« 阪神間開業時のマッチ箱客車をつくる(16) サウンドシステム(1) | Main | DSmainR5.0の修理 »

CV値管理ユーティリティソフト

以前作成したエクセルを使ったDCCデコーダーのCV値管理ユーティリティーソフトに少し手を入れて、 DSAir2だけではなく、DSAirLiteDSAirESPでも使えるように改造してみました。エクセルの入ったパソコンとコマンドステーションは、wifiで接続しますが、DSAir2のみは有線接続も可能です。DSAir2とDSAirESPは安定して接続してCV値の読み書きができますが、DSAirLiteはまだ少し不安定なのでもう少し手をいれてみようと思います。もう少しいじって接続・作動が安定したら公開します。

20240513-001631

これはサウンドトラックスの Tsunami2設定用画面です。

 

嫌いじゃないもんで、DCCのコマンドステーションとコントローラーばかり増えていきます。サウンドデコーダー積んだ蒸機より増加するスピード速いかもしれません

20240513-1-04-32 

左上からwifiコントローラーmini (HMX) DSair2(DesktopStation)  wifiコントローラーslim(HMX)
DSairLite(DesktopStation)  DSairESPmini(あおの)DSairESPi(あおの)



 

|

« 阪神間開業時のマッチ箱客車をつくる(16) サウンドシステム(1) | Main | DSmainR5.0の修理 »

Comments

DCCコントローラーって「電池式のタイプ」が発売になれば買うのになぁと思うのですがニーズ無いんですかね?

Posted by: ム | May 13, 2024 08:03 AM

過去に電池内蔵式のDCCコントローラーも作ってみましたが、意外に電力消費が多く、電池がすぐなくなります。
電池を大きく(単4->単3)して本数を増やすと重くなるのでハンディーコントローラーとしては使いにくいです。
一番使いやすくて、コスパがいいのは、携帯電話用の5V小型バッテリーに昇圧(5->12v)ケーブルをつないでDCCコントローラーにつなぐ構成だと思います。12Vが出るノートパソコン用の外付けバッテリーは重くてかさばります。

質問のご趣旨からはずれますが、通常(アナログDC)のトランジスタコントローラーでもトランジスタなどで降圧して電圧調整をするタイプは降圧分を熱で捨てており、その分電力が無駄になっているので、電池駆動にはむかないと思います。
DCCはコマンドステーションも車載デコーダーも電圧制御ではなくパルス出力なので、無駄は少ないですがそれでも電力を喰います。

Posted by: ゆうえん・こうじ | May 13, 2024 09:22 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 阪神間開業時のマッチ箱客車をつくる(16) サウンドシステム(1) | Main | DSmainR5.0の修理 »