« 高効率ギアボックス(6) モーター特性を考える | Main | 旋盤の手回しハンドルをつくる »

マン島のタンク機関車(7) 集電ブラシ

集電ブラシをつけて自走可能となりました。

集電ブラシは、φ0.4燐青銅線をはんだ付けした半円筒状の取付板をモーター本体に厚手両面テープで貼った手抜き仕様です。

20220629-0-45-47

20220630-11-08-52

第二動輪のスプラッシャーカバーは、元の製品に比べて車輪が厚くショートの原因となるようなので、外側を切り落としました。

あと下回りではブレーキ関連(ブレーキロッドは6200形などとおなじ、外吊り式)やダミーのイコライザーやバネの台枠への装着が残っています。

またSさんのFBの記事によると動輪のみからの集電では、軸距が短か過ぎてIMONのポイントが通過できないらしいので、先台車の集電化工事も必要になりそうです。

後部カプラーは、やはり英国式のリンクフックカプラーにしようと思っています。

上回りもちょっとディテールアップしようと思っています。

 

 

|

« 高効率ギアボックス(6) モーター特性を考える | Main | 旋盤の手回しハンドルをつくる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 高効率ギアボックス(6) モーター特性を考える | Main | 旋盤の手回しハンドルをつくる »