« Bluetooth音源車のバッテリー交換 | Main | 9450(2) 主台枠 »

デジタルノギスのボタン電池

20221224-0-20-39

以前ある方のお世話で米国から購入したデジタルノギス(写真上)の表示が点滅するようになりました。これは電池交換のサインなので、電池交換したところやはり表示が点滅します。壊れたのかと思いましたが、ネットで検索してみると「外国製のデジタルノギスでは、酸化銀電池SR44では作動するが、アルカリボタン電池LR44では動かないものがある」という情報を見つけました。そういえば今回LR44に交換していたので、SR44に交換したところちゃんと動くようになりました。

ミツトヨのデジタルノギス(写真下)では、LR44を入れても一年以上電池交換なしに正常に作動するので、SR44でもLR44でも同じだろうと思っていたのです。SR44は電圧が1.55Vですが、LR44は電圧が1.5Vで少し低いのでこういう現象がおきるようです。上のノギスの測定部裏面をよくみるとSR44指定の記載がありました。

中華製のデジタルノギスは、ミツトヨの高級デジタルノギスに比べて早く電池がなくなることはみなさん実感されていると思います。これは日本製のほうが消費電力が少なく高性能だからと思っていたのですが、電流消費量より日本製が電池が消耗して低電圧になっても動作するのでおきている現象だったようです。ということは、デジタルノギスの電池はできるだけ酸化銀電池SR44を使った方がよいということがわかりました。ミツトヨなら安いLR44でも十分かもしれません。

※H5.1.10追記

Dさんによると、温度が下がるとボタン電池の電圧が低下するので、気温が下がる冬場にこういう事象がおきやすいとのことです。

 

 

|

« Bluetooth音源車のバッテリー交換 | Main | 9450(2) 主台枠 »

Comments

そうだったのですか。ウチにも同様の症状でジャンクボックスに放り込んであるデジタルノギスがあります。SR44を入れて試してみようと思います。

Posted by: sktrokaru | December 24, 2022 11:06 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Bluetooth音源車のバッテリー交換 | Main | 9450(2) 主台枠 »