つぼみのBタンク改造(7) 動輪の可動化 三点支持

小型のB型機関車はあまり集電がよくありません。昔のようにすーっと走らせるだけならそれでよいかもしれませんが、スローを効かせてDCCサウンドを積もうということになると、集電に万全を期す必要がありますので、機関車とテンダーとも三点支持のイコライジングさせました。

イコライズしても牽引力はほとんど変わりませんが、集電はかなり改善されます。小型機こそイコライズ動輪可動化すべきです。

20220905-0-55-21

機関車本体は、第二動輪はそのままとして、第一動輪の真ん中を1.4φビスで支えます

20220904-22-27-05

動輪軸を直接支えるのではなく,t0.2真鍮板から逆U字形の軸箱をつくり、その中央をネジで支えます。逆U字形の軸箱がかかっているのはフレームの内側の部分のみです。動輪軸孔は約0.3mm上方に削って拡大しています。

20220904-22-28-46

第一動輪は下方にも可動スペースを与えるため、動輪押さえ板の第一動輪以外の部分にt0.3の真鍮板を貼って嵩上げしています。

20220910-18-39-53

テンダーは軸重も軽いので、軸を直接ネジで支えました。

なお私の勘違いで、φ8.2の車輪を使うと機関車とテンダーで床板の高さにズレがでるので、アルモデルのφ9.5プレート車輪に交換しました。ただアルモデルの製品はピボット軸しかないので、車軸が同規格だったカツミのφ10.5 プレーン車輪の車軸を抜いて、それをはめ直しました。

20220905-0-53-54

今回は機炭同極にして、機関車にもテンダーにも集電ブラシをつけるつもりです。

機関車・テンダーともイコライザー押さえネジは、床板フレームにねじを切って、さらにナットで締めることにより、ネジが緩まないようにするダブルナットのような構造にしています。

※9/8 追記

テンダー車輪の軸は鉄製(メッキ、磁石につく)なので、支点ネジは真鍮製を使っています。

| | Comments (0)

つぼみのBタンク改造(6) テンダー軸箱まわり

 20220901-22-09-432

テンダー軸箱とバネは、エコーのナローEL用767を使うことにします。

まだ仮に嵌めただけです。

バネ吊りの形態が少し気に入りませんが、これでヨシとします。

 

| | Comments (0)

つぼみのBタンク改造(5) 蒸気管をつける

つぼみのBタンクは、当時の縦型モーターを収めるためキャブの幅や長さが、かなり大きくなっています。逆にそのアンバランスさが好ましく、発売されてから50年以上経つのに人気がある秘密なのかもしれません。

とはいってもやはりボイラーが細く、煙室まわりが貧弱な印象なのは否めず、前後の重量感の視覚的バランスが悪いと思います。煙室横に単式コンプやエアータンクを置くとバランスはよくなるだろうとは思いますが、私の鉄道は真空式か蒸機ブレーキが基本なので、その選択肢はありません。あるいはそのバランス是正のために大柄なダイヤモンドスタック煙突をつけたバージョンが作られたのかもしれません。

そこで、独墺系の機関車にみられるスチームドームから太い蒸気管がシリンダーにつながっているような形態にしてみました。ナローだとクラウスなどでよくある形態ですが、鉄道省の機関車だとスチームドームから蒸気管がでているのはエスリンゲンの3900とマッファイの4500ぐらいだと思います。重量感をつけるためディフォルメして少し太めにしてみました。スチームドームにつく蒸機弁の形態はよくわからないし自作するのも面倒なので、これも彼地の機関車によくあるカバーされた形態としました。

20220824-22-34-11

蒸気弁カバーは3mm角棒から削り出し、蒸気管は非快削材のφ2.0真鍮棒をよくナマして曲げました。これでちょっと前から見た時のバランスがよくなったと自分では思っていますがいかがでしょう?

実物では 蒸気弁がスチームドーム前にある場合 蒸気弁から、スチームドーム、サンドドームを貫通してキャブまで作用ロッドが伸びていますが、それは省略しました。

サイドタンク前方のボイラー側面に給水管と逆止弁をつけようかともおもいましたが、視覚的に煩くなりそうなので、サイドタンク内側にあるという想定にして省略します。

20220825-9-57-35

| | Comments (0)

つぼみのBタンク改造(4) キャブ テンダー 改造

キャブ背面のコールバンカーを切り落として、後妻板も新製して交換しました。

前後のエンドビームも下部のステップ状の部分を切り落として、少しカーブの切り込みをいれるとかなり感じが変わるようです。

20220821-15-14-04

20220821-16-11-05

テンダーは上板を上げ底の位置に付け直しました。これで下図の秋月で仕入れたタブレット用?スピーカーとESUのDCCサウンドデコーダーが入ると思います。テンダー全体をスピーカーボックのようにすればかなりよい音が出そうです。

20220821-11-43-21

主台枠の動輪押さえ板の裏をよく見ると、つぼみ堂マークが刻印されていました。

20220821-14-31-02

| | Comments (0)

つぼみのBタンク改造(3)ロッド更新 黒メッキ車輪

この機関車にはスケールモデル用の繊細なパーツは似合わないので、t0.6洋白板から模型っぽいすこし太めのサイドロッドとメインロッドを切り出して装着しました。つぼみのロコは数両罪庫しているので、ロッド類をレーザー抜きで加工外注しようかと思って、まわりのつぼみロコオーナーに声かけしてみましたが、一緒に話に乗ってくれる方がいなかったので、自作してしまいました。

以前はサイドロッドにピン孔をあけるときは、スライドテーブルの送りを使って正確な孔間隔であけていましたが、オプティカルポンチを使ってポンチを打つようになってからは、そういう手間を掛けなくても正確な間隔で孔開けできるようになりました。最近は国内の模型店でも扱っているようなのでお勧めの工具です。

クロスヘッドは、エコーのロストパーツ1774です。ピーコックモーガルと同じく、IMONのロッドピンで止めました。なおメインロッドは、クロスヘッドのピンと第二動輪ピン中心間距離は、オリジナルは22mmですが、少し長すぎるようなので21mmにしました。

20220820-17-18-16

テンダーのオリジナル車輪はφ9.5でしたが、ロコの車輪をφ11.5からφ10.5に変更したので、床板の高さを揃えるために手持ちのボビーメートオカのφ8.2車輪に交換します。

20220820-17-22-32

この車輪は黒メッキですが、私は黒いタイヤは嫌いないので、タイヤ踏面をピッカフェルトでしばらく擦るとメッキがとれて、下地のニッケルメッキが現れました。私の経験では通電面からみるとに銀色のニッケルメッキ車輪の方が、黒メッキ車輪よりが優れていると思います。レイアウト派のモデラーさんは黒メッキか黒染の車輪お好きな方が多いようですが、いかがなものでしょうか?また少なくても車輪踏面は銀色の方が実感的だとおもうのですが・・・

昨年まで、お恥ずかしながら知らなかったのですが、真鍮素材に黒ニッケルメッキをかけるときは、いきなり黒メッキするのではなく、一旦通常の銀色ニッケルメッキをかけて、その上に黒メッキをかけるそうです。装飾品などではその黒メッキの上を研磨してつや出しするそうです。

井門さんに聞いたところでは、銀色のニッケルメッキの上に黒メッキをかけた車輪は、黒メッキが薄くなると通電に問題がでてくることがあるので、imon製品の黒メッキ車輪は、洋白の上に直接黒メッキしてあるそうです。

 

 

| | Comments (0)

つぼみのBタンク改造(2)下回りの改造

  今回のBタンク改造は、つぼみのBタンクに つぼみ堂のBテンダーのテンダーをつないで、ドイツやオーストリアのナロー蒸機のテイストに仕上げることにしました。

20220816-23-29-21

つぼみのタンクは、動輪押さえ板を長ネジでチャングル状のフテーム上面にネジ止めする構造ですが、これはコンさんの作例に倣って、15x8真鍮角材から11X16X7に加工したパーツをフレーム内に落とし込むようにしました。ウェィトと強度が増加します

20220819-19-28-33

動輪は日昇工業のφ10.5に交換します。この動輪は車軸がφ2.5で外径がφ3.0のカラー状の挽物軸箱が入っていますので、そのままφ3.0車軸の動輪のはまっていたフレームに装着できるのは便利です。

またてもとに20mm軸距のロッド式ディーゼル用ロッドがあったので、装着してたところうまくまわります。ただ形態がスケールモデル過ぎてこのロコには似合わないようです。オリジナルより細身だが自由形っぽいロッドを洋白板で自作したいと思います。

20220819-19-33-08

テンダーを裏返すとこうなります

20220816-23-28-35

床板と台枠が、銅リベットで固定されていたのではずしました。またガラ打ちの軸箱+板バネも大きすぎるし、形態もイマイチなので取り外しました。

20220816-23-38-34

台枠は幅が広すぎるので唐竹割りして、幅を狭くします。

20220819-19-30-51

軸箱は 、軸ばね吊り棒の形が気に入りませんが、エコーモデルのホワイトメタルパーツEL用軸箱767を使おうかと思います。

20220819-21-52-07

あるいはDL用軸箱768のバネと合成するかですね。下が合成画像 こちらの方が板バネも僅かに小さいです。

| | Comments (1)

つぼみのBタンク改造(1)煙突の交換

次のKKCのお題は、B型蒸機ときまったので、一次締切?中締め?が11月の総会と期間も短いので、以前から計画していたつぼみBタンクの改造に着手することにしました。

とりあえず煙突を取り替えて感じをみます。

2022811

左上 つぼみ堂オリジナル   右上 エコー中型機用パイプ煙突

右下 宮沢Bテンダー派生品  左下 エコー中型機用化粧タイプ煙突

 

今回は独墺風?に仕上げるつもりなのでやはり左下の化粧タイプ煙突でしょうか?

 

| | Comments (0)