« 9450(10) テンダー台枠をつくる | Main | 120(33) 機関士をのせる »

DSair Liteを組む

Desktopステーションから、wifi機能を内蔵したコマンドステーション DSair Liteの組み立てキット発売されたので購入して組んでみました。

20240229-22-01-56

操作ボタンは赤ですが、これはテンキーとその他の操作キーでキートップの色を変えたいと思います。

また製品には上面のアクリルカバーの内側に挟み込む紙に印刷されたカバーがついていますが、私は基板がスケルトンで見える方が好きなので、取り付けていません。

20240229-20-46-37

20240229-20-48-55_20240229222101

はんだ付けは、ラズパイpicoWを基板に直付けするので、少しビビリましたが、意外に簡単ですべてのはんだ付けは30分以内に終了しました。Oタクトスイッチや他のICなどの表面実装部品はすべてはんだ付け済です。3個のコンデンサと電源ターミナル、走行電流用ターミナルとボリューム、OLEDをはんだ付けするだけなので楽々です。OLEDも取付用アダプターがついているので、高さが一発できまりました。多足のハーフピッチICを基板に半田付けするのはもう自分にはキツいです。なお今回ハンダゴテは、デジタル温度調整ハンダゴテを使用し、標準品の先細コテ先ではんだづけしましたが、非常に使いやすかったです。

20240229-22-26-57

以前自作したC型基板サイズのDCCコントローラーと比べてもコンパクトな大きさになっています。

これならDCC初心者の方にも勧められるコントローラーだと思います。

なお現在第一次製造(テスト販売)分は完売になって 量産品が製造中とのことです。

販売ページはこちら

DSair2の時は開発の初期段階から参入させていただきましたが、今回はブラス車両工作にかかりきりになっていたので、ほぼ開発が仕上がってからの参入です。

#3/22追加

20240321-23-47-14

タクトスイッチのキャップ交換して、テンキーは黒、機能キーは赤にしましたので、判りやすくなりました。

 

 

|

« 9450(10) テンダー台枠をつくる | Main | 120(33) 機関士をのせる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 9450(10) テンダー台枠をつくる | Main | 120(33) 機関士をのせる »