電気ハンダ付け器の電極についての考察

小型炭素棒電極を使った電気ハンダ付けを試みたことは先日報告しました。
今回試用したシャープペンシル改造の電極の欠点はとにかく、この電極が熱くなることでした。
その後 むすこたかなしさんのブログに掲載された、イギリスの4mmスケールモデルグループのオンラインミィーティングでのクリニックの低圧炭素棒ハンダ付け解説の動画を見ると、対応策が頭に浮かんできました。
この動画をみると動画の発表者の炭素棒電極は、ガウジング棒(外側に銅メッキをした炭素棒)をつかっており、炭素棒電極先端は鉛筆削りで円錐状に削っています。円錐形ではわかりにくいので、先端部の直径が半分になった段付きの棒で説明します。
同じ炭素棒でも直径が半分になれば、同じ長さの電気抵抗は断面積に反比例して4倍になるはずです。流れる電流は同じなので、断面積が半分になれば、発熱量は4倍になるはずです。ということは先端が円錐状だと先端部分での発熱が一番多くなるはずです。
また後方は周囲を電気抵抗の低い銅メッキでコーティングされているので、銅メッキのない部分より同じ長さの電気抵抗は低くなるので発熱量は少なくなるはずです。
シャーペン改造の電極は、直径の同じ2.0φの鉛筆芯を電極として使うので、先端部もシャーペンに近い部分も断面積は同じであり、シャーペンの支持部分でもかなり炭素棒が発熱してしまうのではないかと愚考しました。先端の口金(先端パイプ・スライダー)部分のみから炭素棒(シャーペン芯)に全電流がながれていればよいのですが、実際は後方の芯チャックからも結構電流が流れていると推測します。使っていると先端口金部分でスパークが出ているので、この部分での電気接触が完全ではないと推測します。シャーペンの構造は三菱鉛筆のHPが詳しいです(シャーペンの部品名はこのHPの用語をつかいました)。なおこのこの保持チャックもプラ製?なので熱で劣化してしまいました。
対策としてはもう少し太い炭素棒、できればガウジング棒を先端を円錐状に削って使うと良さそうです。ただガウジング棒を使うと電気抵抗が低いので、現在の4.5Vでは電圧が高すぎるかもしれず、やはりスライダックによる一次側電圧コントロールをおこなって二次側の出力を3Vぐらいにする必要があるかもしれません。

Carbon

| | Comments (2)

小型炭素棒電極を使った電気ハンダ付け

以前dda40x氏が配布された炭素棒電極を使った電気ハンダ付け器は、あまり使うことがありませんでした。というのも少し強力すぎて私のような16番/HOメインでやっているものには宝の持ち腐れとなっていました。
最近小型炭素棒電極を使った電気ハンダ付けレポートをネットでしばしば見るようになったので、私もやってみました。

電源はdda40x氏が配布されたものを使い、炭素棒電極は2.0φのシャープペンシルに電極を付けたものです。
また最低電圧の5vでも小型炭素棒電極には強力すぎるので、むすこたかなしさんのブログで見た海外旅行用用ダウントランスを使って1割降圧して4.5Vでおこないました。
結果はピンポイントで急速加熱するには良い道具だとおもいました。ただシャーペン利用の炭素棒電極がかなり熱くなるのが欠点で、プラの軸が一部溶けてノック機構がスムーズに動かなくなりました。電極についてはもう一工夫必要かと思いました。

 20210221-14-14-21

 

※2/21追記

やはり2.0φのシャープペンシルを炭素棒電極として使われているSさんは、熱をもつので中の芯ホルダーの透明樹脂パイプも真鍮パイプに交換されたそうです。私も同じ加工を考えたいと思います。

 

| | Comments (3)

焦点深度合成機能のついたカメラ

以前から欲しかった マクロ焦点合成機能のついたコンデジ オリンパスTG6を購入しました。

20201231-16-20-08

通常の撮影だと キャブより後がボケていますが

Pc200009

マクロ撮影の焦点深度合成機能を使うと キャブやテンダーはいうに及ばず、背景の雑物まではっきり映ります

Pc200008


模型撮影にはよいカメラですね

これまでブログの撮影はiPhone7を使っていましたが、今後はこのカメラを使うことになりそうです。

ただ使い勝手は模型撮影用としてはイマイチです

パソコンに画像を持ってくるためには、USBコードで接続する必要がありますが、耐候・耐水機能を謳っているため、USBコネクターカバーの開け閉めが結構面倒です。なおオリジナルではパソコンに直接wifiで画像転送はできない仕様のようです。タブレットやスマホには専用アプリでwifi転送できるようですが、いちいち経由させるのも面倒なので、メモリカードに手もとにあった旧東芝のFlashAirW-03を入れて、パソコンへ直接wifi転送できるようにしました。

追加

一応カメラとパソコンをwifi接続はできないことにオリンパスの公式見解はなっているようです。

なぜカメラのwifi転送機能は汎用のwifiファイルサーバー機能をつけるのではなく、専用アプリ作りたがるのかと思ってネット検索したら、裏技ではできるようですね.今度試してみようと思います。

| | Comments (0)

コンさんの動輪抜き

コンさんが頒布されている動輪抜ジグをわけてもらいました。鉄パイプから作られただけあってNWSLのプーラーに比べてかなり強度はあるようです。

ただ動輪のステンレス製あて板の材質がSUS304らしく、本体に埋め込まれた磁石にあまりつかないので、以前ロッド用材料としてストックしていたSUS430のステンレス板から作り直しました。こちらは磁石によくつきます。

20201123-11-18-02

 

なおSUS430のステンレス板はamazonやモノタロウから容易に入手できます

https://www.amazon.co.jp/dp/B00AJHJGVI/

https://www.monotaro.com/p/3576/7286/?t.q=sus430%20%94%C2

SUS430は、SUS304に比べてドリルや糸ノコでの加工もしやすいです。

| | Comments (0)

旋盤の切り粉飛散防止

旋盤の切り粉飛散防止には、パソコンのデータホルダーに CDケースの蓋を挟んで使っています。CDケースの蓋は透明度が高いのがよいです。傷はつきやすいですが、仕事ででる廃品利用なので、気楽に交換しています。

完全に飛散は防げないですが、少なくとも自分の顔に切り粉が飛んでくるのはガードできます。

20200930-20-49-32

| | Comments (2)

目盛付き罫引き

米国のマイクロマークのホームページを見ていたら、Metric Precision Tiny T-Ruleという目盛つき罫引きというような道具が新製品として出ていたので購入してみました。

20200127-21-59-36

0.5φの穴が0.25mmずつずらして1mm間隔で空いています。この穴に0.5φのけがき針を入れて罫引きのようにつかいます。
0.5mmのシャープペンシルを使えば紙に平行線が引けます

20200127-21-57-42

ちょっと端のアルミチャンネルが厚くて重すぎるので真鍮角棒で作り直した方がよいかもしれません。

| | Comments (0)

ホーザンの精密オイル差し

20191229-14-38-07

ホーザンの精密オイル差しのニードルとキャップが、マッハ模型のLPSオイルのボトルにそのまま装着できます。
これをつけると、ニードルの先は細い(0.3φ)ので、LPSオイル付属のディスポニードルと違ってオイルが出すぎることなく、格段に使い心地がよいです。ちょっと高いですが、おすすめの一品です。

| | Comments (3)

切断機用材料送り機

遠藤器械製の切断機につける材料送り機は、以前旋盤の複式刃物台を改造して自作したものを使っていました。
ところがddx40aさんが頒布された切断機用テーブルを装着するとそのままでは使えません。
テーブルをいちいち取り外すのも面倒なので、安価な中国製のクロステーブルを使って、あのテーブルを装着したまま使える材料送り機を作ってみました。

クロステーブルの台座を1mmアルミ板に接着し、この取付板をクランプでテーブルに固定します。
T形の取付板を上テーブルのアリ溝に角ナットとネジで固定しています。
テーブルの可動範囲は40mm弱で、これでは材料の寸法どり範囲が狭いので、T形の取付板をスライドさせてネジで固定して材料板の無駄がでないようにしました。
T形の取付板と切断する材料は、両面テープで固定しています。普通の事務用の両面テープです。工業用の強力テープではありません。
なおT形の取付板はあまり剛性がないので、切断するときは材料板を手で押さえる必要があります。
精度は薄板の帯板を切り出すのであれば、以前作った複式刃物台利用の送り機と遜色ないようです。

20191227-23-37-19

20191228-0-28-46

 

| | Comments (0)

ルーマドリルホルダーを作りました

コンさんがルーマドリルホルダーを作っておられるのをみて、私も同じようなものをつくってみました。
20190125_0_06_11
旋盤で快削材の2φ真鍮丸棒のセンターに1.0φの穴を開けました。
コンさんは、ドリルの固定を1mmの押しねじでされていましたが、私はネジを切って糸のこでスリットをいれてナットで止めるようにしました。
0.5mm以下のドリルだと締め付けトルクが弱くても空転したりはしないので、これでも大丈夫なようです。
軸のお尻にはベアリングをつけました。
細いドリルを使うとピンバイスが重くて不安定になることがありますが、これは軸が軽くて細いので使いやすいです。

| | Comments (1)

7200タイプ(4) テンダー車輪  NWSLプーラーの改造

7200形テンダー車輪の実物は711mm径なので、1/87では8.2mmぐらいになります。8.5mmのプレート車輪ならHOn3用の手持ちがありますので改軌すれば簡単ですが、やはりスポーク車輪を使いたいと思いました。
エコーモデルのCタンクキット用先輪の分売パーツで、8mm径先輪をストックしていましたのでこれを使うことにしました。タイヤの厚さは2.4mm弱ありますが、そのまま使いました。
テンダー台車は1/80のためすこし大振りですが、珊瑚から発売されていた7200形用テンダー台車のロストパーツを使うことにしました。

20180518_1_02_3020180518_1_14_37

この車輪は両絶ですが、輪心に圧入されている絶縁ブッシュを抜くと軸孔径が2mmです。車軸も2mm径だったので、片方のみ段付きの細い部分を2.3mm旋盤でコレットチャックにくわえて削りました。削った側に絶縁車輪を嵌めて、反対側はそのまま絶縁ブッシュを抜いた車輪を車軸に圧入しました。
なお今回バックゲージは、10.5mmとしました。
車軸の長さは19.6mmあったので、片側0.3mmずつ削って19mmにしましした。

20180518_1_04_51
なお今回の作業には、NWSL社の車軸抜きpullerを使いました。
この道具、V字型に切り込みが入った板が動くので扱いにくいことがありますが、底面に磁石を貼ったらこの板が磁力で仮固定されて扱いやすかったです。ただもう少し吸着度が欲しいので、孔を開けて円筒形のネオジウム磁石を埋め込んだ方が良いかもしれません。

(2018.5.20追記)
ダイソーに行ったら、ピン型のマグネットがありました。直径5mmのネオジウム磁石が内蔵されていたので取り出して使いました。糸ノコで底部のまわり数カ所に切り目をいれて万力で挟んだら本体が割れて磁石を取り出せました。
pullerの底部に5mmの孔を2つ開けて、このマグネットを押し込んでロックタイトで固定しました。
底板裏側に貼ったマグネットでは少し磁力が弱かったですが、こうやって加工するとV字型に切り込みが入った板がピッタリ貼り付いて具合がよいです。
20180520_11_32_32

押しボルトの頭の径が8mmだったので、ダイキャスト製のボリュームツマミの取付穴の径を6mmから8mmに拡げて取り付けました。HOクラスの動輪であれば、六角レンチ持ち出さなくてもこれぐらいの大きさのツマミを捻れば抜けます。これで抜けないようならボール盤で抜いた方がよいと思います。
20180520_12_10_24


| | Comments (0)