9600 (49) 伸縮可変式機炭間ドローバー

今回の96は、急曲線を通すというのをひとつの課題にしています。

このブログで報告したように、先台車と尻棒は、飛び出す先台車と曲がる尻棒で370R曲線クリアしました。

製品付属の機炭間ドローバーを使えば、370Rも通過しますが、直線で7mm機炭間の端梁が空くので、見映えがよくありません。実物の1/80でも3mm強です。そこで機炭間ドローバーを可変式にしようと思いました。

既製品ではimonの蒸機キットに付属しているパーツの分売品がありますが。今回はいくつかの理由で採用できず、自作することにしました。

ピンがV字形の溝をスライドする方式です。復元バネは、小さなコイルバネで引っ張っています。

20240320-16-35-50

この仕掛けのおかげで直線では3.5mmでほぼスケールどおりですが、550Rでは0.8mmの間隔をとることができました。やはり370Rでは機関車とテンダーが当たってしまいますが脱線はしません。ただこれ以上カーブでの繰り出し量を増やすのはこの機構では困難です。この機関車は機炭同極にはしていないので、テンダー側に絶縁体の緩衝器つけるか塗装後テンダー前端梁に絶縁テープ貼るのが現実的な解決策かもしれません。

20240320-16-28-08

直線では3.5mmぐらいの隙間です。

20240320-16-28-24

550Rでは0.8mmぐらいです。

20240320-16-30-48

370Rでは当たってしまいます。

また今回の製作でピンがスライドする溝の形状がスムースな動作のためには大切だとわかりました。

V字形角度も45°ぐらいが限界で30°ぐらいにすると、引っかかって上手くスライドしません。

U字形にしても上手く動作しないようです。まだ実際にレイアウトなどで運転してみて検証することが必要なようです。

 

 

| | Comments (2)

9600 (48)  飛び出す先台車 逃げる可動尻棒

 先台車はカーブで先輪がシリンダー前蓋に当たるのを避けるため、カーブに入って横に振れると前にせり出す「飛び出す先台車」にしました。今回は先台車に立てたピンがV字形の溝をスライドして前にせり出す機構としました。センターピンはU字形孔に加工しました。センターネジを緩めると外れます。

20240129-23-07-45

下図はHO ユニトラック最急曲線R370での先台車の状態です。先台車が前にせり出して、シリンダー前蓋とは接触せず、先輪に押されて尻棒が外側に曲がって逃げているのがおわかりいただけるかと思います。これで欧州製品のように急カーブの通過が可能となりました。といっても機炭間ドローバーの工夫が必要となりそうです。

20240129-23-02-21

20240201-17-37-35

※画像追加 2/1 尻棒受けの根元のディテールは追加予定

動作の様子を動画で示します

もちろん尻棒が先輪に当たってもショートしないように、尻棒はシリンダーブロックからは絶縁してあります。

下図のように絶縁ブッシュを組み合わせて作った絶縁体の台座に、ネジを切った真鍮パイプを埋込接着し、それにステンレスの細いパイプ(1.2X1.0φ)の中に、頭を落した1mmネジを接着したものをネジ込んで、コイルバネで押さえています。下の図をご覧いただければ、仕掛けがおわかりいただけるかと思います。

まだ実際のスムースな走りのためには、バネの線径と長さの調整検討が必要なようです。あまりバネが強いと先台車の動きが邪魔されますし、弱いと尻棒が頭を垂れてしまいます。

 

Photo_20240201174901

Not to Scale ※2/1 一部修正 下図追加

2_20240201180101

上から見た図です。シリンダー前蓋の尻棒が貫通している孔は外側に漏斗形に長孔にしています。先輪が内側から接触すると外側に逃げます。なおフロントデッキのステップに尻棒のお尻が当たるのを避けるため少し尻棒は短めにしています。

IMONの最近のHOJ蒸機製品(9600など)のように、シリンダー前蓋全体をシリンダーブロックから絶縁した方が、先輪と前蓋が当たってもショートしないし、可動尻棒の構造が簡単になったかもしれません。

 

| | Comments (2)

9600(47)前部カプラー

9600の前部カプラーですが、下の写真のような格好にしました。最初はロスト製の先台車を少し加工して、欧州型用ケディーカプラーを突っ込んでいたのですが、カプラーの高さや位置に問題があるので、真鍮帯板で取付アダプターを作って位置を調整しました。自連形カプラーとピンリンクカプラーのフックが共存していることに違和感を覚える方も多いとは思いますが、いかがでしょうか?黒子と思えば気にならないかと・・

20240128-21-30-27

これをやってみようと思ったのは、次のような経緯です。最近の英国型完成品にはMEM規格のカプラーポケットがついているので、フック式を簡単に欧州型用ケディーカプラーと交換できます。やってみると意外に違和感がなく、他のケーディーつけた車両とも連結できるのが楽しかったので、自分の96でも同様なことをやってみました。96だとやはり前部がピンリンクのダミーカプラーで連結できないのも、楽しくないのでこういうやり方を試みました。なおカプラーはネジ止めなので、展示用?にするときは取り外せます。

20240128-21-43-50 

できればこの欧州型用ケーディーのカプラーヘッドが、もっと抽象化された自連ぽくない形態だとよかったと思います。

この機関車はホーンビーのCタンク(R3762 SE&CR AI/AIX class "TERRIER")です。

| | Comments (0)

9600(46)キャブディテール 過熱量調整の自動機

バックプレートは、キットに入っていたドロップ製のパーツではなく、ウィストジャパンの96用ロストパーツを半田付けしました。床板はキットのパーツは使わず、真鍮板から自作しました。機炭間渡り板は、機炭間ドローバーを作り直してから寸法を考えてつけます。

20240126-0-22-06

このパーツの左肩についているメーターは、空気ブレーキの圧力計なので切り取りました。そして真空ブレーキだとこの部分にエジェクター(下図6) がついて、排気管が煙室に延びているのですが、今回はキャブ分解できる構造にしていなかったので、ここにエジェクターのパーツをつけると窓ガラスが貼れなくなります(笑) ということで取付は見合わせました。その下の逆転器ハンドル(下図7) も省略です。

Gedjkyoaeaaihxi

煙室の右(助手側)についているのは、自動機という蒸気の過熱を加減する機器です。初期の過熱式ボイラの煙室に付いていたもので、煙室内の風戸を開閉するために蒸気で作用するシリンダを作用するロッドが、ハンドレールの中を通ってキャブまで通じています。詳細はクラーケンさんのブログの解説をごらんください。

20240123-23-57-06

この調節のためのバルブハンドル(下図8)もキャブの右上にありますが、これも省略です。

☆1/28 追記

クラーケンさんより、真空ブレーキの9600のキャブ内の資料をいただきました。

20240128170751237_0001

20240128170751237_0001b

出典は

機関車名称辞典 東洋書籍出版会 大正九年発刊 (原本は旧漢字です)

です。

クラーケンさんありがとうございました。

| | Comments (0)

9600(45)フロントデッキディテール

ボイラー梯子はちょっとおいておいて、機関車フロントデッキのディテールを追加しました。

20240122-23-04-22

デッキ上の標識灯は、サンゴのロストパーツですが、底面に孔を開けて1.2X1.0のパイプを通して、LED点灯対応にしてあります。

この標識灯も久保田さんの二軸テンダーの作例ではもっと端に寄っていますが、クラーケンさんのブログの9602の竣工写真では、バッファーの真上ぐらいの位置にあるようなので、こちらに準拠して位置を決めました。

20240123-0-29-57

シンダ落とし管のボイラー側の座金?には、ニワのφ2.0用管継ぎ手を使いました。少し小ぶりですが感じは出ます。もう少し厚みをつけた方がよかったかもしれません。また以前書いたようにサンゴのキットはボイラーが前に1mm延びているので、位置も調整しました。

真空ブレーキホースとリンクカプラーのフックはサンゴのパーツです。

 

| | Comments (0)

9600(44)梯子で躓く(続)

9600-9657のボイラー梯子ですが

クラーケンさんからいただいた青焼きの組立図の画像からトレースすると、1/80では下図のような寸法になるようです。

9680

梯子の円の半径は、実物では3フィート3-3/8インチなので、1000mmだと思います。

さてこれをどういうカタチで作るかまだよくわかりません。

帯材曲げて孔開けて、線材を差し込んでハンダ付けで組立てるという従来の真鍮モデルによくある方法で作るか

昔の製品にあった一体プレス抜きのように、金属板を抜くかです。この方法だとハンダによる接合がないので細くすることが可能です。ただこの場合でも細くなると糸鋸やプレスで抜くのは無理なので、エッチングかレーザー加工、また真鍮板や洋白板では強度が保たないので、ステンレス板を使うしかないかと思っています。

それから私の9600は昔の製品なので、16番のお約束どおりスケールよりボイラー直径が1mm太いです。またランボードの高さもスケールどおりではないので寸法は調整してつくります。

 

| | Comments (1)

9600(43) 梯子で躓く

9600のボイラー上の梯子は、一次形Sキャブと二次型の9600-9657までは、それ以降のものとは形が違うのに気がつきました。

9600h

赤線が9657まで、青点線が9658以降です。頂上部も9657までは梯子状ですが、9658以降は平板となっています。

サンゴのこの二軸テンダーSキャブキットも9658以降の形態の梯子パーツを流用しているのでカタチが違います。

サンゴとは違ってIMONのHOJ(1/87 12mm)の9608は作り分けてあるのはさすがです。

9600g_imon

IMONのホームページより引用

 

20240113-0-45-20

キットのパーツをなんとか強引に曲げ直してみましたがイマイチですね

20240113-0-28-50

また模型で、帯板に孔をあけて真鍮線を差し込む構造ではこれ以上細くはできないと思います。

9600_ladder

クラーケンさんのサイトから一部引用

実物は模型と違って非常に細くて繊細です。この大きさや線の太さだとやけに目立ってしまいます

もう少し ない知恵を絞ってみようと思います。

 

| | Comments (0)

9600(42) 上回りディテール 前照灯 梯子

前照灯は電灯ではなく油灯の丸型で上に排気筒がついていますが、日本型ではこういうパーツはないので米国のPSC(Precison Scale)の前照灯(31289)を小さく削って使いました。前照灯側面のディテールはあえて残しています。また斜めに孔を開けて精密パイプで煙室戸まで串刺しにして LEDの配線に備えています。少し大きめですが、私は大きめの前照灯が好きなのでヨシとしました。なお前照灯上端の高さは、レール面から52mmですので日本型としての模型車両限界は突破していないと思います。煙突上端は49mmです。

20231230-14-34-06

梯子はボイラーとランボードの高さ位置関係を変更したので、そのままでは梯子の段のランボードとの位置関係がおかしくなります。梯子の床板への取付方法をUYさんに尋ねたら、取付板を作って固定したと教えていただきました。背後の横棒を一本減らして、1mm厚2mm幅の真鍮角棒から取付板を作って辻褄をあわせて、それらしく見えるようにしました。また上部の渡し板も網目板のキットのパーツはつかわず、市販のアングル材から加工しました。

20231230-14-34-59

これをランボードにハンダ付けするのは大変なので、接着剤かロックタイトで固定しようと思います。

20231230-11-00-51

ハンダ付けで組むときは、二つの梯子縦板の感覚が3.5mmだったので、あいだに木の板のスペーサーを挟んでハンダ付けしました。

二枚の縦板で穴の位置が違っている箇所がありましたので、自分で穴を開け直して修正しました。このくらいでめげていては珊瑚のパーツは組めません。

40年近く前の機となので、梯子パーツもプレス抜きです。こういったパーツもいまならエッチング抜きが当然でしょうね。

コンビニでアイスクリーム買ったときにもらった木製スプーンで、ちょうど厚さが1.7mmのものがあったので、半分に切って二枚を接着剤で貼ってスペーサーにしました。

あとはフロントデッキまわりのディテールやキャブ内バックプレート 下回りのブレーキ関係が残っていますので、2023年内完成には至りませんでした。

 

| | Comments (2)

9600(41) テンダーのディテール

テンダー前後面のディテールをつけました。

20231229-18-23-25 

手ブレーキはキットのパーツが貧弱なのでエコーのロストパーツ加工しました。手すりは本来床板から立ち上がっているのですがそれでは分解の時不便なので、帯板で下側の受けをつけました。側面の手すり状のものは、本来これに検水コックがついていた検水管のはずですが、既に西尾克三郎さんの写真集の時代にも8800ではコックは撤去されていたようです。なお西尾さんのB50の写真ではテンダー側面に検水コックがついていたものがあります。最初検水コックをつけようかと思ったのですが、強度的に無理なので諦めました。

ステップはニワの8620用をつかいましたが、踏み板が網目板になってしまいましたが、今回は目をつぶります。また下のステップの取付部とステップの位置関係が逆だと思います。

20231229-17-53-25

真空ブレーキホースは、キットに入っていた機関車前面用のロストパーツです。標識灯掛けはエコーモデルのパーツです。

20231229-17-57-03

コンさんがナローのロコをKATOの透明線路の上にのせて写真を撮られているのがよいと思いました。

タムタムからHO用のキットが発売されていたので、組立てて機関車を載せてみるとよい感じです。

| | Comments (0)

9600(40)千曲鉄道で試走

H御大の千曲鉄道で、9600の試走をさせていただきました。

金属製客車4両(ユーレイなし)を牽いて山線の勾配を快走しました。

まだ9600はサウンドを実装していませんので動画に音は入れていません。

Kさんが導入支援されたユーレイ客車をつなぐと、9600の速度が速いためか空転気味となり、同調には課題が残りました。

今回はキット付属のウェイトを搭載したのみなのでまだ9600の牽引力は不足気味です。まだボイラー内やキャブには空きスペースがありますので、もう少しウェイトを増量すれば、粘着と牽引力が大きくなり同調も改善するのかもしれません。

先台車の復元・圧着機構はつけていませんが脱線はありませんでした。先台車はロスト製で重量があるためか、圧着はなしでも よく走るようです。

※12/18追記

本務機とユーレイの同調はUSさんが重連で好調な結果を得られているようにDCC化してしまえば 一番簡単なのでしょうが、アナログDC制御でも何らか良い方法はないか、考えてみようと思います。そういう仕掛けのを考えるのも楽しいですね。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧