上はこれで十分なようです。高さ調整は板の曲げ具合や小ワッシャを挟むことでおこないます

| | Comments (2)

米国型機関車の部品図面集  Locomotive Cyclopedia of American Practice

米国型蒸機の技術解説本です。機関車の組立図も載っていますが、大半は部品図集です。
復刻本で複数の出版社から出ているようです。
私はAbebooks(Amazon 傘下の国際的なネット古書モール)を通して、イギリスの書店から買いました。
イギリスから買うのは本の送料が安いからです。

日本のamazonからも購入出来るみたいです。

 

20191120-22-07-58

今回見たかったのは、この米国型蒸機についているPyle型の発電機の図です。

日本の制式機についているタービン型とはかなり形態が違うようです。

山陽鉄道の大きな電灯ヘッドライトの後についている発電機もおなじような形態だと思います。

20191120-21-03-26

ヴォークレイン複式のシリンダーブロックの図もありました。

20191120-21-09-25

日本の米国型古典機の図が載っているわけではないですが、写真をみても形態がわからないとき参考になります。

| | Comments (2)

120をつくる(29)動輪軸ばね

やはり動輪の軸ばね(軸箱の下についています)を省略するとシルエットの間が抜けるので、取り付けることにしました。珊瑚の5500用のドロップパーツから加工しました。軸ばねをつけると、ブレーキロッドと当たるので、ブレーキ周りを作り直しました。

20191117-22-53-42

| | Comments (0)

中村精密Cタンクフレームの加工

一時ネトオクに大量出品された中村精密の自由形C2タンクの下回りをコンさんが加工されたので、頒けていただきました。

20191111-23-37-38

 

コンさんは横フライスでざくっりと加工されたようですが、手工具ではなかなか大変です。
後がオリジナルの17.5mm動輪つきで、手前がコンさんの加工品に天賞堂の14mm動輪をはめたものです。
コンさんが意図された米国型モーガルの下回りだけでなく、7000番台の英国型サイドタンクつき機関車 7450形の下回りあたりになりそうです。
今回のKKCモーガル競作はすでに8450形でエントリーしていますので、また後日の製作ネタにしようと思います。

| | Comments (0)

8450をつくる(5)組立図 ヴォークレインシリンダー

先日H御大のお宅で、畏友のUさんにお会いしたときにたずねたら、やはり8450形の実物組立図をお持ちでした。ということで、そのデータをいただきましたが、これまで、見てきた図面と大差なくてほっとしました。

20191114-1-03-49

またその組立図をみていると、ヴォークレン複式のシリンダーブロックは、普通のピストンバルブの機関車と違って、低圧と高圧のシリンダーが少しシリンダーサドルより飛び出しているのがわかりました。この写真をみて、それを疑っていたのですが確信が持てました。

20191112

Classic American Locomotives: The 1909 Classic On Steam Locomotive Technologyp332より引用 ISBN 1-59008-054-4

 

| | Comments (0)

120をつくる(28)ブレーキシュー

ブレーキシューは、珊瑚A7用ロストパーツから加工しました。
ブレーキテコやロッドはかなり簡略化しています。

20191109-17-37-20_2019110922140120191109-18-00-32

ブレーキロッドも加悦の保存機は鉄棒ですが、オリジナルは鉄の帯板かもしれません。

P1030414


20191109-19-17-55

後部は押さえ板に付けた灰箱パーツ、前部は取付アダプターにネジ止めしました。
20191109-19-18-46

キャブ下のブレーキテコ類は後日工作します。
ドレインコックや排障器も残っています。
年内完成を目指したいと思います。

 

| | Comments (0)

Perus Pirapora鉄道(EFPP) 一号機をつくる(17)ベル

ネトオクでNゲージ用のベルのロストパーツを落しました

20191107-21-10-17_20191108010401

左がTHさん特製のロストパーツ、左が今回のロストパーツです。

20191107-21-11-02

左のパーツだとちょっとベルが大きすぎます

20191107-21-11-33

今回入手したパーツに交換してみました。
実物写真と比較すると少し小さめですが感じはよくなりました。
このパーツHOナローの小型車両には使えそうです。

また発電機はイモンの1/87国鉄型のロストパーツをとりあえずつけているのですが、この機関車のプロトタイプとは違うので形態が気に入りません。国鉄型はTurboタイプとかいうもののようで、この機関車のはPyleタイプとかいう古典的なタイプのようです。自作するか適当なパーツを探そうと思います。

| | Comments (2)

8450をつくる(4)テンダー床板

20191106-22-08-28

テンダー床板は今回は二枚貼り合わせではなく、t1.0の一枚ものに簡略化することにしました。
一軸台車も珊瑚の8100用のロストパーツです。車軸をバネで支えるようにします。前の一点はこの車軸ではなく、ドローバーピンにして、テンダーの荷重を機関車にかけるにようにします。
今回はパーツ利用なので進行早いですが、ちょっとヴォ-クレン複式シリンダーの形態で疑問が出てきて、手が止まっています。

モーターは以前ストックしてあった国産のモーターでよいのがでてきましたので、こちら使おうかと思っています。

 

| | Comments (0)

8450をつくる(3) サイドロッドと主台枠

ミニダックスに引き続き8450もサイドロッドを作りました。主台枠は数年前に珊瑚模型で購入した8100形用パーツを使用します。

20191104-23-06-23

 サイドロッドは、t1.0の洋白板を加工しました。ボール盤でクロステーブルに材料を固定して、テーブルの送りで孔を開けたので、軸距は正確で一回で出来上がりました。実物同様に第二動輪のクランクピンのすぐ後に関節をいれています。8100形用のロッドも珊瑚製パーツは買ってありましたが、8450形とはロッドエンドの形が違うので新製しました。
 珊瑚の8100形のキットのオリジナル設計はは先台車もイコライズするようになっていますが、先輪にイコライザーで軸重をかけると動輪上重量が減少してしまうので、第一動輪は中央の一点で支えるように改造しました。第二・三動輪はキットオリジナルの左右でそれぞれ一点として、機関車本体は三点支持にしました。先台車はバネで脱線しないだけの必要最小の軸重をかけることにします。先日お邪魔した軽井沢のTYさんのところでは、珊瑚の8100形のキットを同じように先台車を外した三点支持に改造したら、牽引力が約1.5倍になったそうです。
 なおこの台枠の動輪間の軸距は、23mmで8450形としてはスケールより約1mm長いのですが、動輪も直径でスケールより0.5mm大きいのでちょうどよい感じです。
 またシリンダー取付部と第一動輪上の横梁は新製交換しました。主台枠後部も8100と8450形では形態が違っていますが、この部分は後で改造します。
 ギアボックスは、珊瑚のA8用ギアボックスを使いました。モーターはKKCで配布された中国製の小型強力モーターを使うことにします。


今回の8450は珊瑚の8100形などのパーツを多用したいと思います。自分も模型終活というには、まだ早い歳ですが、そろそろ高校生のころから罪庫しているパーツ類使っていかないと、不燃ゴミ化しかねないので、これからはストックパーツを積極的に使って製作していくつもりです。

 

| | Comments (0)

ミニダックス(7)サイドロッド

サイドロッドをt0.5洋白板から加工しました。
位相合わせは目視でだいたいですが、今回はギア連動ということでうまくまわりました。
今回はサイドロッドの作り直しはなしです。
ロッドピンはまだ仮の1.0mmネジです。

20191103-12-49-32

ナローガレージの取付パーツをネジ止めしてみましたが、上回りとの取付は一工夫必要なようです。

20191103-13-18-53

| | Comments (0)

ミニダックス(6) 動輪(続)

動輪の車軸は位相合わせやメンテを考えて、やはり左右分割としました

20191101-22-53-44

t0.8からクランクを切り出して、車軸にはんだづけしました。

20191101-23-15-09

Nパワーの車輪を今回制作したクランク付きに交換しました。

20191101-23-14-46

加工したアウトサイドフレームを仮にのせてみました。

| | Comments (0)

« October 2019 | Main