もう一度 エミニのボール盤

一年前仙台のコンさんにお世話いただいてアシナのASD305を入手したのですが、回転数が最高でも3400回転/分と遅く、小径のドリルを使うのは少し苦しいものがありました。というわけで、21歳大学生のときにバイトして買ったエミニのボール盤M型も使っていたのですが、チャックにガタがきて細いドリルがつかめなくなったり、フレがでていました。主軸は大丈夫なはずなので、チャックだけ交換すればよいというアドバイスもいただいたのですが、もう30年以上使ったのとチャック抜くのも専用の工具が必要らしく大変そうなので、新しいものに買い替えることにしました。
サカイMD1など他のメーカーの同等品も検討しましたが、やはり「信頼の日本製」ということで、同じ製品に買い替えることにしました。なおチャックは、付属している標準品よりひとクラス上のものにしようと思い、ユキワ精工のキーレスチャックLCJ1を奢りました。メーカーの榎本工業に直接コンタクトをとったところ、ボール盤はチャックなしで売ってくれましたので、別に購入したチャックを自分で取り付けました。独アルブレヒト社のチャックも検討しましたが、値段ががユキワの倍だったので今回は日本製にしました。
20161225_182348
このクラスの大きさのボール盤でも、中国製ならネットやホームセンターで一万円前後で売っていますが、主軸の振れなどを考えると品質には格段の差があるようです。私の購入した製品はミツトヨのダイヤル式インジケーターを使って実測してみるとチャックなしでもチャックをつけても主軸のフレは0.01mm強でした。(メーカーの公称値は2/100mm以下)これなら精度のよい孔開けが出来そうです。
またこの製品にした理由は音が静かなことです。音の問題がなければ、キラや日本精密などプロ用高速ボール盤のセコハンを2万円程度で入手することも可能ですが、マンション住まいで夜間の工作を考えると、うるさい機械は使いづらいものです。
なおこのボール盤の面白いのは、主軸がシリンダーの中で上下するのではなく、プーリーごとモーターも上下することです。そのためバネが強くレバーハンドルが、アシナのように軽くはないですが、それはまた好みの問題だと思います。初代はマイクロスイッチが内蔵されていてレバーを下げると回転していましたが、今回はその機能は廃されて本体にスイッチがついていました。これはやはり安全性の問題でしょうか?
今回はチャック入れると5万円を超す買い物でしたが、自分が死ぬまでは使えそうなので、決して高い買い物ではなかったと思っています。まあバラキット買って罪庫するよりはよかったと思っています。

| | Comments (6)

続 ミニサーキュラーソー 集塵装置

ミニサーキュラーソーに集塵装置をつけました。

掃除機に接続する延長ホースは、マキタのハンディークリーナー用フレキシブルホースA37568です。
サーキュラーソーのゴミ溜の蓋につけるパイプは、適当なものがなかったので、自分でt0.5真鍮板を丸めて32mm径パイプにしました。これをゴミ溜の蓋にあけた穴に嵌め込んで、セメダインスーパーXで固定しました。
20161009_12_50_24

組み立てるとこうなります。
20161010_8_48_41
改造後実際に使ってみると、ほとんど切り粉が外に散乱しないですね。ゴミ溜にも貯まらず、大半は掃除機が吸ってしまうみたいです。
最初は接続パイプ部に空気の抜け穴が要るかと思ったのですが、意外にサーキュラーソー本体に空気の抜け道となる隙間が多く、掃除機を強にしてちょうどよいくらいです。むしろ抜け道塞いだ方が、テーブルのノコ穴からの吸引が強力になってよいかな?と思うぐらいです。

あとは回転変速の電子回路つけるかどうかです。
ところでトライアックをつかった100Vのモーター制御回路ですが、こういうのは100Vの旋盤やボール盤の回転制御には向かないのでしょうか? インバーター制御と違って低速域での回転が不安定らしいという情報はあるのですが、よくわかりません。

この連休は、軽便祭と関東合運のハシゴをする予定だったのですが、事情があって自宅待機となりました。というわけで工作室の整理をしたら、工具の改造などをいろいろすることになってしまいました。


| | Comments (6)

温度調整式ハンダゴテのコテ先を改造する 続編

調子に乗って、gootの温度調整式ハンダゴテ の高蓄熱型px-401のコテ先も改造してみました。
こちらはpx-201とは違って、コテ先とカバーが一体化しているので、コテ先に5.9mm径の穴を貫通させて、そこに尻の方から中心に4.1mmの穴を掘りこんだgootのKS−100用の替えコテ先RD−68Dを挿入しました。
20161004_22_59_24

こちらはカバーと一体化したコテ先の中心に穴を貫通させる加工が結構大変でした。
やはりメッキ済みコテ先を加工して取り付けるなら、px-201の方が工作が簡単だと思いました。

| | Comments (0)

コレットチャックが旋盤の主軸から抜けなくなった

最近旋盤作業をするときは、コレットチャックを使うことが多くなりました。これを旋盤に装着するには、チャックについたMT1(モールステーパー)のシャンクを旋盤の主軸に差し込んで、主軸の反対側から引きネジで引くのですが、ちょっと強く締めすぎたら、抜けなくなりました。
ふだんは、引きネジを少し弛めて、ネジのノブをゴムハンマーで叩くとすっと抜けていたのですが、今回はびくともせず焦りました。
結局どうしようもないので、旋盤工作に精通した2名のモデラーにおうかがいを立てたところ、主軸の反対側から主軸内径に近い真鍮丸棒を入れて金槌で叩くしかないといわれましたので、意を決して少し大きめの金槌で思いきり叩いたら、抜けました。強く叩いて主軸のベアリングが壊れないかと心配しましたが、主軸のベアリングはそのくらいの衝撃には耐えるみたいです。これはあくまで個人的感想です、また機械には個体差があるかもしれません(笑)

コレットのシャンクが主軸のテーパーにきっちりはまらないと芯の出た加工できないですが、主軸内にゴミがあったまま強く嵌めたりすると抜けなくなることがあるいようです。コレット嵌める前は、ボロ布で掃除してから油を塗ってシャンク挿入するのがよいと指導されました。以前から試験管ブラシで掃除はしていたのですが、その後ボロ布でも掃除をしてから挿入するようにしました。

20161003_22_10_31


| | Comments (3)

掃除機アダプタ  ミニサーキュラーソー

以前ご紹介した 掃除機用の分別吸い取りヘッドですが、これでも吸い取り口の先が大きくて、旋盤の金属くず掃除などにはイマイチでした。サンワサプライからパソコン掃除用のアタッチメントCD−83KTNというのが出ていますが、これがちょうど分別吸い取りヘッドに装着できました。これなら旋盤の下に入り込んだ金属くずも掃除できました。
20160929_16_14_07
まあ少し高いような気もしますが、吸込み口も3種ついているし、実売価格は1000円以下(Y社なら通販で送料無料)なので、自分でホームセンター行ってあれこれ探すよりは手軽ということだと思います。

しばらくしまい込んでいた、プロンクソンのサーキュラーソーを少しさわりました。
付属の角度切りガイドの精度がイマイチで、90度にセットしても直角がでないというネットの評判なので、brass_solderさんのブログを参考にして直角切りガイドを作りました。私は+形ではなくT形としました。日本の真鍮フラットバーをまず真鍮線でカシメて、スコヤーを当てて直角を出してから半田を流しました。
20160929_16_11_16
20160929_16_11_36_2

あとテーブルの下の切りくず溜に掃除機の延長ホースを接続して集塵するように改造しようと思います。またモーターの速度調整機能もつけようかと思っています。

*追記(10/4)
この掃除機アダプタのチューブ、塩ビチューブのようですが硬くて曲がり癖がついて扱いにくいので、モノタロウで売っている外径13mm内径10mmのシリコンチューブに交換したら扱いやすくなりました。


| | Comments (1)

温度調整式ハンダゴテのコテ先を改造する さらに補追

gootのハンダゴテのコテ先には、コテ先の酸化腐食防止のために、鉄メッキが施されています。このコーティングのおかげで、水を含ませたコテ先クリーナー(耐熱スポンジ)でコテ先を拭うだけで、数年間コテ先を削ったり磨くことなく気持ちよくハンダ付けが出来ます。
2
製品ラベルより引用

ただ難点は、コテ先を自分の好きな形状に削ると鉄メッキのコーティングが剥げてしまうのでコテ先の形状を変えられないということです。ケミカルペースト(白光)やチップリフレッサー(goot)というスズとペーストを練ったコテ先復活剤?も発売されていますが、この鉄メッキコーティングに代わるモノではないようです。コーティングコテ先が酸化して黒くなったときに使うもののようです。
コテ先コーティングより、コテ先の形状が大事といわれて自分で削る方もおられますが、私はこの鉄メッキコーティングは非常に有用だと思っています。だがら今回自分の好みの形状のコーティング済み替えコテ先をつかえるようにこの改造をしました。
まあ最後は個人の工作ポリシーというか、道具の選り好みの問題となってしまいます。
工作好きの方はみなさん道具の好き嫌い激しいです。

| | Comments (4)

温度調整式ハンダゴテのコテ先を改造する 補追

前の記事でdda40xさんから「銅棒に深孔をあけるのは大変でしたでしょう。」というコメントをいただきましたが、いわれたとおり結構大変でした。
銅棒は材質が柔らかいので、かえって材料の送り加減が難しいですね。切削油をたっぷり使いながらソロソロ穴を掘っていきました。またそのまま一気に穴を開けようとしても、ML-210ではドリルが振れて鳴いてしまいます。
結局 36mmの深穴を開けるのに、10-15mmずつ掘っては少し細いドリルに交換して三段に穴を開けて、最後に4.1mm のドリルで仕上げました。具体的には3.5,3.2,3.0を使っています。
今回は中空軸の駆動部品を作るように真円の中心に穴を開けないといけないわけではないのでこれで十分でした。

またハンダゴテのヒーターは昔のアカエ以来、コテの外側にヒーターをとりつけるのがほとんどですが、熱の半分が逃げてしまう?ので効率が悪いと思います。それとも何か理由があるのでしょうか?このgootのPXシリーズは、コテの中にヒーターが入り込んでいるので、効率がよいと思います。

| | Comments (1)

温度調整式ハンダゴテのコテ先を改造する

昨年末にご報告した温度定温調整機能付きハンダゴテですが、コテ先が過熱しない、スイッチオンしてから2,3分で使用温度になり、機能的には非常によいのですが、コテ先の形が気に入りませんでした。
私は鉄道模型用としては、細長くて平べったいドライバーの先のよう形状が使いやすいと思います。
とはいってもこのコテ先は銅の上に鉄メッキしてあるので、自分の好みの形に整形すると、この鉄メッキが剥がれてしまい減らないコテ先というメリットがなくなってしまいます。 以前gootの営業さんにコンタクトをとって、10本以上なら指定した形状のコテ先は特注可だが、価格は定価の3倍以上というご返事はいただいたきましたが、その後ナシのつぶてなのと、やはりコテ先としてはかなり高価(\2,000以上)になるのでなかなか希望者があつまりません。
そこで自分で既製のコテ先を改造してみることにしました。改造ネタは、同じgootのKS-60R用の替えコテ先R-6Dです。やはり銅製の本体でコテ先は鉄メッキでコーティングされています。胴体はアルミの溶射コーティングらしいです。
20160825_220626
一番奥がPX201用のオリジナルのコテ先。真ん中がR-6Dですが長すぎるので切断しました。
オリジナルのコテ先は、先の細い部分が6mm径太い部分が7mm径ですが、R-6Dは6mm径で根元がやや細くなっているようなので、手前の外径7mm、内径6mmの真鍮パイプを被せて段付きにします。
オリジナルのコテ先は、中心部に4mm強の穴が36mmの深さで開いており、そこにヒーターがはまり込むようになっているので、R-6Dのコテ先の中心部に4.1mm径の穴を旋盤を使ってドリルで掘りました。
20160825_231521
そして元通り組み立てるとこのようになりました。
この形のコテ先の方が私は使いやすいです。 20160825_231646

なおこの改造はメーカーの仕様外の使い方なので、同じ改造をされる方は、自己責任でお願いします。この改造をしたため事故がおきても責任は負えません。
改造の結果発火したり、コテ先の温度が温度調整つまみのプリセットと一致しなくなる可能性といったリスクも予想されます。

なおオリジナルのコテ先の胴体が青いのは鉄メッキの表面が加熱されて変色したためです。
青く塗っているわけではありません。
この青がまさしく米国製機関車のボイラーなどで施される化学処理ラシアン・アイアンの色だと思います。

| | Comments (1)

ボール盤の整備

引っ越しして模型部屋が少し広くなった(5.5->9畳)のを機会に、仙台のKNさんにお世話いただいてアシナのボール盤ASD305を導入しました。町工場で長年使われていたようですが、チャックの交換のみで快調に動いています。それ以外はハンドルのグリップを交換したのと目盛のナットをクランプレバーに交換したぐらいです。
今回これにプロンクソンのフライス用クロステーブルNo.27150を装着しました。
20160204150643066
ボール盤とクロステーブルの取り付けスリットの位置があわないのでどうしようかと思いましたが、KNさんが片側のスリットで2本のボルトで取り付ければ十分といわれるのでそのようにしました。
20160204150643102

またMONOTAROで売っているマグネット付きフレキシブルライトもつけましたが、穴開け位置が明るくてはっきり見えるのでよいです。このライトにはいろいろ不満もありますがまあ¥1300ならお買い得だったと思います。
20160204150643126

いまは床の上に置いていますが、やはり台に乗せたいと思います。
これもクロステーブル上面が70cmぐらいの高さになる台がよいのでしょうか。

| | Comments (3)