« フリーランス・モーガル(4)メインロッド | Main | フリーランス・モーガル(5)先台車 »

模型化するということ(続)

KM氏のツイート coolですね
<ディテールアップというか、模型で細部の再現をするのに「実車に近づけていく(基準は実車)」のと「実車を模型に落とし込む(基準は模型)」のどちらに面白さを見出すかで、結果的にやってる事は同じでも方向性は全然ちがうんだよなって最近よく思う。>

 

16番の日本型蒸機では、ごく少数標準軌蒸機以外は、設計の段階から「実車を模型に落とし込む」ことに専念せざるをえないと思います。
最初から「実車に近づけていこう」とすると必ず破綻するように思います。
ところで日本の標準軌蒸機というと、新京阪と神姫電鉄と海軍工廠ぐらいでしょうか

 

|

« フリーランス・モーガル(4)メインロッド | Main | フリーランス・モーガル(5)先台車 »

Comments

  日本の標準型蒸機では、蒸気機関車スタイルブックの165ページの
昭和製鋼101号を外すことは出来ません。密かに狙っていますし、これこそ16番かも知れません。

Posted by: コン | October 23, 2020 08:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« フリーランス・モーガル(4)メインロッド | Main | フリーランス・モーガル(5)先台車 »