« 10.5φ動輪を9.5φに改造する(2) | Main | 8450をつくる(31)テンダー縁取り »

8450をつくる(30)キャブ屋根 バックプレート

キャブの屋根は、ハンダ付けしてしまうと 今後の工作や塗り分けに不便なので ネジ止め固定することにしました。

20200531-17-51-00

バックプレートはウィストジャパンの米国形用ロストパーツを細身に削りました。なおこのパーツは珊瑚の8100形の太めのボイラー(20φ)にあわせてあるようです。
キャブ内のボイラーはt0.2洋白板を曲げて、ボイラーの上に重ねてはめます。

20200531-17-51-30

雨樋の形は正確にはわかりませでしたので想像の産物です。なお原型には天窓はついていなかったようです。

20200531-17-54-41

 

仮配線して走行テストしていたら、原因不明のショートがおきました。結局第一動輪とスプラッシャーが接触していることが判明し、スプラッシャーをほんの少し曲げたらショートしなくなりました。ジグを使って取り付けたので油断していました。

 

 

|

« 10.5φ動輪を9.5φに改造する(2) | Main | 8450をつくる(31)テンダー縁取り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 10.5φ動輪を9.5φに改造する(2) | Main | 8450をつくる(31)テンダー縁取り »