« コッペル快走 | Main | Desktop Station Airをコンパクトにする »

マン島のタンク機関車(6) 後部排障器をつくる

Sさんもこの機関車の動力化改造を進められているのをfacebookで拝見して、私も工作再開しました。

この製品には、フレーム後部に赤いハシゴ状のパーツがついていました。最初何かよくわからなかったのですが、後部排障器のようです。

このパーツ ヤワなので分解組み立てしているときに壊してしましました。修理パーツは分売されていないようですし、形態もイマイチでしたので自作することにしました。実物写真や同系機の組み立て図をみると、通常の左右の排障器を鉄棒でつないで、カウキャッチャーのようにしているようです。こういう排障器は初めてみました。

 

20220408-0-32-50

P1000111

P1000131

最初赤いパーツを避けてフレームは短くしてあったので、継ぎ足してこの排障器をつけました。
真鍮帯板に孔を開けてφ0.5の真鍮線を通して、はんだ付けで組みました。

20220408-0-36-42

|

« コッペル快走 | Main | Desktop Station Airをコンパクトにする »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« コッペル快走 | Main | Desktop Station Airをコンパクトにする »