3年ぶりの東京

コロナの波の間をぬって、先週末3年ぶりに上京してきました。

今回は、宮下さんの展覧会をみるのが主目的です。

土曜日は羽田から巣鴨のさかつうに直行

20220326-16-36-39 

雑誌や本の写真では何度も拝見していますが、やはり本物は違います。

軌道線の線路のカーブがなんとも堪りません。

20220326-16-28-28

落ちついた色調がなんともいえないです。

20220326-16-36-49

20220326-16-46-10

PEミーティングで触発されたといわれるアメリカンな風景

20220326-16-18-53

いま大変なことになっているウクライナのメーカーのキットを組まれた電車と家屋

1/35とのことです。

展示会場のさかつうでは、松本謙一さんにお目にかかりました。

天賞堂のCタンクは、最初の製品と二次製品があり、最初の方がスリムで格好がよかったというお話しをうかがいました。途中で型が変わっていたとは知りませんでした。

 

日曜日はメディカルアートさんにお邪魔して、少し散在してきました。

20220328-22-34-11

この機関車のプロトタイプは150年前生まれ、ちょうど日本の鉄道の開通と同じ頃製造されたそうです。

美しいライニングが入っていますし、低速から非常によく走ります。

20220328-22-38-08

こちらは改造用として購入

私の中でのこれまでのホーンビー製品のイメージが払拭されました。

そのあと 方南町の珊瑚パーツに寄ったら、ちょうどRailClassicの松本社長が来ておられて、先日組んだ貨車の事についていろいろお話ししてきました。

よい週末でした。

 

| | Comments (0)

つぼみ堂の自由型B型蒸機

昨年ヤフオクで落札した つぼみ堂のBテンダーを引っ張り出してきました。

20220106-23-16-51

オリジナルではちょっとテンダーが短いように思いましたので、宮沢Bテンダーのテンダーつないでみました。

20220106-23-17-23

テンダーをもう少し小径の車輪に交換して、腰を低くしてやれば似合いそうです。これもダブルボギー化すればもっと格好良くなるかもしれないです。

20220106-23-17-55

つぼみ堂のBテンダーのテンダーを、Bタンクと組み合わせると、こちらの方がよく似合うと思います。

BタンクとBテンダーでは台枠の後の形が違うので印象かわりますね。

フリーランスの車両を引っ張り出してきて、あれこれ組み合わせて妄想してみるのは楽しいですね、時間がすぐ経ってしまいます。

 

| | Comments (0)

2022年

新年あけましておめでとうございます。

本年も本ブログをよろしくお願いします。

今年の製作目標はやはり仕掛かり品の整理ということになります。

とはいっても年末から着手したマン島の機関車は可動化できた時点で正月休みは終わってしまいました。

組立途中はいうに及ばず、未塗装仕掛かりが数両、一応塗装したが最終仕上げ(銘板貼付、ウェザリング)待ち数両といったところです。

また昨年は夏場の天候不順のため塗装未了でTMSコンペ応募を見送ったものがありますが、応募を諦めて製作期限がなくなるとキニイラナイ病が急性再増悪して手がとまっています。

今年の計画は、かねてから懸案の南オーストラリア鉄道のピーコック製モーガルYクラスに着手したいと思います。ボスニア・ヘルゴツェビナのラック式機関車はそのあとにします。来年以降になると思いますが、できればザルツブルグに行って静態保存されている実機をみてからにしたいと思っています。早くCOVID19が収束して、また外国に自由に旅行できるようになるといいですね。

とかいっていると、最近写真をみつけた、満鉄工場がつくったベトナム向けのメーターゲージのテンホイラーに一目惚れしました。これもいずれ模型化したい機関車です。

コントロール機器 電気・電子関係は、手持ちロコのサウンドシステムの統一は諦めたので、DCC(サウンドデコーダー搭載)、PFM/SL1(高周波信号電流による動輪回転検知)、KATOSoundbox(BEMFによる回転数検知)の3方式併用で、それなりの環境構築をめざそうと思います。

ひきつづきご愛読、コメントよろしくお願いします。記事内容が不明ときはご遠慮なくコメントでご質問ください。

また最近はブログにまとめる前に、ツィッターでもつぶやいておりますので、そちらの方もご覧ください。

 

| | Comments (0)

昨夜は日乃電

昨夜は、ミヤザワBテンダーベースのフリーモーガルピッツバーグ1350形タイプCタンクを持って、神戸・板宿の日乃電にお邪魔して、走らせてきました。また畏友Uさんと汽車トークを楽しみました。

いつもあそこで吞んでしまうと自分の持ち込んだ車両の走行を写真に撮るのを忘れてしまいます。ということでfacebookへの店主さんの投稿ごらんください。

20211205-11-28-43

 

1350形タイプCタンクは2時間以上好調に走っていましたが、フリーモーガルは最初は好調でしたが、1時間ぐらいで動かなくなりでリタイヤしてしまいました。昨夜帰宅後みたときは原因不明でしたが、今夜帰宅後分解調整したら、結局テンダー内のデコーダーの位置がずれてきて、テンダー内側に当たってショートしていました。デコーダー焼損は免れました。とりあえずマスキングテープを当たる場所に貼って応急処置したら快調に走るようになりました。塗装後にきっちり絶縁処置しようと思っています。


 

| | Comments (0)

今年のTMSコンペはリタイア

20210908-22-01-37

TMSコンペ締切まで半月となりました。この写真の状態まではできたのですが、色を塗ってウェザリングする時間が取れそうにないので、今回は参加断念します。今年の夏は天気が悪かったので、塗るタイミングを逸してしまいました。無理すれば塗れないことはなかったのですが、特に英国型は天気のよい日に太陽光の下で塗りたいので、強行突破は止めることにしました。

 

| | Comments (0)

素材の通販について

これだけ画面上でポチるだけで、何でも自宅に届く時代になっても、困るのが工作素材の通販です。

先日も2mmの快削真鍮棒が欲しくて、ググってみるとM太郎で、1mのものが¥198円で売っているのですが、基本送料¥500に加えて特別送料が¥500かかるそうで、送料が¥1000もかかってしまうことになります。ご存じのように¥3500以上買えば基本送料はタダになるのですが、それでも品物の値段の数倍の送料を払うのには抵抗があります。またM太郎では異径の丸棒を組み合わせて買っても、注文コードが違えばそれごとに¥500かかるそうです。同じ直径の棒を何メーターも要らないので、M太郎で買うのは止めました。なおM太郎の価格は一般消費者向けではなく業者向けなので税別表記です。

ところが最近素材や工具も手広く扱うようになったヨドバシカメラに注文すると送料無料でした。

また真鍮板でも定尺モノを買うと確かに面積単価は安くなりますが、そのままだと梱包料が高いし、宅配便のサイズを超えるのでトラック便扱いとなり、送料も高いし、配達日時指定もできないので、結局高いものについてしまいます。鉄道模型ではどうせ小さい板に切断して使うので、定尺板頼むなら有料でもカットして、宅配便で送れるサイズにして梱包して送ってくれる業者を探すのがよいと思います。また365mm幅の板を切れる切断機持っていれば、細切れにするのは簡単ですが、それがないと大変な作業だと思います。

あと業者によっては素材表面の傷に対する認識が違うので、これも注意が必要です。M太郎で金属の棒材や角材買うと小単位で買えて安いのですが、表面に傷がついていることが多いので、旋盤などで削って皮を剥いて使う分には問題ないのですが、そのまま表面加工せずに使うつもりだと、使えないということになってしまいます。

鉄道模型店で真鍮板などの素材買うと表面に傷がつかないように梱包してあるので、面積単価は高くて安心ではあります。とはいっても素材扱っている模型店も少なくなってしまいました。

まあ目的と必要量に応じて、模型店やホームセンター、通販業者を使い分ければいいのでしょうが、それを調べるのもなかなか時間を喰う作業なので手間ですね。

 

 

 

| | Comments (2)

今夜はひのでん

緊急事態宣言も一旦解除されたので、数ヶ月ぶりに神戸の日乃電にお邪魔して、畏友Uさんと歓談してきました。

兵庫県はマンボウ適用中で、週末は酒提供が終日禁止らしいので、なんとか都合をつけて平日に行ってきました。やはり走る鉄道模型を酒の肴に飲むビールは最高です。

西大寺風コッペルワブ風緩急車をつないで、走らせましたが、一時間以上店内のエンドレスを走り続けても問題なかったので、走行性能はまず大丈夫だと思います。

動画は日乃電さんのfacebookの記事をごらんください。コッペル弁の動きが楽しいです。

Uさんと「ナロー車両の16番化というのもおもしろいですね!」という話しで盛り上がりました。

17時の開店から、19時のアルコールオーダーストップ、20時閉店までの時間が非常に短く感じました。

 

 

 

| | Comments (0)

謹賀新年 旧年中には8450は完成せず

あけましておめでとうございます。
年開け早々 ネガティブな報告で恐縮です。

20210101-22-55-35

旧年中の完成を目指した8450ですが、KKC共作の11月の締切までに一時塗装までにこぎ着けたのですが、細部仕上げまでは手が回りませんでした。その後仕事や雑事に追われて時間がとれなかったのと、年末に日昇工業のコッペルキットという難物キットに浮気したので、昨日今日で少し色入れできた状態で年越しです。

細部仕上げの段階で、サンドームの砂撒き管がとれてしまったので、塗装したまま修復を試みましたが上手くいかず。サンドドームだけ塗装剥離しました。ハンダ付けがしっかりできていなかったのが破損の原因のようで、もう一度ロストパーツの元栓の砂撒き管取付穴をドリルで少し深く掘って、銀入りハンダを使ってハンダ付けをやり直しました。なおハンダ付けは、コテを使うより、バーナーの炎を絞って、元栓のロストパーツを局所的に、砂撒き管の真鍮線が鈍るくらい加熱した方がよいようです。もちろん再塗装します。

また共作締切対策で突貫工事をおこなったので、一部キニイラナイ箇所があり 一部作り直すかもしれません。

何とかこの正月休み中には仕上げだけでも済ませたいです。その後、もう少し直流でよく走るのを確かめてから、DCCサウンドデコーダーを搭載します。Tsunami2を載せる予定です。

なおこの写真は従来のiphone7のカメラです。TG6の焦点深度合成機能では、この写真のようなヒカリモノがあって被写体の輝度の差が大きい場合はうまく焦点深度合成できないようです。設定を上手く変えれば、綺麗に合成できるのかもしれませんが、今後の課題です。真鍮色一色の未塗装車体では全く問題なく綺麗に焦点深度合成できます。

本年の計画は、仕掛かり品の完成を目指すのが第一です。120形は京阪神官鉄開通時タイプの客車をつけて編成として塗装完成させたいと思います。あと宮沢Bテンダー改造フリーランス・モーガルの完成を目指しますが、一旦KKC共作でリタイアした オーストラリア・タスマニアのピーコック製モーガルも 最近ツイッターで鮮明な保存機の写真をみて、今年の11月まで共作締切が延長になったこともあり、再開するかという気になっています。

計画してたコンソリプロジェクト 9600と9500、フリーランス英国型サイドタンク付きテンダーは先送り延期です。

また昨年はコロナ禍のため表稼業の収入が減少し、食う困るまでにかならなかったのですが、模型を買う小遣いがなくなったので、終活というには早いのですが、罪庫不要品の整理・売却を始めました。手をつけてみると走らさない模型や組まないキット、使わないパーツ 読まない本・雑誌類がかなりあったので、本年も継続して整理して行こうと思います。

本年もよろしくお願いします。 

| | Comments (0)

雉子鳴駅探訪

神戸の日乃電にお邪魔して、展示されている宮下洋一さんが作られた雉子鳴駅セクションに、拙鉄のCタンク(汽車会社20t エコーモデルキット組立)を乗り入れさせていただきました。このセクションのオーナーのOさんと日乃電店主の岸さんにはご快諾いただきありがとうございました。

20201212-18-59-07

 

20201212-19-00-17

 

20201212-18-58-36

 

20201212-18-53-16

 

20201212-19-00-27

帰宅してよくみるとデッキ上のつかみ棒が曲がっていました。お見苦しいところをお見せしてもうしわけありません。

また今回はiphoneで撮影しましたが、やはり焦点深度合成機能を持ったデジカメが欲しくなりました。

 

| | Comments (0)

今夜は日乃電

20201003-21-31-56

今夜は日乃電にお邪魔して、Uさんと古典機談義してきました。
今年は東西両合運をはじめクラブの運転会とそれに伴う大人数での呑み会は軒並み中止ですし、小人数で集まって話しする機会は貴重ですね。

運動不足の機関車達を小一時間ずつ運動させてきました。自宅にも早くレイアウトという名の運動場を作ってやる必要を痛感しました。

20201003-22-43-42

帰りは500系こだまで新神戸から終点まで一両貸し切り状態でした。貸し切りでもずっとマスクしてましたょ😃😃😃





| | Comments (0)

より以前の記事一覧