KKC作品展まであと7日

展示会まであと7日になりました。今回は下記の7両を持っていくことにしました。

ブース(机上)で、展示車両のデモンストレーション往復自動運転をおこないます。

フカひれイコライザーのスケルトンモデルも展示します。

Photo

| | Comments (0)

ダブルクリックで拡大ポップアップさせる方法

今回ココログのリニューアルで「ダブルクリックで拡大ポップアップしない」仕様になってしまいましたが、

備南鉄道さんに、庶茂内・雑記のコメントとして天ヶ谷さとしさんが解決法を書いておられるのを教えていただきました。

<a class="mb" href=”http://○○○.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/○○○.jpg">というおまじないを、画像リンク部分の前に 通常エディタモードで書き込めば、これまでと同じようにダブルクリックで画像が拡大するようです。

昨日のS88-Detectorを組むの記事はダブルクリックで拡大ポップアップするように、ソースコードを 通常エディタモードで改変しましたが、いちいちソースコードを書き直すのは面倒ですね

なにか楽な方法はないでしょうか?

追記(4/2)

<a class="mb" href="http://○○○.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/">

を日本語変換に短縮単語として登録すると楽になりました。

| | Comments (1)

最近の工具注文事情など

 先日 某大ベテランモデラーの方から電話あり、最近工具屋が廃業してしまったので、モノタロウから工具を買っているが、取扱品品目が多すぎて、なかなか欲しいものが注文できないので困っているといわれました。私はどうしているかと聞かれたので、ネットで検索していますと答えましたが、その方はネットは使われないのでモノタロウの膨大なカタログから探されているとのことでした。
そういえば、数年前まで年に一度モノタロウから小さくはない段ボール一箱分のカタログが送られてきていましたが、処分に困るので送るのは止めてもらっていたのを思い出しました。
 その方曰く、昔は工具店に電話して、こういう用途のものが欲しいといえば店員の方から提案があって、すぐ希望の工具が手に入ったので便利だったといわれます。モノタロウだと品番を知らせるとすぐ送ってきますが、そういうファジー(曖昧)な注文を受けてくれる窓口はないし、受付担当者も商品知識がないので、こちらで調べてから注文しないといけないシステムです。
 鉄道模型店でも、昔は店主や店員が自分で工作する人が多かったので、同様にこちらの希望をいえば、いろいろパーツやキット出してくれるのが普通でしたが、そういう対応をしてくれる模型店も少なくなってしまったようです。ただ昔はそういう関係になる?まで店に通わないと相手にしてくれなかった店も多かったですが・・・
 いまだと全領域でそういう対応をしてくれるのは、エコーモデルぐらいでしょうか。モノタロウと同じとはいいませんが、イ○ンの通販が同じような感じで、同社のホームページでネット検索できれば便利に使えますが、こちらはペーパーメディアとしてのカタログもないので、ネット使わない方は使えないとおもいます。まあ模型業界は業者さんも弱小ですし、少量多品種生産なので、エコーモデルでもRMmodelsのMOOKがでるまでは十年以上カタログがなかったという事情もあります。
 とはいっても工具でも模型でもネット通販は24時間受付なので、夜中に工作していてほしいものが出てきたら、翌日の昼までまたずにすぐ注文・支払できるというのは最大のメリットなので、悪いことばかりではないのですが・・・


 先日も旧友のN君と話していてたら、最近は模型店にいってもおもしろくない。全く模型に興味がないか、すこし鉄道が好きというくらいで、一般の職業として店員になっているひとが多く、プロとはいえない。商品知識もあまりないので、こちらで調べてから店頭で注文する必要がある。営業活動として模型以外の世間話をする能力はあっても、肝心の模型のファジーな商品照会や注文は通じないという話になりました。
 またいまはどこの業界でも、注文受付は外注というのが時代の流れのようです。注文受け付けオペレーターの質も?なことが多く、某航空会社でもひどいモノです。電話でネットではできない国際線の少しややこしい旅程や運賃をとろうとするとできないといわれたときは、その場で押し問答しても仕方がないので、一旦電話を切ってクレーム窓口にメール送って、受付時の録音チェックしてもらって、希望の予約とってもらった方が時間がかからず賢明だということがわかりました。
 いまは注文受付もAI(人工頭脳)使った自動化というのが流行ですが、模型や工具のファジーな注文でもAIが受けてくれる時代は来るのでしょうか?

| | Comments (2)

今日はわんわん会で大阪へ

今日はわんわん会で大阪に行ってきました。
20190321-17-37-33
電車屋さんが多かったですが、違う分野のモデラーさん達とワイワイいいながら呑むのは楽しいです。
その中で出た話です。
スクラッチやキットを組むのも楽しいですが、昔の製品やキットを出来が悪いと罵りながらレストアするのももっと楽しいと思います。

| | Comments (2)

今夜も日乃電

神戸に用事があったので、日乃電さんにおじゃまして、9850を走らせていただきました。

 

2時間近くエンドレスをずっと走っていたので、走行性能は十分なようですが、まだDCCサウンドの調整は必要なようです。

ところで、日乃電さんは店舗移転のため、鉄道模型バーは3月5日(火)で一旦閉店で、5月中旬?より同じ板宿の市場の中の別店舗で新装開店予定だそうです。
20190303_18_20_37
この三年ほどよくお世話になった現店舗です。

本業の昆布店はバーが休業の間も営業されるそうです。 もうすぐシーズンが始まる「イカナゴのくぎ煮」を注文して帰りました。 こちらは近年は漁獲高がさがって、昔とは違ったプレミアム価格となってしまったそうです。

| | Comments (0)

久しぶりのビデオカー整備

今週末某13mmレイアウトにお邪魔するので、久しぶりにビデオカメラカーを引っ張り出しました。
搭載しているソニーのアクションカムは、撮影している画像をタブレットやスマホで見ながら録画できるのがよいです。
20190212_21_22_39
作った最初は面白がって使っていましたが、最近はほとんど使っていませんでした。動画ファイルのタイムレコード見ると2年近く撮影していないようです。
13mmゲージの台車も用意していますが、16.5mmの台車とちがって車輪のバックゲージが狭く、カプラーポケットと当たるので小半径のケーブは曲がれません。

20190212_21_26_0620190212_21_23_17
大阪の十三クラブの組立レイアウトはなんとかパスしましたが、念のため不○工ですが飛び出す位置のカプラー受けをつくりました。これならきついカーブでも車輪とカプラーポケットが当たらず曲がれると思います。
20190212_21_32_12_1

20190212_21_34_52


| | Comments (0)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

年末バタバタしていたら一年の総括記事を書く時間もなく年が明けてしまいました。
昨年は、例年通り仕掛かり品一掃を目標にしていましたが、あまり塗り完成はせず、かえって仕掛かり品を増やした結果となりました。

本年も仕掛かり品一掃を目標にしますが、元号が変わる年であり、参加しているクラブの競作お題が「1」に決まったこともあり、ある一号機のキットを組み始めることにしました。

| | Comments (0)

神戸NGJ集会に行ってきました

神戸で開催されたNGJ集会に参加してきました。
NTさんのレイアウト上で、RHENEASを撮影しました。
20181021_16_12_54
20181021_16_11_01
非公開の集会ですが、撮影とブログ掲載はNTさんのご承諾はいただいております。


| | Comments (0)

ペショ・ブルドン式機関車の模型

先週末上京したとき。コンさんが動態修復されたペショを見せていただきました。
20181014_13_33_16
軽便祭は台風襲来で行けなかったので、その会場で拝見できず残念におもっていましたが、実際に動くのを見せていただき感動しました。
動画を見るにはここをクリック
ディティール云々というより、モデルとしてのプロポーション、原作者の東原さんの設計センスのよさに感動しました。

| | Comments (2)

今日から関西合運

今日から関西合運です。
wifi throttle と コンパクト?DCCコントローラーは持参します。
日曜日はHOJCの部屋にいますので、ご覧になりたい方あれば、声をかけてください。

※9/23 追記
いろいろな方とお話しできて楽しかったです。ありがとうございました。
またDCCコントローラーも実際走らせてみると バグが見つかりましたので、帰宅後早速修正しました。
おっちゃんらには、リアルツマミのwifi throttle好評でしたが、若い人にはタブレットの画面での操作は違和感ないといわれて、世代の差を感じました。

坂本衛さんにお会いして、最新作のC51拝見しました。昔TMSで拝見した頃のままの作風でしたが、ネジ止めなしで上下分解できる構造とか、瞬間接着剤つかった絶縁とか、新しいアイデアもたくさん盛り込まれていました。


| | Comments (0)

より以前の記事一覧