車輪の黒メッキ剥がし

最近は車輪は黒メッキが主流になってきたようですが、私はやはり模型の車輪タイヤは銀色に光らせたいと思います。これは個人的な好みです。というわけで、黒メッキが剥がせるかどうか試してみました。

黒メッキは酸で溶けるときいたことがあるので、10%塩酸=サンポールやリン酸の工業用錆落とし液などを試みましたが、黒メッキ被膜はびくともしませんでした。ネットでみるとプロは硫酸や硝酸をつかうようです。

今回試みたのは、日昇工業のB6用15.5φ動輪です。日昇工業さんに聞くとこの製品は、洋白タイヤに黒メッキがしてあるそうです。酸で剥離するとタイヤ表面が荒れるので、研磨して落してた方がよいというアドバイスをもらいました。あまり強い研磨材を使うとタイヤが減ってもいけないので、今回はしょうなんでんしゃのブログで紹介されていた ステンレス用の研磨剤付き研磨布で磨いてみました。1個の片側をこの研磨布で手で磨いてみました。

20211001-0-21-36

左が研磨後、右は研磨していないものです。

何とかキレイにタイヤ表面の黒メッキを落とせました。

タイヤは金属磨き剤で磨いた洋白の食器のようにピカピカになりました。

なお黒ニッケルメッキするときは、工業製品なら一旦ふつうの銀色のニッケルメッキをかけて、その上から黒ニッケルメッキを薄くかけて、色合いを調整するそうです。先日まで知りませんでした。メッキ工房使うときもその方法でやった方が、キレイに黒メッキできるようにおもいました。
模型の車輪は、素材が洋白ならキレイに研磨で黒メッキを落とせるようですが、真鍮に銀色のニッケルメッキをかけて、その上に黒メッキをかけてある製品の方が多いようなので、研磨して剥がすときは下の真鍮地肌を出さないように注意が必要だと思います。imonの黒メッキ車輪はすべて洋白製とのことですが、他社製の車輪はわかりません。

 

| | Comments (0)

塗装準備

私は塗装の前には、一晩水漬けにしておきます。これは見えないところに残っているフラックスを追い出すための作業です。

ところが、黒い鉄ねじだと一晩漬けると錆が出ます。べつに普通の水道水につけているのですが、例の折り込みドリルの塩水漬けでの除去のときと同じように真鍮と鉄のイオン化傾向の差により、鉄が酸化するのだと思います。この錆はすぐブラシで擦れば簡単に除去できますが、よく注意しておく必要があると思っています。ちなみにニッケルメッキされた銀色の鉄ねじだとこの現象はおきません。

20201105-11-12-42

一晩水漬けしたあと、中性洗剤(私は油汚れに強いジョイを使います)で擦り洗いをして水でよくすすいでから、超音波洗浄機にかけます。
その後みなさんご存じのモデラー御用達 山善の食器乾燥機で乾燥させて、仕上げに速乾性のパーツクリーナーで洗浄してから塗っています。
ジョイで磨くと少し光りますが、クレンザーでピカピカに磨くことはしません。真鍮は茶色い酸化皮膜を残した方が、プライマーの喰い付きがよく塗膜が強くなるらしいです。もちろん青い緑青は除去します。

| | Comments (0)

米国型のシリンダーのつくりかた

Mogulさんのブログにゆうえんさん方式とか書かれてしまったので、私の米国型蒸機のシリンダーの最近の作り方を書いておきます。

製品だとシリンダーは挽物一体で、シンダーブロックに当たる部分を平面に欠き取ってという構成の製品が多いようです。

自作する場合もそのままの構成でも問題ないですが、シリンダー自体は3ピースで作った方が工作が楽だと思います。

写真は旧作の2850のシリンダーがエコーモデルのパーツのままでは少し細すぎるので、とりあえず作り直しておいたものです。

20200222-0-22-33

右が組み立てたものですが、左のように3ピースの構成となっています。前後蓋は真鍮丸棒から挽き出し、胴体はパイプの輪切りです。後蓋はスライドバーも取り付けて走行調整が必要なのではんだづけしますが、前蓋は塗装後接着剤で固定しています。自分は米国型蒸機の前後蓋は真鍮磨き出しにすることも多いので、この方が楽だとおもっています。
OJスクラッチの達人H師匠も3ピースにされるとうかがっております。

シリンダーブロックとの組合せは、シリンダーの当たる部分を平面に削るのではなく、ブロック側をボールエンドミルで削っています

 

| | Comments (0)

エポキシ接着剤の除去

ミニダックスの煙室とサイドタンクを接着するとき、不覚にも接着剤がはみ出して、リベットの上に付着してしまいました。
こういう接着剤作業は夜寝る前にすることが多いので、目が見えてないことが多いです。翌朝固まった状態をみて??となるわけですが、エポキシを削り取るわけにもいかず頭を抱えてしまいました。
以前Uさんの被災機関車をお預かりして修復した時 エポキシで固めたミクロウェイトを除去するのに オレンジオイル系の剥離剤が有用だったのを思い出しました。

20200131-222952

除去後の画像です。煙室後部サイドタンクとの接合部のリベットの一部が埋まっていました。剥離剤をティッシュペーパーの小片にたっぷりつけて、その部分に置いて1時間ぐらい経ってから、擦るときれいに除去できました。
今回使用したのは、トレトレビアンという商品です。

 こういった剥離剤を使うとエポキシで組んだホワイトメタルキットもばらせるようです。

| | Comments (1)

続々 動輪位相合わせ治具

5900の19φ動輪のギアを打ち替えようと思って、動輪位相合わせ機を引っ張り出してきたら、旋盤で押し込むためには直径の違う動輪では輪心とクランクピンの位置が違うので、15.5φ動輪動輪用に作ったパーツでは対応できないことに気づきました。そこでピンを支える板の上にのうえに横にスライドするアダプターを付けて、11φから21.5φまで対応できるように改造しました。
20170825_21_49_18


| | Comments (0)

車高測定器(簡易ハイトゲージ) 補追

TMS11月号P100 [私の鉄道から]欄に 車高測定器(簡易ハイトゲージ) の記事が掲載されましたが、イラストがモノクロでわかりにくかったようなのでカラーのイラストのせます。
Photo
ノギスのジョウの赤い部分を切り取ってノギスに取り付け用の穴を開けて、測定子と台座をネジ止めします。

使い方などくわしいことは以前のブログをごらんください。

| | Comments (0)

続 動輪位相合わせ治具

先日作成した動輪位相合わせ治具をもうひと捻りして、旋盤に装着して、主軸のコレットチャックと芯押し台のドリルチャックにくわえた治具で圧入できるようにしてみました。
これは横濱鐵道のyukiさんのブログをヒントにさせていただきました。
20161030_221305_2
20161030_221321_2
QTCP(クイックチェンジホルダー付きの旋盤の刃物台)のブランクツールホルダーに動輪位相合わせ治具をメタルロックで接着しました。
yukiさんは本格的な高さ調整のできる治具作成されていますが、私はQTCP利用で簡単にまとめました。
20161030_221427


| | Comments (0)

動輪位相合わせ治具

以前Vブロックを使った位相合わせの方法を書きましたが、あの方法の欠点は径のちがう動輪ごとに治具を作る必要があることでした。今回3300タイプの動輪打ち替えのために、もう少し簡単な汎用性のある治具を作りましたので、ご覧にいれます。
20160919_220652
分解すると下図のようになります。
市販のVブロックに真鍮板から切り出したガイドを接着剤メタルロックで貼り付けています。
20160919_220837

図解すると下記のとおりです。
Iso
A=(動輪のフランジ外径)/2
B=(動輪のフランジ外径−クランクピンの直径)/2
Bの寸法調整はノギスの尻のデプスバーを使っておこないます。

動輪の位相あわせ治具は車軸を保持して位相を合わせるものが多いですが、この治具は車輪のフランジ外径部分を保持して位相を合わせます。そのため車軸の太さが変わっても大丈夫です。HO/16番蒸機の動輪車軸は日本製は3mm径のものが多いようです。(米国製は1/8インチ3.18mm径)今回3300は2.5mm径ストレート車軸ですが、動輪の軸径が違ってもこの治具では位相合わせができます。

| | Comments (3)

糸ノコの弦張り調節にハタガネ

糸ノコの刃の張り加減の調節は、手でエィヤと弦を押さえて止めねじを締めていたのですが、微妙な調整ができず勘に頼っていました。コンさんからハタガネを使うとうまくいくと聞いたのでやってみたら、微妙な張り加減の調整ができて具合がよくなりました。

20160911_111438

なお左は約30年前から使っている英国エクリップス社製の糸ノコ弦、右は最近導入したスイス・バローベ社の弦です。国産のエンジニアブラントの弦も使ったことがありますが、やはり外国製の方が使いやすいと思います。特にバローベの弦は軽いので使いやすいです。
また最近バローベの改良品でスーパーパイクという糸ノコ刃が出回りはじめましたが、従来のバローベブランドに比べて特別よく切れるということはないように思いました。またヘラクレスの改良品でスーパーQというブランドも出たらしいです。これもまた試してみようと思います。
国産の糸ノコ刃は、鉄道模型の工作には向かないと思います。

いつの間にか80万アクセス突破していました。


| | Comments (3)

閑話数題(3) 三爪チャックとコレットチャック

旋盤で切削する材料をくわえるには普通三爪チャックを使います。旋盤買うとたいてい標準付属品でついてきますね。ただふつうの三爪チャックだと丸棒をくわえても芯が出ないので、段付き車軸など丸棒の芯を出した加工をしたいときは、四爪チャックでダイヤルゲージなどで測定・調整しながら芯を出すか、コレットチャックを使います。コレットチャックは少し調整すれば、1/20mm以下の芯ぶれで加工できます。模型程度の精度なら特に計測せずともまず芯は出ていると考えて大丈夫です。

ただこれも、三爪チャックで十分という方もおられるし、丸棒加工はコレットチャックばかり使うという方もおられます。私も最近はコレットチャック派です。コレットチャックは本来くわえる丸棒に適合した径のチャックが必要ですが、ERスプリングコレットチャックといって、1-0.5mmぐらいは径が自由になるチャックを使っています。
このチャックもユキワなどの日本製だと到底素人が手が出せる値段ではないですが、中国製の廉価なものをddx40aさんのお世話で揃えることができました。中国製でも精度は十分ですが、同じ中国製でもネットオークションで粗悪品を掴まされたという話も聞いたので、ご注意ください。

どちらがよいとは一概にいえないのですが、私が使っているML210では、三爪チャックでは把握力があまりつよくないので、10mmぐらいの真鍮丸棒を切削していても材料が回転してしまうことがあります。また三つの爪で締め付けるので、あまりチャックを強く締めると真鍮ロスト柔らかい材料では表面に傷がつくことがあります。
これらの特性を考えるコレットでないとできない作業のひとつはギアの中心孔径を偏心させずに拡げることです。三爪でくわえたのでは少し偏心しますし、チャックの爪で歯に傷がついてしまいます。

これまではエコ−のロスト製ドームの中心孔あけは、三爪チャックでくわえていたのですが、今回は上部のカーブを削り直すので、ヤトイにくわえるため芯を出したいと考えてコレットで削りました。また三爪だと表面に傷がつかないように紙や真鍮薄板を巻いて養生していましたが、今回は養生なしで大丈夫でした。

20160501112021039
ドームをコレットチャックにくわえます

20160501112021155
センタードリルで中心の孔を開けて

20160501112021201
1.6mmドリルで深穴を開けます。
孔を開けた後このままタップをドリルチャックにくわえてネジを切ってもよいのですが、ロストのねじ切りは強い力がかかるとタップが折れやすいので、手でもってタップハンドルにくわえたタップでゆっくり手応えを確かめながらネジを切りました。
また今回のようにロストのパーツに孔開けるときは、ステンコロリン赤より従来の切削油の方がよく切れるように思いました。なおロストパーツを切削したり孔を開けるときは切削油は必須です。使わないとドリルやタップを折りこんで泣くリスクが上がります。

20160501112021238
うまく芯が出ました。

| | Comments (2)