白鳥模型の15噸石炭車

白鳥模型というガレージメーカーから15噸石炭車が発売されています。

3Dプリンターで出力したレジン製の一体ものです。

20220213-21-54-31

上回りのガメアングルとかの表現は秀逸で、これを真鍮細工で作ろうと思うとうんざりするディテールです。

珊瑚模型から石炭車の真鍮バラキットが発売されていましたが、かなり組み立てが大変だというのを聞いて購入は見合わせました。特にこういう石炭車は一両では様にならないので何両も組む気にはなりませんでした。こういう製品がでるとありがたいです。

上回りのサポート材を除去するとき私の工作が雑だったのか炭庫上縁が一部割れてしまいました。今後はこういう材質扱うときには注意が必要だとおもいました。

20220213-21-40-57

下回りはあっさりしており、下面の石炭吐き出し口やブレーキシューなども省略されています。またバッファーの中心間隔が21mmもあります。(鉄道省の規格では、1/80にすると16mm弱になります)

また車輪は、カツミの10.5φが指定のようですが、軸孔が大きくガバガバです。軸受メタルを入れるべきなのかもしれませんが、軸受が台枠と一体で、レジンか硬くてこじると割れそうなのでちょっとむずかしそうで、見合わせました。

ツィッターで、石炭車のNゲージ製品を出されているのをみて、1/80は出さないのかと煽ってしまいましたので、とりあえず2両購入させていただきましたが、現状ではこれ以上増備しようという気にはなりませんでした。今後バッファー間隔とかディテールとかの改良も計画されているようですので、そのうち増備を考えようと思っています。

台枠側面のディテールなどは、3Dプリンターで出力するより、エッチング板を貼る構造にした方がキレイで簡単な気がします。

このメーカーさんは、他に1/80 佐世保鉄道20号機タイプ(鉄道省ケ702形)上回りキットなどマニアックな製品もだしておられるようなので期待しています。

☆2/17追記

「石炭車の歴史」という本によると、下図のように15噸石炭車セム1の炭庫の幅は2324mm(1/80 29mm ) 長さが5525mm(1/80  69mm)のようですが、この製品は幅が35mm 長さが76mmあるので、廣瀬さんご指摘のようにオーバースケール気味だと思います。

1_20220217124201

| | Comments (2)

模型としてみた NP F-1

昨日のブロクの ヤフオクで落札した米国NP(Northern Pacific)のF-1についてもう少し書いておきます。

おそらく日本鉄道の9300形や9400形といった米国形コンソリよりひとまわり大きいぐらいで、1/87を1/80に見立てたら同じくらいの大きさだろうと思っていたのですが、やはり実物はかなり大きかったようで、模型としてもひとまわり大きかったです。

20220121-20-46-19

金田さんの1/80図面集の9400形形式図の上にのせてみました

20220121-20-51-11

模型としては1/80の9700形と同じぐらいの大きさになるようです。

実物の形式図はこちら <ある方にSNSで教えてもらいました

この図面では、ボイラー径が1829mmで、金田さんの形式図では9700は1661mmです。模型にするとF-1は21mm(1/87) 9700形は20.8mm(1/80)なのでほぼ同じですね。実際はこれにケーシングの厚みが加わりますので、模型ではボイラーの直径は23mm弱となっているようです。

この模型の煙突上端までの高さは、51mmであり 9700形は1/80として46.5mmなので、日本の輸入古典機化するなら煙突の高さや、スチームドーム上の安全弁や汽笛を細工して、ボイラー中心車高を少し下げればなんとかまとまりそうです。

米国形は上方の建築限界がないらしいので日本の蒸機に比べて背が高いです。そこをうまく加工すれば輸入古典機に化けてくれます。

ひとつの目安としては、日本のC59やC62の煙突上端までの高さが、実物で3980mmなので、1/80 模型として50mmに押さえるのを目安としていますが、45-48mmぐらいにすると日本の輸入古典機らしいプロポーションになります。

☆1/23追記

日本の輸入米国形古典機では、キャブ側面3枚窓というのは珍しく、関西鉄道の7650形ぐらいしかないようです。また日本ではほとんどの機関車でキャブ内の火室後部のスペースがあって、機関助士Firemanもキャブ内に乗って投炭作業ができたようです。米国形でこのロコのようにキャブの後まで火室があるものも多く こういうロコでは、機関助士はテンダー側に乗って投炭作業をしたようです。模型としてはこのような形態の方がスペースに余裕があるのでモーター搭載が楽です。

 

 

 

| | Comments (0)

最近のオークションでの買い物から

最近ヤフオクで数両落札しました

20220121-22-20-38

GEM-OLYMPIAのNPのF1です。スッキリした古典機なので一目惚れしてしまいました。

20220121-22-23-38

ブラスモデルの検品票というのは初めてみました。なおこのモデル製造されたのは1964年 前回の東京オリンピックの年です。このままコレクションするか、米国型の日本型古典機改造するかはまだ決めていません。後者の場合は、煙突上端の線路面からの高さが51mmなので、2mmぐらいシャコタン改造して車高を下げればそれらしくなりそうだと思っています。

20220121-22-27-05

宮沢のBタンクも落札しました。これは小型米国形機関車のテイストに改造したいと思います。このあいだのモーガル同様にC形化も検討中です。デザイン的にはボイラー中心が高すぎるので、4-5mmぐらい下げてみようとおもいます。

この機関車の改造は、LOMさんがHPに詳述されているので参考にさせていただこうと思います。

この機関車も発売からもう50年ぐらい経っていると思われます。

こういった大昔の機関車を改造するのも楽しいですよ。これもブラスロコならではの楽しみだと思います。

 

 

 

| | Comments (0)

009 ダブルフェアリーが届きました

英国の模型店に発注した009(1/76 9mm)ダブルフェアリーが届きました。

KATO/PECOから一年ぐらい前から発売予告されていましたが、どういうわけかバックマンから突然発売されました。

20211222-22-35-11

今回は3バージョンが発売されていますが、私は緑色の近年のタイプを選びました。

走行は非常にスムースです、2.5-3Vぐらいからゆっくり走り出します

またZimoのDCCサウンドデコーダー搭載済バージョンも発売されていますが、私の009の他のロコにはDCCサウンド積んでいないのと懐具合からサウンドなしバージョンにしました。なおこの製品もnext18コネクタのdccサウンドデコーダーの搭載は可能な仕様となっています。

20211222-20-51-41

PECOのダブルボギー客車をつないでみましたが、このロコはかなり小さいです。

2月にKATOからPrinceが発売されるようなので、それも購入すれば気分はウェールズ・ポーツマドックですね

そういえばバックウッズのLindaのキットも罪庫してました。

Festiniog鉄道のダブルフェアリーについてはこの本が詳しいです。

Fairlie Locomotives of North Wales 

ISBN-10 ‏ : ‎ 090184814X

ISBN-13 ‏ : ‎ 978-0901848147

☆2022/1/9追記

この本、現在Festiniog鉄道のオンラインショップで、£24(約3800円)でセール中のようです。とはいっても送料が¥1000-2000ぐらいかかると思います。

https://festrail.mybigcommerce.com/fairlie-locomotives-of-north-wales/

| | Comments (0)

NWSLの小径車輪

8.5φぐらいの小径車輪が必要になって、米国NWSL社から車輪を取り寄せてみました。

20210720-0-26-32

 今回はHOn30とHOmで使う予定なので、実物径2628インチ(8.2mm)と30インチ(8.8mm)のコード88車輪を購入しました。このくらいの小径車輪は、だるまやさんが廃業した後は日本では入手困難になっていたと思います。
製品のラインナップとしては、24インチから36インチぐらいまで、2-3インチごとにバリエーションがあるようです。通常のHO用のコード110の車輪やP87規格のコード64の車輪も発売されています。
なおこの製品は、車軸がインチ系の寸法ではなく、2.0φなので使いやすいです。車軸を自作するにしても材料が入手しやすいし、イモンギアなどの既製のギアボックスに組み込むにしても車軸がそのまま使えます。
価格は4本で約$16なので、一本あたり¥450とそんなに高くはないですが、送料が2個で$19かかったのでそれなりの単価となりました。

| | Comments (0)

真鍮ブッシュ

スペーサーやワッシャやブッシュなどの専門メーカーである廣杉計器から切削品の真鍮製ブッシュが発売されました。

20200709-10-28-41

Photo_20200709104001

https://hirosugi.co.jp/products/B/B0000-0000TC.html

HO/16番サイズに使えそうなのは最小のB2030-5815TCです。

旋盤で挽けばよいようなパーツですが、数が要るときやチャック付け替えたりしないといけないときは、面倒なのでこういうパーツをストックしておくと便利です。・・・といって罪庫が増えるのでしょうか 1個20円なのでコスパはよいと思います。

あとポリスライダー製のプラワッシャで、エコーやイモンからこのメーカーのと同等品が発売されていますが、直接注文だと模型屋さんのラインナップにない0.13tのワッシャがあり、軸受ガタの微調整に便利です。

真鍮ブッシュの使用例です。ボギー台車のマクラバリ止めの段付きビスの代わりに使えます。

20200709-13-56-54

| | Comments (0)

ROUNDHOUSEのコンソリ(2-8-0)

ROUNDHOUSEは昔はキットなども出していた米国のメーカーですが、今はアサーン傘下のひとつのブランドとなり、中国製造完成品のラインナップとなっています。 ディーゼル機などが主体ですが、スライドバルブの古典機?も発売していました。モーガルは買ったのですが、コンソリは買いそびれてしまいました。3年ぐらい前から再生産のアナウンスはずっと出ているのですが、生産は延期になったままでした。

先日ヤフオクで中古が一万円ででていたので、待ちくたびれていたせいか、ついポチってしまいました。 予想通り金田さんの1/80図面集にのせてもみると9200-9500あたりと全体の大きさは同じです。 煙突とドームの高さを低くして塗り替えてやれば、輸入された日本型古典機9450形?あたりに化けそうです。

20190427-20-39-20_2

ライトは大きい油灯タイプがついていますが、なぜ発電機がついているの?というのは大目に見たほうがよいような模型製品です。

 

| | Comments (2)

9600テンダ−台枠 ニワモケイの新製品

ニワモケイさんは、残品をネットで売られているだけかと思っていたら、新製品も出されているようです。
その第一弾として発売されたらしい9600形用テンダー台枠をヤフオクで落札購入しました。
この製品で特筆すべきは開口部周囲の肉厚が落としてあることです。ドロップ製の台枠も味があって良いのですが、肉が厚いので、自分で組むときはフライスで厚みを薄くして使っていました。この製品は開口部が薄くなっているのでその厚みが気になりません。ただし、実物の厚みの縮尺ではこの薄さで良いのでしょうが、模型としてはもう少し厚い方が感じがよい思います。また開口部以外の縁は厚いままなので、片手落ちだと思います。その辺もテーパーつけるなどして厚みが薄く見えるようにして欲しかったです。
ただ最近キットによくあるエッチング板にロストパーツを貼ったのとは違って、重厚感はあると思います。
なお原型ははやりの3Dプリントではなく、職人さんが作っているような感じです。
20190323-14-58-43
20190323-15-18-14
それにしてもココログ リニューアルしてから使いにくくなりましたね。

| | Comments (1)

日曜日はおおさか鉄道模型バザールへ出かけました

会場では、トーマモデルワークスのコッペルを買いました。
HO(1/87) と 1/80の中間ぐらいの縮尺らしいです。
帰宅後 1/80猫屋線の客車とつないでみましたが、バランスのとれた大きさです。
20190122_1_10_53

アルモデルさんの軽便Dタンクも現物見せてもらいましたが、もとの設計が1/87で、1/80の車両と共存させるには少し小さいので、今回はパスしました。

私の鉄道は、米国型以外のナローは1/80-1/76にしています。

あとのぞみ工芸さんで、金属と紙が接着できるという接着剤を買いました。

20190122_1_13_37
新製品のオハ31系客車も拝見しましたが、側板は二段エッチングで帯板ときれいなリベットが出ていました。
ペーパー車体の打ち出し?リベットとはひと味違う印象を受けました。
窓枠はペーパーなので、二枚重ねにしても重量が増加しないのがよいですね。
この接着剤のおかげで金属と紙のハイブリッド構造?にできたといわれてました。
接着剤が進化すると 紙と金属の混成モデルがもっと増えるのかもしれません。


| | Comments (0)

英国から荷物が届きました

奥さんにクリスマスプレゼントで買ってもらいました。
Gwr
英国グレートウェスタン鉄道のサドルタンクです。
OOスケール(1/76)なので少し大振りですが、格好がよいです。
よく走ります。これで95£(送料別、一万四千円)なので、コスパはよいです。
1030形原型よりはひとまわり大きいですね。動輪径は約14mmです。
金田さんの1/80形式図の上に置いてみました。
20181203_22_03_31

先日日車の20tを塗りましたが、サイドタンクとキャブに塗ったタミヤのNATOグリーンと この機関車のGWRグリーンは色あいが似ていました。
20181202_23_10_18

DCC端子はついていますが、現時点ではDCC化やサウンド搭載は未定です。

またこの製品は、デンマークのヘルヤンブランドなので、カプラーポケットが英国規格ではなく、MEM規格です。
というわけでケーディーの欧州型用カプラーがそのまま使えるのがよいですが、見た目は少し不○工です。
20181203_22_36_51


| | Comments (0)