« 9600 (49) 伸縮可変式機炭間ドローバー | Main | 8450 補追(3)サウンドを積む(続) »

査読と著者校正

 査読(さどく)というのは、大学などの研究機関に勤務されたことがある方以外は馴染みのない言葉かもしれませんが、まともな学術雑誌の場合 論文を投稿すると匿名の査読者(投稿した論文の領域のエキスパート)が、問題点を指摘して一旦著者に返されて、論文を修正してその問題点がクリアーできてはじめて、学術雑誌に投稿記事が掲載されるという論文審査システムのことです。著者と査読者の間を数回、論文原稿が行き来することもよくあります。もちろん査読者が問題点の修正をおこなってもその雑誌に載せる価値がないと判断させた論文は、不掲載(リジェクト)となり戻ってきます。最近研究不正で話題になっているハゲタカジャーナルというのは、高い掲載料を払えば実質的な査読審査なしに掲載してくれる雑誌のことで、研究者の研究論文数の水増しに利用されているエセ学術雑誌のことです。

 鉄道模型雑誌の場合は、記事投稿しても内容に関する査読まではおこなわれることなく掲載されてしまいます。記事内容がその雑誌の方針にあわないか、投稿作品の作品の質に問題がある場合以外はリジェクトされることはないようです。そのためときどきトンデモ記事が掲載されることもあるわけです。

 鉄道模型雑誌に投稿するときは、査読がないので自己認識がないままにトンデモ記事を書いてしまうリスクがあるので、時間のあるときはその領域に詳しい知人に内容チェックをお願いしています。その意見を聞いて一部書き直して投稿しています。

 また著者校正というのは、ゲラ(組版)刷りができた段階で、出版社から一旦著者にゲラ刷りを渡して、修正するという作業のことです。これは学術雑誌でなくても一般の出版物でおこなわれているのでご存じの方も多いと思います。これをすることにより出版内容に著者が同意したということにもなります。

 鉄道模型雑誌では、従来著者校正がなく、お願いしても編集作業の時間が厳しいのでその余裕がないと断られることがほとんどでした。原稿と作品、著者が作成した図表、撮影した写真を送って後はお任せで、雑誌が刊行されるまで記事内容はわからない。自分の原稿や編集者の加筆した部分で誤りがあってもそのまま出版されてしまう状況でした。

 TMS誌も山崎主筆の時代以来ずっと旧体制はそうでしたが、新体制で編集長が替わってから、希望すれば著者校正できるようになりました。著者校正を希望されない方も多いらしいですが、やはり作品記事は、模型製作の最終段階だと自分は思っているので、こちらの不注意で間違いがあったり自分の意に沿わないスタイルの記事がでないのはよくなったと思います。

 また最近は、査読ではありませんが、先に投稿原稿をメールで送ると修正や図表、画像、文章の編集者からの追加要望も聞かせてもらえるようになり、記事原稿の完成度あげることができるようになったのもうれしい点です。

 現在120形の牽く阪神間開業時列車の投稿・編集作業が進行中です。近々掲載誌が刊行されるはずですので、また皆さんのご意見、ご批評をいただくようにお願いします。

|

« 9600 (49) 伸縮可変式機炭間ドローバー | Main | 8450 補追(3)サウンドを積む(続) »

Comments

あくまで私個人の話ですが「誤字脱字くらいは校正してよ」とは思いましたね(笑)

Posted by: ム | March 27, 2024 11:38 AM

山崎さんがお元気で編集長されていたころは、誤字脱字だけではなく テニオハまできっちり修正されていましたね。そのかわり原稿にない文が補充・挿入されていることもよくありました。
TMS旧体制の最後の方では、渡したテキストファイルが特に修正されず、誌面不足でカットされる以外はそのまま載っていましたので、誤字脱字があると恥ずかしいので 提出前に自分で誤字脱字はよくチェックしていました。
ただしプロの作家ではないので、テキストだけではおかしくないが、実際に組版されて出版された誌面をみると違和感がでることはありましたね。やはり組版した段階で、ゲラ見せていただいて、著者校正させてもらうのがよいと最近つくづく感じています。
まあ昔と違って編集と組版もデジタル化されているので、ゲラもPDFファイルでメール添付一発送受信して校正できるという時代になったことも、編集時間の厳しい月刊誌で著者校正を可能にしたのかもしれません。

Posted by: ゆうえん・こうじ | March 27, 2024 12:43 PM

TMS 2019年8月号(931号)の中澤寛氏の記事があまりにも酷く、文章を読んでも理解できない部分が多かったので編集長に手紙を書きました。また、中澤氏に連絡をすると、投稿された下廻りのイコライザーについての解説写真が採用されていなかったことが判明しました。2019年08月24日の私のブログにその写真を掲載しています。

名取編集長は非を潔く認められ、今後は筆者校正をする、という連絡を受けましたので驚きました。その後はあのような著者の意図を反映していない記事は無くなったように思います。

Posted by: dda40x | March 27, 2024 09:10 PM

dda40xさんコメントありがとうございます。

出羽文行さんが考案されたロンビックイコライザーに対して、伊藤剛さんが軸距の短い二軸台車ではメリットが少ないので普及しないというご意見をTMS2002年7月号(698号)に書かれていましたが、中澤さんはそれを上手く料理して自分の模型に生かされていますね。
しかしこれは931号の西鉄連接路面電車の記事を読んだだけでは下回りのイコライジングを理解するのが難しいですね。しかしdda40xさんの2019年08月24日のブログに掲載された、中澤さんの記事ではボツにされた解説写真をみると一目瞭然だと思います。
http://dda40x.blog.jp/archives/52099652.html
商業誌では紙数の制約もあるので、投稿原稿内容はある程度編集者により選択されて、一部はカットされて記事になるのは仕方がないと思います。ただその編集が投稿者の意図に合致しているかは何ともいえないところで、レイアウトが決まって初稿ゲラ刷りの段階で著者に見せていただければ、投稿者と編集者の意図が大きくずれることはないと思います。
今回投稿させていただいた5月号に掲載予定の記事では、テキスト原稿の段階から編集部で見ていただいて、何度かメールで掲載記事内容のすり合わせをさせていただき、初稿ゲラ刷りも著者校正させていただけたので、私にとっても気に入った記事になるはずです。

Posted by: ゆうえん・こうじ | March 28, 2024 10:28 PM

TMSも新体制になってからはフルDTPになったので、筆者校正が可能になったのですね。
以前は・・・なまじ「そのまま使えそうな原稿」だと、本当にそのまま使われるので、必死で推敲しましたが、限界がありました(失敗ので言い訳です)。良い時代になりましたね。

山崎主筆の頃は、印刷屋さんに回さないと組版後の校正は出来ないので、筆者校正は夢物語でした。工場に泊まり込んで校正した、等という笑えない話も昔話です。

Posted by: 廣瀬 | March 29, 2024 02:41 AM

廣瀬さん コメントありがとうございます

模型製作の腕は一流でも文章を書くのは苦手という方も少なくないようなので、そういう方は昔から編集部で製作メモやコンペのデータシートから記事作成されていたと聞いています。TMSは投稿記事が多く、社内スタッフ執筆の自前記事が少ないので編集部は楽 というわけでは決してなかったようですね、製品の紹介の記事作成も新製品の数が増えた上速報性が必要なので時間的に大変というのも以前聞いたことあります。

という結果
なまじ「そのまま使えそうな原稿」だと、本当にそのまま使われる
となってしまっていたんでしょうね

鉄道模型雑誌に限らず、月刊誌出している出版社の方は大変なようですね。
月単位の季節労働者とかう皮肉も他所で聞いたことがあります。
編集作業のデジタル化がすすんだといっても、まだDX化による「働き方改革」には、ほど遠い職場なんでしょうね

Posted by: ゆうえん・こうじ | March 29, 2024 09:17 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 9600 (49) 伸縮可変式機炭間ドローバー | Main | 8450 補追(3)サウンドを積む(続) »