« 8450をつくる(18)モーターとギアボックス | Main | 9850タイプがRMMODELS 6月号に掲載されました。 »

8450をつくる(19)スプラッシャーなど

スプラッシャーカバーなど、主台枠のディテールを取り付けました。

20200417-23-02-32

火室側板は、リベットだらけのはずですが、ほとんど動輪に隠れてしまうので、リベットは省略した手抜き仕様です。

火室受け金具は、珊瑚の8100用ロストパーツをそのまま使いました。

20200419-11-41-43

主台枠後部の形状は8100とは違うので、1mm角線を折り曲げて簡単に表現しました。

 

20200417-23-03-57

20200417-23-04-10

スプラッシャーはt0.4から切り出した帯板を曲げてハンダ付けしました。

位置決めは、Nさんのブログを参考にして治具をつくりました。
t1.0アルミ板から、中心に3.0φの孔の開いた円板を削り出して、珊瑚の動輪に入っていた軸箱カーラーをはめた3mmネジを締めるようにしました。

20200419-11-43-3520200419-11-42-34

 20200419-13-37-51

 

4/18写真追加

|

« 8450をつくる(18)モーターとギアボックス | Main | 9850タイプがRMMODELS 6月号に掲載されました。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 8450をつくる(18)モーターとギアボックス | Main | 9850タイプがRMMODELS 6月号に掲載されました。 »