8450をつくる(13)煙突座をつくる

ボールドウィンの煙突座・スカートは四角なので、他のパーツの流用はきかず、自作することになります。

今回は快削真鍮ではなく、NZさんからいただいた、C4641(ネーバル黄銅)の丸棒から挽き出しました。

20200329-18-18-45

左が今回削り出したパーツ、右は以前作成した裾曲げ治具です

20200329-18-25-58_2020032923230120200329-18-26-30

削り出したパーツを焼き鈍した後、治具にはめて丸棒を当ててプレスします

20200329-20-50-46

リベット穴開け用のジグを作ります。板にクロステーブルの送りで0.5φの孔を開けて煙突の裾のカーブに当てて折り曲げます。

20200329-21-10-05

治具の板をはんだづけして、その孔をガイドに煙突座に孔を開けます。

20200329-22-32-37

最後に0.5φ真鍮線を植え込んで、四角形に整形して、スカートの厚みを薄く削りました。

きれいなパーツができました。
ただしこのパーツ1個作るのに4時間程度かかってしまいました。

これなら5%大きくつくってロストの原型にすればよかったかしれないと思いましたが、後の祭りです。

 

 

| | Comments (2)

8450をつくる(12)キャブをつくる(2)

キャブを組んでみました。

20200322-13-55-43

実物の屋根の縁取りは複雑な形をしていますが、今回は真鍮板を曲げたもの一枚に簡略化しています。
最初t0.5真鍮板を曲げましたが薄いので、t0.8板で作り直しました。
なお屋根板の材料は非快削板を使っています。

| | Comments (0)

8450をつくる(11)ボイラーを曲げる

ボイラーは、t0.4の真鍮板(非快削)を丸めました。
煙室は下図のように二枚重ねで内筒が、t0.3の真鍮板(非快削)、外筒はリベットを打ち出したt0.2洋白板を丸めました。ボイラーは快削板より従来の真鍮板の方が弾力があって曲げやすいと思います。

20200315-15-09-59

20200315-20-21-42

煙室を二枚重ねにするのは、リベット打ち出しはt0.2の洋白板がきれいにでますが、t0.2の洋白板だけでは少し強度が弱いので二枚重ねにしています。また煙室をボイラー内に突っ込むと、ボイラーに帯板を巻いた場合は段差がつきすぎる(0.6-0.7mm)ので、ボイラー内に内筒を突っ込んで、外筒を重ねると0.4mm前後と段差がちょうどよくなります。

Unadjustednonraw_thumb_35
灰色がt0.2洋白の外筒 黄色がt0.3真鍮の内筒 赤がt0.4真鍮のボイラー
not to scale

| | Comments (0)

8450をつくる(10)キャブをつくる(1)

キャブは側板は珊瑚の8100用を利用します。キャブ後部の庇が長いので、2mmカットしました。

キャブ前後の妻板は、8450の方が8100より横幅かなり広いので、そのままでは使えません。切り継ぎも検討しましたが、結局新製しました。前妻板は、t0.2洋白板の貼り合わせ、後妻板はt0.4真鍮板から切り出しました。妻板のリベットは打ち出しにすると側板のエッチングのリベットとかなり感じが違ってしまうので、省略することにしました。

後の妻板が、珊瑚のオリジナルです。

20200308-21-45-28

| | Comments (0)

8450をつくる(9)シリンダーブロックをつくる(2)

シリンダーのケーシングをつけました。浮津さんはt0.2の燐銅板つかわれたようですが、私はt0.3の真鍮板(快削ではない普通の板)を現物合わせで曲げてはんだづけしました。煙室サドルは、別パーツで作ります。

20200305-22-10-54

 

20200305-22-10-19


| | Comments (0)

8450をつくる(8)クロスヘッドをつくる

クロスヘッドとスライドバーをつくりました。

20200227-17-52-34

t0.25洋白板から作ったクロスヘッド内板?に、上下シリンダー間隔6mmに曲げた1.0φ洋白線をはんだづけして、固定後切断しました。

20200227-19-14-05

スライドバーは一体にt1.0洋白板から削り出して、シリンダーに穴開けて差し込んではんだづけしました。
スライドバーの間のクロスヘッド外板は、浮津さんの記事のように洋白レールから削り出しました

 

| | Comments (0)

8450をつくる(7)シリンダーブロックをつくる(1)

この機関車のひとつの見せ場である、ヴォークレイン複式のシリンダーブロックを作ることにしました。

構造は、TMSの浮津さんの3360形の製作記事を参考にさせていただきました。
掲載されたのは1976年1月号331号ですから、もう44年も前の記事ですが、今でも教科書になります。

 Ukitu3360この図はTMS331号P16より引用

なお今回はシリンダー蓋はネジ止め構造にはしませんでしたが、シリンダー前後板をt1.0の真鍮板で作りましたので、2.0x1.2のパイプを押し込むとそれだけで仮組みできました
なおシリンダー蓋は真鍮丸棒から旋盤で挽き出しました。

20200211-23-25-23-1

ヴォークレイン複式では、シリンダーブロックのシリンダー付近が中央部より飛び出した構造になっていますが、簡略化して前方の見える部分のみ凹ませることにしました。

20200211-23-25-10

 

側板と煙室サドルは次回の工作です。

 

 

| | Comments (0)

8450をつくる(6)煙室戸の加工

8450のボイラー直径は、1/80で17.5mm 1/78で18mmぐらいになるようです。片野さんのスケールイラストでは19mmで描かれています。少し太めの方が力強くて感じがよいので、今回はボイラー直径18.5mm 煙室径18mmとすることにしました。ブラスモデルではボイラー内に煙室を差し込むのが通例なのでボイラーが煙室より1mm太いのがほとんどですが、ボイラーバンドを帯板で巻いたときは特に、実物に比べて太さの差がありすぎるので今回は0.5mm径の差で作ることにしました。

珊瑚の8100のキットは、実物は19mmですが少し太めで20mmで設計されています。今回は8100のパーツを利用することにしたので、旋盤で外径を19.2mm->18.4mmフランジ部分を18mm->17.6mmに削りました。

そのままチャックにくわえるわけにはいかないので、次のように加工しました。旋盤に真鍮丸棒をくわえて、煙室戸パーツの中心に空いている1.2mm径と同じ穴をあけて、煙室戸に1.2mm真鍮線を差して、ロックタイトで固定しました。

20191121-11-57-53

20191121-11-57-43

この状態で突っ切りバイトを使ってフランジ部分を削りました。

削った後はヤトイの丸棒ごと取り外して、バーナーで炙ってロックタイトを外しました。

20191123-15-08-59

珊瑚のパーツは外周のリベットの外側に余白?が多いので外径を削るとちょうど良くなります。

 

| | Comments (0)

8450をつくる(5)組立図 ヴォークレインシリンダー

先日H御大のお宅で、畏友のUさんにお会いしたときにたずねたら、やはり8450形の実物組立図をお持ちでした。ということで、そのデータをいただきましたが、これまで、見てきた図面と大差なくてほっとしました。

20191114-1-03-49

またその組立図をみていると、ヴォークレン複式のシリンダーブロックは、普通のピストンバルブの機関車と違って、低圧と高圧のシリンダーが少しシリンダーサドルより飛び出しているのがわかりました。この写真をみて、それを疑っていたのですが確信が持てました。

20191112

Classic American Locomotives: The 1909 Classic On Steam Locomotive Technologyp332より引用 ISBN 1-59008-054-4

 

| | Comments (0)

8450をつくる(4)テンダー床板

20191106-22-08-28

テンダー床板は今回は二枚貼り合わせではなく、t1.0の一枚ものに簡略化することにしました。
一軸台車も珊瑚の8100用のロストパーツです。車軸をバネで支えるようにします。前の一点はこの車軸ではなく、ドローバーピンにして、テンダーの荷重を機関車にかけるにようにします。
今回はパーツ利用なので進行早いですが、ちょっとヴォ-クレン複式シリンダーの形態で疑問が出てきて、手が止まっています。

モーターは以前ストックしてあった国産のモーターでよいのがでてきましたので、こちら使おうかと思っています。

 

| | Comments (0)