8450をつくる(43)PSCのヘッドライト

米国PSC(Precision Scale Company)社からロストパーツが届きました。

20200801-18-32-20

左端と右から2個目が今回発注したSスケールのパーツ1942と1943です。右端が同じタイプのHO用のパーツです。

煙室扉についているのが、珊瑚の5900用です。PSCのロストパーツのライトケーシングの直径が15%ぐらい大きいようです。

20200801-18-35-12

8450の煙室上においてみましたが、やはり少し大きめですね。とはいっても実物の写真ではかなり大きな印象をうけますし、排気筒のてっぺんも煙突より高いように見えます。少し台座やサイドを削って小さくすれば使えそうです。

煙突キャップが小さめになっているので、バランスが悪いようです。また下半分のカーブはよいのですが、上半分が薄くボールドウィンというよりは英国のダブスみたいなカーブになっています。もう一度大きめに作り治そうと思います。

またこういった車両の特徴となっているディテールパーツは少し大きめに作ったほうが、写真より似顔絵的になって感じがよくなる場合も多いと思いますが、大きめのディテールパーツばかりだと天こ盛り状態で食傷気味となり煩くなってしまうので、匙加減が難しいです。

8/2 追記 

台座部分など小さく削り治したらなんとか使えそうな感じになりました。

20200802-9-09-35

発電機は既製のロストパーツに適当なものがないので自作せざるをえないようです。

 

| | Comments (0)

8450をつくる(42)ブレーキ装置(続) 実物の話

8450uc

 上の写真は8350です。

  8450形の写真をみていると、キャブ下には蒸気ブレーキのシリンダーがついていますが、フロントデッキとテンダー後面には真空ブレーキホースが付いています。やはりセノハチなどの勾配区間で使用する機関車なので、真空ブレーキと蒸気ブレーキの両方を装備しているのかと思い、真空ブレーキシリンダーを写真で探してみたがよくわかりません。

 畏友クラーケンさんにうかがってみると、一両の機関車が真空ブレーキと蒸気ブレーキ2系統を持っていることはなく、この機関車は蒸気ブレーキ制動だそうです。真空ブレーキホースは、貫通管のみではなくエジェクターも持っていて、附随車の真空ブレーキ制動のためだそうです。そういえば山陽鉄道は、早い時期から真空ブレーキを装備しており、ブレーキシリンダーのない貨車にも貫通管を装備していたということを思い出しました。

 おそらく8350形あたりも同じだと思います。おなじ山陽鉄道のロコでも最初中国鉄道に入った、8380形は最初から機関車本体も真空ブレーキ制動だったようで、キャブ下に真空ブレーキシリンダーが見えます。

| | Comments (0)

模型としての割り切り構造

20200726-19-57-33

 

 

実物の米国型のキャブは、側面からの見かけ上のキャブの床板部分には椅子がのっていて、中央部分は低くなってテンダー床板と同じ高さであり、この部分に機関助手 Firemanが乗って石炭を焼べるようになっています。ところが模型では左右の床板が一体になっていた方が、強度的にも工作上も都合がよいので、キャブの床板は中央でつないで左右一体に作ることはよくあります。今回の8450形もそのように作っていますが、実物では中央の部分はありません。またこの本来のキャブ中央床板部分には機炭間ドローバーの止めねじなどがあることが多いので、むしろダミーの
床板を見かけ上のキャブ床板部分につくって、キャブ後面の開口部だけ切り欠いておいた方が模型としては都合がよいと思います。

また実物ではブレーキロッドが中央1本の機関車も多いです。今回の8450形は実物の構造はよくわからないですが、8000番台のボールドウィン製のテンダー機関車では、かつて鉄道史料40号に掲載された臼井さんのブレーキ装置の解説記事によると中央1本のものが多いので、この機関車もおそらく中央1本だと思います。ただ実物どおりに作ると ギアボックスや動輪押さえ板の止めねじに支障するので 左右2本として作っています。

走り装置を実物どおり作ったのでは、よく走る模型はできないといわますが、材料の板厚や線径だけでなく形態もそのままの構造で縮小して作ればよいというわけではないと思います。走る鉄道模型はソリッドモデルと違って、模型としての強度や工作やメンテナンスのしやすさを考えた構造がよいと私は思います。とはいっても実物の構造を調べないで、適当に作ったのでは、手抜き工事としてしか評価はされないと思います。

 

| | Comments (0)

8450をつくる(41)ブレーキ装置

ブレーキまわり、テコやロッド類を凝って作られる方も多いですが、私は簡略化して作っています。
なお第一動輪の前のブレーキシューは、スペース的に厳しいので省略しました。

20200724-21-26-38

20200724-21-28-30_20200724220201

この機関車のブレーキロッドの詳細は不明ですが、8000番台のボールドウィン製のロコは中央1本のものが多いようです。ただ模型ではギアボックスや動輪押さえ板のネジが中央にあり支障しますので、実物とは違いますが左右2本にしています。

20200724-22-52-36

 

 

車両を裏返さないと見えないディテールは、簡単につくることにしています。

それで浮いた時間と労力を例えばドームのカーブの整形など、基本的なプロポーションの仕上げに当てています。

とはいってもかのボブ・ブラウン氏のようにブレーキシューまでは省略していません。

 

| | Comments (0)

8450をつくる(40)フロントデッキのディテール

フロントデッキのディテールを追加しました。

20200713-22-24-23

バッファーは、KKC特注品のバッファーヘッドにコンさん特製のロストの胴体を組み合わせました。固定式です。
ランプ掛けはエコーのロストパーツ(尾灯掛けデッキ用)です。
ブレイス(煙室とデッキをむすぶ支え棒)の先端部はバイスで潰して、真鍮線を植え込んでいます。この真鍮線の先がデッキに開けた穴に差し込まれて位置決めズレ防止となります。

 

| | Comments (0)

8450をつくる(39)テンダーのディテール(続)

テンダー上回り前面のディテールを追加しました。

20200712-15-14-46

前面の水タンク支えステーは、後面につけたロストパーツは使わず、いつもどおりエコーモデルのブレーキ棒パーツから加工しました。

20200711-22-26-07

水タンク送水管開閉レバーは、台座の部分は段付きネジから加工しました。昔のTMSによく載っていた技法です。といっても昔はネジ込んでヤスリで頭を落としていたようですが、今回はあらかじめ旋盤で頭を削って0.5φの穴を貫通させてからねじ込んでいます。

20200712-17-23-35

 

ステップはサンゴの2400用ロストパーツを利用しました。

ステップやランプ掛けなどのロストパーツは柔らかいので曲がりやすいですが、板材や角材から作った固いパーツだと折れたり、ハンダがはずれるので、どちらがよいともいいがたいですね。

 

| | Comments (0)

8450をつくる(38)ディテール追加

20200709-18-02-38

逆転器引棒など追加しました。

ブレイスや手すりは仮付けです。

砂撒き管はやはり0.5φでしょうか?

20200710-0-50-11

 

| | Comments (0)

8450をつくる(37)テンダーのディテール

テンダー後面にディテールをつけました。
タンク受け金具とバッファー胴体は、コンさんの特注ロストをわけていただきました。今回のロコでは非常にコンさんにお世話になっています。
ランプ掛けはエコーモデルのロストパーツです。こういうロストパーツをつけると精密感が出ます。給水ハッチは、サンゴの86用挽物パーツを加工しました。

20200705-21-14-13

台枠に横梁をつけました。実物はもう少し薄いようですが、イモ付けしており強度不足になりそうなので、厚めにしてあります。二軸軸受の直前にももう一つあるのですが、前方にはステップつけるので、煩くなるかと思って見合わせています。
少しは足回りが締まって見えるでしょうか?


20200706-0-30-29

まだテンダー前方のディテールは未完です。

| | Comments (0)

8450をつくる(36)機関車のパイピング

ボイラーの給水管などのパイピングをおこないました。

20200628-20-51-38

右側面は、給水管と排気管があります。インジェクターはキャブ前方に露出しています。コンさん経由で、額縁屋さんからいただいた米国型用ロストパーツを加工してとりつけました。給水管はφ0.7 排気管はφ0.8 です。

20200628-20-50-3520200628-16-42-35

このインジェクターはキャブ内取付タイプなので、レバーを切り取り 作用ロッドをつけました。

蒸気管は布捲き感仕様ですがそのままとしました。なお蒸気管を曲げ加工するとき折ってしまいました。コンさんに2個いただいていたので、作り直しました。二個目は蒸気管の部分のみ曲げ加工前にバーナーで焼き鈍しておいたら折れませんでした。ロストパーツは同一パーツの部分でも焼きナマされて柔らかい部分と硬化して固くなっている部分があるので、折り曲げるときは要注意です。

 

20200628-20-50-01

 

左側面は給水管のみで、インジェクターは、溢水管の部分もキャブ内にあるようです。日本では8450形 8350形 7400形 などが、インジェクターは右側面はキャブ前に露出しており、左側面はキャブ内にあるようです。キャブ内の機器配置の都合でこういう変則的な配置になったと思いますが、詳細な理由は不明です。

 

20200628-14-41-35

20200628-13-27-5720200628-14-35-59

 

逆止弁はウィストジャパンのロストパーツを使いましたが、英国型用?で首の部分が長いので、米国型に使うと逆止弁がボイラーから飛び出して不格好です。以前9200の時はそのまま使いましたが、今回は首の部分を短縮加工して使ったら、逆止弁が飛び出し過ぎず格好良くなりました。左がオリジナル、右が加工後です。

 

| | Comments (0)

8450をつくる(35)煙室のディテール、丸ピン

煙室のディテールをつけました。ブレイス(煙室とフロントデッキを結ぶ棒)受けはボールドウィンによくある 丸形の3本のボルトでとめるタイプではなく 長方形の2本のボルトでとめるタイプです。クリーニングホールはウィストジャパンのロストパーツを使いました。

20200613-21-23-47

底面のシンダ排出管は、米国型ナロー煙突座とおぼしきロストパーツと自作の挽物を組合せました 。
ご存じのように米国型では通常の煙室内のシンダ掃除は煙室戸を開けておこなうのではなく、クリーニングホールを開けて、ホースを突っ込んで水で流し出しますが、その排出管です。

20200613-22-44-10

ところで、ボールドウインの機関車ではインジェクターと溢水管の接合部に球形のバルブ?管継ぎ手?がついているものが多いようです。
この球形のパーツは珊瑚の5900のキットにも挽物パーツが入っていますが少し大きすぎるようです。直径が1.5-2mmぐらいの球体が適当なように思います。ネット検索すると1.6mmφの真鍮球というのは既製品があるようですが、販売単位が大きすぎます。
そこで他に使えるものはないかネットで探していたら丸ピンというアクササリー用品を見つけました。本来はこのピンにビーズなどを差し込んでアクセサリーをつくるパーツのようです。0.6φの真鍮線の先が球状になっていて全体がメッキされています。球の直径は1.6φと2.0φがあるようです。ためしに2.0φにハンドレールノブに孔をあけるのと同じ方法で穴を開けてみました。これならインジェクターなどの球形部品の素材に使えそうです。
ネットでは自作法もでていて、真鍮線の先にロウ付け用フラックスをつけてバーナーで加熱すると、ガラスのトンボ玉のように先が球形になるとありました。しかしなかなかそろった先端径ができそうにないし、安いものなので既製品を購入しました。トンボ玉名人のKさんなら自作できるかもしれません。

20200613-22-51-52

| | Comments (0)

より以前の記事一覧