謹賀新年 旧年中には8450は完成せず

あけましておめでとうございます。
年開け早々 ネガティブな報告で恐縮です。

20210101-22-55-35

旧年中の完成を目指した8450ですが、KKC共作の11月の締切までに一時塗装までにこぎ着けたのですが、細部仕上げまでは手が回りませんでした。その後仕事や雑事に追われて時間がとれなかったのと、年末に日昇工業のコッペルキットという難物キットに浮気したので、昨日今日で少し色入れできた状態で年越しです。

細部仕上げの段階で、サンドームの砂撒き管がとれてしまったので、塗装したまま修復を試みましたが上手くいかず。サンドドームだけ塗装剥離しました。ハンダ付けがしっかりできていなかったのが破損の原因のようで、もう一度ロストパーツの元栓の砂撒き管取付穴をドリルで少し深く掘って、銀入りハンダを使ってハンダ付けをやり直しました。なおハンダ付けは、コテを使うより、バーナーの炎を絞って、元栓のロストパーツを局所的に、砂撒き管の真鍮線が鈍るくらい加熱した方がよいようです。もちろん再塗装します。

また共作締切対策で突貫工事をおこなったので、一部キニイラナイ箇所があり 一部作り直すかもしれません。

何とかこの正月休み中には仕上げだけでも済ませたいです。その後、もう少し直流でよく走るのを確かめてから、DCCサウンドデコーダーを搭載します。Tsunami2を載せる予定です。

なおこの写真は従来のiphone7のカメラです。TG6の焦点深度合成機能では、この写真のようなヒカリモノがあって被写体の輝度の差が大きい場合はうまく焦点深度合成できないようです。設定を上手く変えれば、綺麗に合成できるのかもしれませんが、今後の課題です。真鍮色一色の未塗装車体では全く問題なく綺麗に焦点深度合成できます。

本年の計画は、仕掛かり品の完成を目指すのが第一です。120形は京阪神官鉄開通時タイプの客車をつけて編成として塗装完成させたいと思います。あと宮沢Bテンダー改造フリーランス・モーガルの完成を目指しますが、一旦KKC共作でリタイアした オーストラリア・タスマニアのピーコック製モーガルも 最近ツイッターで鮮明な保存機の写真をみて、今年の11月まで共作締切が延長になったこともあり、再開するかという気になっています。

計画してたコンソリプロジェクト 9600と9500、フリーランス英国型サイドタンク付きテンダーは先送り延期です。

また昨年はコロナ禍のため表稼業の収入が減少し、食う困るまでにかならなかったのですが、模型を買う小遣いがなくなったので、終活というには早いのですが、罪庫不要品の整理・売却を始めました。手をつけてみると走らさない模型や組まないキット、使わないパーツ 読まない本・雑誌類がかなりあったので、本年も継続して整理して行こうと思います。

本年もよろしくお願いします。 

| | Comments (0)

雉子鳴駅探訪

神戸の日乃電にお邪魔して、展示されている宮下洋一さんが作られた雉子鳴駅セクションに、拙鉄のCタンク(汽車会社20t エコーモデルキット組立)を乗り入れさせていただきました。このセクションのオーナーのOさんと日乃電店主の岸さんにはご快諾いただきありがとうございました。

20201212-18-59-07

 

20201212-19-00-17

 

20201212-18-58-36

 

20201212-18-53-16

 

20201212-19-00-27

帰宅してよくみるとデッキ上のつかみ棒が曲がっていました。お見苦しいところをお見せしてもうしわけありません。

また今回はiphoneで撮影しましたが、やはり焦点深度合成機能を持ったデジカメが欲しくなりました。

 

| | Comments (0)

今夜は日乃電

20201003-21-31-56

今夜は日乃電にお邪魔して、Uさんと古典機談義してきました。
今年は東西両合運をはじめクラブの運転会とそれに伴う大人数での呑み会は軒並み中止ですし、小人数で集まって話しする機会は貴重ですね。

運動不足の機関車達を小一時間ずつ運動させてきました。自宅にも早くレイアウトという名の運動場を作ってやる必要を痛感しました。

20201003-22-43-42

帰りは500系こだまで新神戸から終点まで一両貸し切り状態でした。貸し切りでもずっとマスクしてましたょ😃😃😃





| | Comments (0)

模型体力

同じクラブのUYさんに教えていただいたミリタリーモデル系の雑誌の対談記事に「模型体力」という言葉が出ていました。模型を作るための気力と体力という意味のようです。
若いときは模型体力があるので、真面目にきっちり試行錯誤しながら作っているが、中高年になると模型体力が落ちてしまうが、工作の要領や手の抜き方を体得しているのでそれなりに模型が作れるということのようです。その記事の中では若い世代と同じような作り込みをしようとすると負けてしまうので、考えて作らないと若い世代の作品に見劣りしないようなものはできないという話になっていました。

自分や同世代の友人はもう後者の世代に入っているので、若いときは徹夜してでも模型をがむしゃらに作っていたがもうそういうことはできないなということになりました。

そういえば昨年のJAMでもS君が初日に私のナローマレーの模型をみてその夜から工作に着手して、最終日の3日目にはカタチになって持ってきていましたね。2ヶ月後の軽便祭では塗装まで完了していたのには驚きました。自分にもそういう時代があったのだと懐かしく思いました。

| | Comments (2)

外貨デビットカードでのPaypal払

米国の通販のPaypal経由の支払に、今回ははじめてSMBCプレスティアのマルチマネーデビットカードを使ってみました。

Paypalは、支払相手業者にクレジットカード番号を知らせる必要がないのがよいですが、そのまま円決済すると、Paypalの決済手数料が3-4%で高いようです。外貨建てでクレジットカード決済することも可能ですが、それでも手数料が2%以上かかってしまいます。マルチマネープリペイドカードだと支払手数料はゼロで、外貨預金口座から支払えます。もちろん日本円口座から外貨預金口座に振り替るときには為替手数料が必要ですが、1$あたり1円なので1%以下で、レートのよいときに振り替えられます。今回は少額の買い物なので、安くなったといっても数十円ですが、少しお得でした。

 

 

| | Comments (0)

日乃電にいってきました

今日は神戸方面に用事があったので、今週から新装開店された 神戸・板宿の鉄模バー日乃電に行ってきました。

20200216-19-35-06

阪神電車の喫茶店といわれた880形電車の貫通路扉を模した入口から店内に入ります。

新店舗に移転されてから、レイアウトが少し大きくなったそうです。エンドレスも一周増設されていました。

今日は、日車20tcタンク速度測定車を持参して、2時間ほど連続で走らせていただきましたが、問題なく走行して一応耐久性があるのが判明しました。日車cタンクも、スケールスピードが8km/hぐらいでもスムーズに走行しました。

といっても店主ご夫妻との話に夢中で走行写真撮るのを忘れました。

店主に撮っていただいた動画は下記リンクからごらんください

https://www.facebook.com/100013080695022/videos/862894484156567/

 

またお邪魔しようと思います。

 

| | Comments (1)

TMS作品展

現在モデルスイモン渋谷店で、TMS作品展が1/16-22におこなわれました。拙作の7000形も展示されました。私は残念ながら行けませんでしたが、亀坂さんが写真撮って送ってくださいました。

82964587_468703520713577_918262889475316

| | Comments (0)

使い慣れた道具

今月の15日で、ウィンドウズ7の延長サポートが終了するので、この正月休みに仕事場のパソコンのOSとMSOfficeの入替しました。ソフトのインストールも大変でしたが、その作業より、実際仕事が始まってからの方が大変です。

やはり手勝手が違うので、同じ作業をするのでも操作を一瞬考えるので手が止まるので、時間が長くかかりストレスになります。

また細かい部分で不具合が多く出るので、自分で書いた部分はプログラムの修正したり、使えなくなった小物プログラムがでるのでその代用となる道具をさがしたり、溜息が出ます。

ただまたこの環境が手に馴染んでしまえば、こういうことは忘れてしまうのでしょう・・

手に馴れていてもデジタル道具は、少なくともネットにつないでいると安心のため更新せざるをえないですが、リアル道具は壊れない限りずっと使い続けられるのがよいとつくづく感じます。

その反面同じことをもっと簡単にできる道具ができていても、そういう道具に気づかずにおなじ道具で同じ作業をつづけて時間を浪費してしまうのかもしれません。

 

| | Comments (0)

謹賀新年

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

120形(原型)は未塗装完成となりました。

20200103-11-27-45

ペルポラ1号機も98%?未塗装完成ですが、ガイドヨークがつかなくなって手が止まっています。

TMSコンペに応募した7000形は、今月のTMS作品展に出場するので、まだ手もとに戻ってきていません。

KKC競作の8450は、既製パーツ利用の下回りとテンダーは、カタチになっていますが、他の部分はまだまだです。
うさぎさんにならないように気を引き締めなければ・・・・

20200105-21-25-56

タスマニアCタンクは、テンダー台枠薄く削っただけです。

HOJCは、サンデーリバーのレールカーで参加します。

何とか一両でも競作には間に合わせたいです。

 

| | Comments (2)

中澤 寛 氏を悼む

扉の開く路面電車の製作でご高名な中澤 寛さんが、お亡くなりになったそうです。

Amtrak のEmpireBuilderに乗る米国大陸横断旅行で、帰路のシカゴの空港で倒れられたとお聞きしました。

以前からブログやフェイスブックなどのネット上ではやりとりさせていただいておりましたが、今年10月の関東合運ではじめてお話しさせていただき、また鉄模イベントでの再会をお約束したばかりでしたので、非常に驚いています。

中澤さんの作品は扉の開閉が有名ですが、走り装置にも非常に工夫があり、関東合運でもデモ用に作られた凸凹クネクネの線路の上を車輪が吸い付くようにして電車が電気的にも機械的にも安定して走っていくのを見せていただき非常に感動しました。また当日はメカを解説された写真やイラストを載せたパネルを数枚持参されており、それを見せながら解説していただけました。その中にはTMS8月号の記事で不本意にもボツになった写真も含まれていました。模型だけではなく、他の人に説明するときのプレゼンテーションの方法を教えていただいたと思います。自分もKKC作品展のときはあそこまで説明準備はしてなかったので、今後の参考とさせていただきたいと思いました。

模型の対象は違っていましたが、形態だけではなく 走る模型 メカやその理論を考えた模型を作っておられたので、お話しを聞かせていただくのが楽しかったです。

ご冥福をお祈りします。

 

| | Comments (0)

より以前の記事一覧