« 9600(18) テンダー台枠 | Main | 9600(20)煙室戸(続) »

9600(19) テンダー上回り

8800用テンダーの上まわりをざっと組みました

20231009-0-53-33

側板の内側には、上板高さに合わせた裏打ち板をt0.4真鍮板から切り出して、ハンダづけで貼りました

これで上板固定するときの高さが簡単に決まります。

20231008-21-35-17

ディテールの取付はまだです。

床板との取付板は、サウンド用スピーカーとDCCサウンドデコーダーの取付位置を決めてから作ります。

(追記)

組んだあとで、故 平尾さんの九重高原鉄道のコンテンツ 8800製作記みたら、テンダーの前板は、キットの組立説明書にかかれているように側板前端とツライチではなく 少し凹んでいると書かれていたのを見つけましたが、今回はこのままでいきます。九重高原鉄道のコンテンツは、有用な情報満載なのですが、亡くなられた後非公開になってしまいました。私は個人的に保存したコンテンツを参照していますが、なんともモッタイナイことです。

機芸社の蒸機機関車スタイルブックみると、ツライチになっていますね?

凹んでいるなら05mmぐらいではなくもう少し凹んでいるような気がします。

 

 

 

|

« 9600(18) テンダー台枠 | Main | 9600(20)煙室戸(続) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 9600(18) テンダー台枠 | Main | 9600(20)煙室戸(続) »