水煙式発煙装置の試み(1) ペットボトル用超音波加湿器を分解する

最近ちょっと話題になっている水煙式発煙装置を作ってみたくなり、ペットボトル型超音波加湿器を購入して分解してみました。
購入したのは、ペットボトルの先につける水煙=ミスト発生部と超音波振動子のドライブ回路が分離しているタイプです。もちろん中国製でネット通販で送料込みで¥1500でした。

20200619-20-09-3220200619-20-02-31

20200619-21-47-17

 

キャップ部分についている超音波振動子はシリコンカバーを入れると20mm直径があります。シリコンカバー外すと16mm径でした。その下がUSBメモリ状のパーツ内部の超音波振動子のドライブ基板です。まだ特性は測定していませんが、ネットで検索してみると40V 100-150kHz程度の交流発生回路のようです。この基板でも8ピンのICで発振して右横の小トランスで昇圧してるのではないかと推測します。タクトスイッチは押す度にオンオフが切り替わるので、このスイッチ回路をうまく制御すると水煙の断続ができそうです。

とは言っても超音波振動子の直径が20mmあり、ネット上の情報では細い煙突では内部で結露して煙がでなくなるので、ボイラーが細くて煙突の長い中小型機に組込は無理のようです。当社工場資材庫のストック車両では、9600がボイラー内径が20mmあり煙突も短くて太いのでなんとか組み込めるかな?と思って検討中です。

| | Comments (0)

8450をつくる(28)モーター釣り掛けユニット

dda40xさんのブログで、ギアボックスの支持のことが話題になっています。

Oゲージの大型機だとモーター重量が重い、提示された蒸機では350gもあるそうなので、モーターとギアボックス一体型の釣り掛け方式にすると軸重不均等になると書かれています。

20200514-8-27-53

 

ちなみにこの8450の釣り掛け動力ユニットの重量を量ってみると18gです。モーターは主台枠に取り付けた支持金具でモーターの真下で支持しています。後方の取り付け孔はネジでフレームに固定しますので、スイングの中心点ではありません。モーターは支持金具にスポンジ緩衝材つきの厚手両面テープでの小片で貼っていますので、モーターの中心部を中心にスイングします。というわけで釣り掛けユニット自体の重さは数gしか主動輪にかかっておらず軸重不均衡もおこしていないと思います。

HO/16番程度の大きさの模型では、釣り掛け式ユニットにして厚手両面テープで固定する方法でも十分と考えます。トルクアームやトルクチューブといった仕掛けまで考えなくてもよさそうです。

なおモーターを両面テープで主台枠に固定するというのは、松本謙一さんが以前とれいん誌に書かれていたのを読んで私もはじめました。松本さんは動力を釣り掛けに改造されてはいないようなので、モーターの下面一杯の大きさに両面テープを貼ってしっかりモーターを固定されているようです(昨年のJAMのクリニックでもそう実演されていました)

釣り掛け式の場合は、広い面積のテープで固定してしまうと、釣り掛けユニットが上下に首を振らなくなるので、強度が確保できるできるだけ小面積のテープで固定するのがミソです。今回のユニットでもテープの面積は、取付板の半分以下です。テープの大きさは実際ためしてみるしかないので、取付板は大きめに作っています。
また釣り掛けユニットと主台枠をテープで固定すると分解調整するときが面倒なので、釣り掛けユニットを取付板にテープで貼って、取付板を主台枠にネジ止めしています。
20200514-9-00-59
ギアボックスは珊瑚のA8用です。下面にギアカバーを接着しています。

 

| | Comments (4)

二条ウォームギアのギアボックス

以前にMYさんにいただいていた二条ウォームギアを使ってギアボックスを作りました。
まだ仕掛かりです。
20190210_1_36_07
まだ動輪軸周りの加工ができていません。
ウォーム軸の回転は非常に軽いですが、やはり動輪からの逆回転は少し固いかな?という感じです。
逆回転させるとウォーム軸のベアリングにかなり強いスラストがかかります。
ギアボックスとの固定はどうしようか考え中です。
押しねじで止めるのかロックタイトで固定してしまうのか?どれがよいのでしょうか?

仕掛かりになっているロンビックイコライザー組み込んだ9600に使ってみたいと思っています。

| | Comments (4)

D型蒸機にロンビックイコライザーを組み込む 

D型蒸機にロンビックイコライザーを組み込むの実践として 珊瑚の9600キットに組み込んでみました。
イコライザーは新製してもよかったのですが、キットのパーツを改造しました。
若い頃の自分なら迷わずキットのパーツは棄てて新製したと思いますが、歳がいって丸くなったのか気力が落ちたのか、モッタイナイ精神に目覚めたのか、とにかくキットのイコライザーパーツを改造しました。
キットオリジナルは4点支持のフレーム内側につけたピンに引っかけるタイプのイコライザーですが、下に抜けないように輪切りにしたパイプをはめて中心部を薄板で補強?しました。今回はバネ可動併用にはしませんでした。
20170505_10_22_13_2
この第1−2動輪イコライザーの中心支点と第3−4動輪イコライザーの中心支点を結ぶイコライザーは、t0.8の真鍮板から切り出して、支点には2mm径真鍮丸棒のピンを立てました。
最初はこれをフレーム内側にネジ止めしていたのですが、フレームを組み立てると分解できなくなることが判明したので、中心ピン近くの押さえ板で脱落しないようにしました。左右のイコライザーを結ぶ横イコライザーは、左右のイコライザーを後方に延長して、第4動輪の後につけました。横イコライザーは、5mm径の真鍮丸棒から旋盤で削り出して中心に2mmの穴を開けて、支持板に付けたピンを差し込みました。
20170511_21_07_48

組み立てるとこうなります。
20170511_12_11_23

今回は左右のフレームの組み立てにキットオリジナルのカシメ方式のスペーサーではなく、アダチのネジ止め式スペーサー(現在は絶版?)を使ったので、何度も組み立てたり分解して、イコライザーの当たりを見ることができたので便利でした。


| | Comments (0)

古典三軸タンク車(3)

しばらく電気ネタが続きましたが、車両工作もやっています。

三軸タンク車の下回りにフカひれイコライザーを組み込みました。
中央軸は上下方向のバネ可動でイコライズはしません。まだ車輪のフランジは削っていません。
20170504_14_35_50

今回軸受は、ワールド工芸の単軸台車 一段リンクのキットを利用しました。左右の取付孔の間隔はキット説明書では13mmでしたが、少し緩いようなので12.5mmにしました。

タンク鏡板に手すりの穴を開けるには円定規にはめこんで、ケガキました。
ケガくときは、紙用の両面テープで仮固定しました。
20170430_14_56_31
20170430_16_48_05


| | Comments (0)

D型蒸機にロンビックイコライザーを!

某クラブの内輪掲示板で、珊瑚の4点支持のD型蒸機のイコライザーについて、ロンビックイコライザー化したら?と煽ってしまいました。

通常の3点支持イコライザーは
Rombicvs32

ロンビックイコライザーにすると
Rombicvs31

というようになります。

二軸貨車では、一軸が固定、もう一軸が中央支持の三点支持より、ロンビックやフカひれイコライザーの方が安定するので、動輪が4軸でも三点支持よりロンビックの方が安定しそうに思います。

先従輪は、必要最小限の軸重配分にしておいた方が、牽引力が増えるので、イコライザーをかける必要はないと思います。

煽るだけで手をうごかさないのは自分の主義に反するので、罪庫品の珊瑚9600の下回りだけでも組んでみようかとも思いますが、また仕掛かりが増えそうなので・・・・
少し考え中です。


| | Comments (0)

続・アルモデルの木造ボギー客車(1) フカひれイコライザー

5年ほど放置していたアルモデルの木造ボギー客車に再度手をつけることにしました。

行き詰まっていた原因のひとつは、室内灯だったのですが、これも解決できそうな目処が立ったので、手をつける気なりました。

またフカひれイコライザーは軸距離の長い二軸車に有用でボギー車に入れる必要はないと思っていたのですが、NYさんのフカひれを装備した阪鶴鉄道の客車の安定した走りをみせていただいて、一度入れてみようと思いました。

私のイコライザーは板ではなく、以前の貨車用と同じくφ1.0真鍮線を折り曲げて作用軸・ロッドとしました
Img_0926

台車側は真鍮の小片に作用ロッドをハンダ付けしてマクラバリとしました。キット本来のマクラバリの上にワッシャを置いて、その上にこのマクラバリ置いて、台車を取り付けています。
Img_0934

作用ロッドの車体中央の軸受は、アルモデルのB3010 ドローバーを半分に切って使いました。
Img_0932

ボルスターは台車中央の丸い部分だけで保持すると不安定になるので、帯板を貼って接触面積を増やしました
(7/30追加)
Img_0942


| | Comments (0)

フカひれ工作レポート

備南鉄道の美男さんが、フカひれ工作のレポート<簡単工作『フカひれイコライザーで脱線しない2軸車両を作ろう!』キャンペーン>を書いてくださいました。
ありがとうございました。
http://www.geocities.jp/binantetudo/KOSAKUNISSHI/hukahire.htm

なおフカひれ関連リンクはここをクリックしてください。

| | Comments (0)

二軸貨車にフカひれイコライザーを組込む

「二軸貨車にフカひれイコライザーを組込む」の記事がTMS888号92-93頁に掲載されました。
ご意見、ご感想、ご質問はこの記事へのコメントでお願いします。

フカひれイコライザー関連記事へのリンクです。

私のブログの関連記事
フカヒレイコライザーの原理
続 フカひれイコライザーの原理
二軸貨車の簡易型フカひれイコライザー
ツ400に簡易フカひれイコライザーを入れました
フカひれの系譜 
だるまさんが走った(3) フカひれイコライザー
二軸貨車の簡易型フカひれイコライザー 修正補追

コンちゃんの模型日誌
Shark-fin shaped equalizer
Shark-fin shaped equalizer(2)
Shark-fin shaped equalizer(3)
Shark-fin shaped equalizer(4)
Shark-fin shaped equalizer(5)
Shark-fin shaped equalizer(6)
Shark-fin shaped equalizer(7)

TransPacific Railroad
伊藤剛さんのネジレ棒式イコライザー(1)
伊藤剛さんのネジレ棒式イコライザー(2)
伊藤剛さんのネジレ棒式イコライザー(3)
伊藤剛さんのネジレ棒式イコライザー(4)
伊藤剛さんのネジレ棒式イコライザー(5)
フカヒレ・イコライザー設計法
フカヒレ・イコライザー幾何学原理

Giants of the West
剛氏の等角逆捻り機構
等角逆捻り機構の工夫

高急モデルノート
第23回 2014鉄道模型大集合inOSAKA 2スケルトンモデルの動画あり

| | Comments (9)

二軸貨車の簡易型フカひれイコライザー 修正補追

二軸貨車の簡易型フカひれイコライザーについて、やはり模型雑誌に投稿しようと思って 原稿を書いています。それを数人の方に読んでいただいて、ご意見をうかがっています。学術雑誌でいう投稿原稿への査読を自主的におこなっていることになります。
私は左右のリンクを対称にして、リンクを車軸の中心を結ぶ中心線の両側に対称に並べていましたが、それだと厳密にいうと左右のリンクの捻り角度が違ってくるのではないかというご指摘をddx40aさんにいただきました。そこでスケルトンモデルの結節点リンクのU字型の受けをつけていない側のリンク(赤)を中心線上において、反対の受けをつけたリンク(青)を線径の分だけサイドにシフトするように修正改造しました。
20150402221458580
Fig5_3
実際は捻り角度も小さいので、実用上は左右の車軸の捻り角が大きく違うなどの支障はないと思います。これまで作ったのを修正改造する必要はないと思いますが、新らたに作られる場合は上記のように作っていただいた方がよいと思います。


| | Comments (0)