7000タイプを作る(30) 火室と灰箱

昨年2月末の日吉のNGJ例会に持参したとき、SUさんに火室と灰箱がついていないことを指摘されてしまいましたが、組立図や写真見てもよく実物の形がわからないので、それ以来一年以上放置していました。
先日ボールドウィンの小型機の一般的な構造にすればよいのだと思いついて、解剖書をひもといたところだいたいの感じがつかめたのでデッチ上げました。
火室部は、6X3の真鍮角材を切り出し、灰箱は1.5mm厚真鍮板から切り出して縁を斜めに落として組み合わせました。シルエットだけなので火室側面のリベットは省略です。
20160505144955892
キャブ下にモーター取付台のネジを利用してネジ止めしました。
20160505135718599
これでキャブ下が落ち着きました。
20160505135718570_2

なおこの機関車の製作を中断・放置していたのは、DCC化やサウンド搭載をどうするかという問題もあったのですが、DCC化はせず、KATOのサウンドボックス対応でいくことに決めました。客車に無線Bluetoothスピーカー搭載の方向で考えています。

| | Comments (0)

7000タイプを作る(29)全軸集電化

テンダー車輪にも集電ブラシをつけて、機炭間のジャンパー線をつけました。全軸集電としたので少しは走行安定しましたが、機関車は軽いので牽引力が弱いです。もう少し機関車の台枠の上下にウェイト補充しようと思います。
20150208131505212
あとはDCC(サウンド付き)搭載です。機関車のディテールでは汽笛・安全弁、砂撒き管引き棒(紐?)あたりが残っていました。

| | Comments (2)

7000タイプを作る(28)

キャブやテンダーの手すり、ブレーキハンドル、ステップも追加しました。
あとはテンダーに工具箱載せるか?前部端梁にミニバッファー?つけるか?
あたりを検討中です。
20150204235627916
動輪のバランスウェイトも実物は扇形でカタチが違いますが、輪心は真鍮製で削りにくいようなのでこのままでもよいかという気になってきました。
もう少し通常のDC運転で確認してからDCC化します。


| | Comments (0)

7000タイプを作る(27)

最初は通常の蒸機の模型と同じように、機関車は左側車輪絶縁、テンダーは右側車輪絶縁としていました。少し集電が不安定なようなのでDC運転では大丈夫でもDCC運転では不安定になるかもしれないので、全軸集電化することにしました。それなら機関車とテンダーを逆電位にする必要はないので、機関車とテンダーどちらも左側車輪を絶縁とし、集電ブラシを設けました。最初動輪は、ブラシがタイヤ裏面を擦るようにしましたが不安定なので、踏面を擦るようにしました。
20150129234049297

テンダー前部の手すりと後部の給水栓も取り付けました。
20150129234049423
機関車本体の組立図は手に入りましたが、テンダーの組立図は手に入らなかったので、給水栓の大きさや位置は推測です。

| | Comments (0)

7000タイプを作る(26)ガイドヨークなど

ガイドヨークをスライドバーにハンダ付けしました。本来であればガイドヨークは左右つながっているはずですが、これもスケールどおりの位置では動輪やロッドに当たってしまうので、中央は(仮想化して)省略しました。
20150125141110982

ガイドヨークをスライドバーにハンダ付けするときには、仮固定するために以前通販で買って使い物にならなかったので放置してあったヘルピングハンズという道具を引っ張り出してきました。
ワニグチクリップ様の保持具にピンセットに挟んだガイドヨークをくわえました。シリンダーとスライドバーは、ホビー用の鉗子でくわえました。これは保持とスライドバーから熱が伝わってハンダで組んだシリンダーがバラバラになるのを防ぐためです。
2015012514111058520150125141110831
ヘルピングハンズの保持具そのものでパーツをしっかり掴むことはできませんが、ピンセットにパーツをくわえてそれを保持具で掴むという使い方をすれば、役に立つ道具になりそうです。

前部の連結器は、ジャンク箱から探し出した昔の天賞堂のプラ貨車についていたダイカスト製のダミー自連カプラーを加工しました。
テンダーにつけたイモンカプラーと連結してみるとちょうどよい大きさです。
20150125141111071


| | Comments (4)

7000タイプを作る(25)バルブロッド

一時中断していた7000タイプの工作を再開しました。
バルブロッドをつけようとしたら、バルブロッドのクランクへの取付部分がサイドロッドが一番上になった時干渉することが判明しました。
20150113001810960
赤線がバルブロッドの位置となります。
いまさら動輪のクランク半径を縮小加工するわけにもいかないので、バルブロッドはダミーとしてクランクとは切り離すしかないようです。
実物に比べてクランク半径が過大な模型の宿命ですが、いい加減な設計が祟ったともいえます。

| | Comments (4)

7000タイプを作る(24)ヘッドライトがつきました

竹田英毅さんから頒けていただいたロストのライトをつけました。ライト台は強度と形態を考えるとなかなか気に入ったものができず3回作り直しました。やはり大きな油灯をつけると一層米国型っぽくなります。ロストは1/87だとややオーバースケルですが、大きめの方が感じがよいです。
このタイプの煙室の前にライトが飛び出したタイプはLEDの配線隠すのが難しいですね。一応配線可能にはしてありますが、塗装後にLEDで点灯させるか、ダミーとするかは検討したいと思います。
なおキャブ前のベルも竹田さん特製のロストです。

20141010080454036
20141010080454077

それから今回はアルモーターを使用したのですが、試運転の時平滑な直流電源を使うとラビットスタートですし低速時のトルクが弱いのでこんなものかと思いましたが、パルス(PWM)制御の永末のDEP#3を使って運転してみると低速時からスムーズに起動して、低速トルクも非常に強いので驚きました。
電源でこんなに動きが違うとは思っていませんでした。
ちなみにコアレスモーターだと、平滑直流とパルス制御ではこれだけ走行性の差は出ません。

なおこの機関車と以前TMS765号に掲載したスイス型Cタンクを持参して関東合運に参加します。
HOJCの競作のところに並べていますので、参加される方はご覧ください。明後日の午後から参加しますが、13日は台風のため岡山に帰れないと困るので早退させていただく予定です。

フカひれイコライザー 2軸貨車組込スケルトンモデルも同時にHOJCのところで展示します。
関西合運で展示したときの様子をヤマさんが、動画撮影して高急モデルノートにアップされています。いちどご覧ください。私も写っています。あぁ恥ずかし!

| | Comments (2)

7000タイプを作る(23)工作もう少しすすみました

今日は関西合運にでかけるので、昨夜出来る範囲で仮組みしてちょこちょこまとめました。まだヘッドライトや煙室ブレースなど未完の部分も多いのですが、なんとか格好をつけました。(20)からは手すりや砂撒き管、給水管が追加になっています。
20140921064404034
20140921064404096


| | Comments (0)

7000タイプを作る(22)工作少しすすみました

前端梁は、2X5の真鍮角材から削り出しました。
フレームに当たる部分は、1mmエンドミルで溝を掘りました。
20140901000335847
この程度のフライス作業なら、私の持っているユニマットIIIのバーチカルユニットでも十分加工できます。別にフレームなどの大物を真鍮角材から削り出すつもりはないので、大きなフライス盤を新規に買おうという気になかなかなりません。

フレーム前端にハンダ付けしました。
20140901000335890

カウキャッチャーは適当な物がなかったので、昔のHOn3の輸出用製品のパーツの流用です。
この機関車には少し立派過ぎるかもしれません。

テンダーのコーナー部のフレアは、この部分のみ別に洋白板の小片で作ってハンダ付けしました。
結構現物あわせでパーツを作るのが大変でした。
米国型のテンダーで一番手間がかかるのがこの部分だと思います。
フレア部分のみ別材で作ってテンダー側板上部にハンダ付けするのも結構大変だし
何かよい製作法がないかと思っています。
20140901000335990

仮に組んで見ました(コーナーフレア取付前)
20140901000335932_2

模型以外も下回りが好きなN潟のKさんから、下回り写真のリクエストでましたので載せておきます。
20140901000336011

このペースだと今月中に未塗装完成までは行きそうですが、塗装やサウンド搭載まではムリかなというところです。

| | Comments (4)

7000タイプを作る(21)スライドバーを作る

スライドバーは、コンさんのガレージキットを参考にして、上下一体に作ったスライドバーを シリンダー後蓋に糸ノコで切り込んでつけた溝にはめこんでハンダ付けしました。キットは洋白板のエッチング抜きでしたが、私は0.8mm径の洋白線をコの字型に曲げてヤスリで削って厚さを薄くしました。
その後ピストンロッドの孔をシリンダー内側からドリルで開けました。そのためにも前蓋は別パーツで嵌め込みにしてありました。
20140827012909077

20140827012909278
クロスヘッドの止めネジは仮のネジです。


| | Comments (0)