« 日昇のコンコッペをつくる(22) | Main | 8450(57) 組立再開 »

小型炭素棒電極を使った電気ハンダ付け

以前dda40x氏が配布された炭素棒電極を使った電気ハンダ付け器は、あまり使うことがありませんでした。というのも少し強力すぎて私のような16番/HOメインでやっているものには宝の持ち腐れとなっていました。
最近小型炭素棒電極を使った電気ハンダ付けレポートをネットでしばしば見るようになったので、私もやってみました。

電源はdda40x氏が配布されたものを使い、炭素棒電極は2.0φのシャープペンシルに電極を付けたものです。
また最低電圧の5vでも小型炭素棒電極には強力すぎるので、むすこたかなしさんのブログで見た海外旅行用用ダウントランスを使って1割降圧して4.5Vでおこないました。
結果はピンポイントで急速加熱するには良い道具だとおもいました。ただシャーペン利用の炭素棒電極がかなり熱くなるのが欠点で、プラの軸が一部溶けてノック機構がスムーズに動かなくなりました。電極についてはもう一工夫必要かと思いました。

 20210221-14-14-21

 

※2/21追記

やはり2.0φのシャープペンシルを炭素棒電極として使われているSさんは、熱をもつので中の芯ホルダーの透明樹脂パイプも真鍮パイプに交換されたそうです。私も同じ加工を考えたいと思います。

 

|

« 日昇のコンコッペをつくる(22) | Main | 8450(57) 組立再開 »

Comments

私もむすこたかなしさんのブログを見ましたが、この炭素棒式は「使える!」と思いました。こうなるとdda40xさんの装置を購入すれば良かったかも?と思ったりします(手遅れ?)

Posted by: ム | February 22, 2021 09:43 AM

ム様、
私も乗り遅れたクチですが、パチスロ用24 Vトランスの2段階接続、さらにダウントランスを付けて使っております。重いのが難点ですが、100Vに注意してつなぐだけです。フットスイッチと炭素棒電極は作らないといけませんが、簡単です。

頒布された炭素棒ハンダ付け装置ですが、未使用(未着手)の方や炭素棒に馴染めない方もおられると思いますので、不要な方から必要な方へ再分配されるのが望ましいですね。

Posted by: むすこたかなし | February 22, 2021 12:16 PM

少し手間がかかりますが、むすこたかなしさんが、パチスロトランスの改造法詳記されていますので、小型炭素棒低圧専用ならあの方法で改造された方が4Vは簡単に得られると思います。
あとは小型炭素棒電極が過熱気味なので、シャーペンの改造方法をもう少し工夫する必要がありそうです。口金先端部で炭素棒に電気が流れるのがベストですが、そこの接触が良くないと、内部の鉛筆芯保持の部分(芯チャック)から炭素棒=シャーペン芯に電流が流れて内部で発熱している疑いがあります。当て方によっては対象物よりシャーペンの方が発熱している?時がありました。

Posted by: ゆうえんこうじ | February 22, 2021 12:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 日昇のコンコッペをつくる(22) | Main | 8450(57) 組立再開 »