Desktop Station Airをコンパクトにする(続)

Desktop Station AirにCV読込機能を追加しました。デジタル鉄道模型フォーラムのLOCKEさんの記事を参考にさせていただきました、というかそのとおりに工作しました。違うのは、裏面に配線追加したのと、電流センサーのモジュールを使ったことです。LOCKEさんありがとうございました。

20220421-22-57-13

DCDCコンバーターの12V端子(赤)とC6コンデンサーの間で、電源ラインの銅箔パターンをPカッターで掻き取って切断しました。

20220421-22-57-46

電流センサーモジュールは、ACS712にコンデンサー2個とLED+抵抗がついています。Amazonで2個千円以下で売られていますし、中華通販だと1個200円以下であるようです。コンデンサーなどを揃えたり、ハーフピッチ端子のはんだ付けが面倒というかたは、バラでパーツ買うより手っ取り早いと思います。

電源ジャックの12v端子に赤い電線をつけて、電流センサの計測電流端子を経由して、モータードライバーの7番端子につないでいます。電源ジャックの0V端子から黒い電線、DCDCコンバーターから5vを水色の電源で引き出して、電流センサモジュールにつないでいます。電流センサモジュールの出力端子とMCUの25番端子を黄色い電線で接続しています。

使った電流測定モジュールの規格が5A用だったので、オリジナルのスケッチ(Arduinoプログラム)では安定動作せず DSCoreM.cpp26行目の定数THRESHOLD_CURRENTの値を9から20に変更したら安定して読込できるようになりました。

これに携帯用バッテリーと昇圧ケーブル(5->12V) をあわせるとDCC運転用の小型居酒屋セットができました。

 

 

 

 

| | Comments (0)

Desktop Station Airをコンパクトにする

DSair2を使い始めてからほとんど使っていなかった、Desktop Station Air(初代DSair)ですがもともとDSair2に比べるとコンパクトなので、もう少し小さいケースに入れ直してみました。

20220410-23-03-11

タカチのTW8-2-8という80mm角で高さが20mmのケースです。
ロームのDCDC降圧コンバーターの背が高くてつかえるので、基板から一旦取り外して電線接続とし、寝かせるように改造しました。
状態表示のLEDは、タミヤのφ2.0の透明プラスチック棒を導光材にして、ケース表面から点灯状態が見えるようにしました。

20220410-23-09-13

かなりコンパクトになりました。
ファームウエアも最新のものに更新しようと思います。
CV値の読み出しができるようにACS712を追加改造するかどうかは決めかねています。

※4/12追加

ファームウエアは、R2d(2018/11/3 DSair2と共通化)に入れ替えてみましたが、電源のオンオフスイッチが不安定(ときどき勝手にOFFになる)でした。FlashAirカード内のSD_LANフォルダー内のファイルを、DSair2で使っているものに書き換えたら安定しました。

なおiPhoneやiPad用の小型OTGアダプター経由で、ミニスロットルやテンキーパッドつないでみましたが不安定で認識したりしなかったりでした。Apple純正のカメラアダプターでは正常動作しました。iPhoneやiPad本体のOSのアップデートで互換ROMの内蔵されたOTGアダプターに問題が出た可能性があるので、新しいOTGアダプターをネットで注文しました。結果はまたご報告します。

※4/19追加

新しいOTGアダプターが届いたので試してみましたら安定しました。Androidと違ってiOSはOTGアダプターに専用icが内蔵されているようですが、ジェネリック品の互換チップはシステムがアップデートされると対応できないようです。Appleもジェネリック品対策も結構ですが、それなら純正でいろいろなバリエーションの製品発売するか、純正IC外販して欲しいものです。

| | Comments (0)

フリーランス・モーガル(23) 機炭間渡し回路

ドローバーにはチャンネルをはんだ付けして、その中を渡し回路の電線を通しました。これで機炭間の電線が見えなくなります。これはBEMOの蒸機からパクったアイデアです。

今回はDCCサウンド搭載なので、モーター用2本、ヘッドライト用2本、機関車アース(右側車輪)用の5本です。今回は機炭同極なのでテンダー側のドローバー受けの絶縁はしていません。なお接触不良を起こしにくいように機関車アースも電線を渡しています。

20211202-9-59-07

ドローバーは黒(ニッケル)メッキしましたが、まず銀色のニッケルメッキしてから黒メッキをかけると綺麗にメッキできました。工業的には真鍮に直接黒メッキするのではなく、先にニッケルメッキしてから黒メッキするのが常道らしいですね。ただこの方法を鉄道模型の車輪におこなうと集電トラブルの原因になるのはご存じのとおりです。

20211122-21-33-58

なおテンダーの内側には全面にマスキングテープを仮に貼って、デコーダーや電線との接触事故を防いでいます。ブラスロコの場合はデコーダーやその配線とボディーを接触ショートさせて、デコーダー昇天させたという事故が多いです。自分も何度か経験しています。その点ではプラ製蒸機の方がDCCデコーダーの搭載は向いているし、楽だと思います。

 

 

 

| | Comments (7)

フリーランス・モーガル(22) SH15とDCCデコーダーBEMFコントロールの設定

フリーランスモーガルには、DCCサウンドデコーダーとしてMRC1617を搭載しますが、BEMFの設定がデフォルトのままだと、SH15モーターとの相性が悪く、低速でのモーターの回転ムラが目立ちますので、CV値を変更して調整しました。
このデコーダーでは、CV124がBack EMF Load control Intensityであり、0-255 で初期値は160です。

 CV124=160のままでは低速域での回転ムラが目立ちますが

 CV124=20に変更すると低速域の回転が滑らかになりました

SH15は4つマグネットが入った特殊な構造のモーターのようで、BEMFによるフィードバック回転制御のパラメーターは通常のモーターより低値にする必要があるようです。

1/30追記

結局CV124=0とBEMFによるフィードバック回転制御をオフにするのが一番調子がよくなりました。このデコーダーとSH15の相性はあまりよくないのかもしれません。



 

| | Comments (0)

DCCコントローラー

20210912-12-30-33

パワーパック型のDCCコントローラーができました。まだ表面の保護シート剥がしていません。

某鉄道模型バー(現在は緊急事態下でカフェ)に置かせてもらうために作ったものです。

従来のパワーパックの操作感に近づけるため前後進はプッシュスイッチではなく上面の液晶モニター手前のトグルスイッチで切替えるようにしました。もちろんセンターオフありです。まだお店にDCC車両持ち込まれる方少ないようなので、DC運転にもつかえるように 手前右側のスイッチで、DCCと通常のDC(パルス制御)を一発で切替えられるようにしてあります。左側のスイッチは、プログラミングトラックの切替スイッチです。

ファンクション操作やアドレス指定のためのテンキーは、ゴムスイッチを使って耐久性を持たせると同時に操作感を改善しました。

操作プログラムは、DeskstopStationさんのDSシールド2のスケッチの改造です。基本的には、以前作ったDSシールド2コントローラーと同じです。

もう少しプログラムをチューニングして、来月ぐらいにはお店に持ち込ませてもらいます。もうちょっとCOVID19感染状況落ち着かないと県境越える気にはならないです。

| | Comments (0)

ノラ版 DSシールド2を作る

DSシールド2の互換機 ノラ版をつくりました。
回路は、DSシールド2そのままです。Arduinoは、Unoではなく、中華製Nano互換機を使いました。載っているマイコン(ATmega328 )が同じなので、純正DSシールド2のスケッチ(プログラム)がそのまま動きます。なお今回S88関連の配線は省略しましたので、当然S88センサー機能は動きません。電圧レギュレーターは、Nano内蔵のものでは、テンキーボードコントローラーを接続した時に電流が不足しそうなので、5vの三端子レギュレーターを外付けしました。そのため最高電圧12Vの上限が外れて、欧州型やLGBの16-18Vでも作動します。

20210630-14-19-03

プリント基板上には、nanoと電流センサー、5V三端子レギュレーターが載っています。モータードライバーは載せるスペースがなく空中配線となりました。走行電流端子は、信頼の陸軍式です。

20210630-16-46-29

何とか回路をタカチの小さなアルミケースMB4-3-6に押し込みました。

20210630-19-57-15

前面には、NanoのUSB端子とUARTのTX,RXと5V GNDを4極ジャックで引き出してあります。
USB端子をパソコンに接続すれば、DesktopStation SoftwareDS webapp winのアプリが動きますし、4極ジャックにはテンキーボードコントローラーが接続できます。
コンパクトにまとまったので居酒屋セットにはちょうど良いかと思います。その反面長時間使うと放熱がイマイチなので問題がおきるかもしれません。

 

| | Comments (0)

DSシールド2 コントローラー

Desktop Stationから発売されたDSシールド2を使ってDCCコントローラーを作ってみました。

Arduino Uno の上にDSシールド2を載せて、その上にタスクスイッチを使って作った4X4のマトリックス配線のキーパッドとOLED(有機LED表示ボード)を取り付けた 自作シールドを載せてあります。

機能的にはDCC運転、F0-28のフルファンクション操作、ポイントアクセサリー操作、ダイレクトモードでのCV値の読み書き、DCCアドレスの読み書きが可能です。ボタン操作は、テンキーボードコントローラー準拠です。USBをパソコンにつないで、DSシールド2としても使用できるようにしました。老眼のためOLEDの細かい表示は見にくいので、最低限の情報のみ大きい字で表示させています。

なおこのコントローラは線路上に一台あるいは一編成の車両を走らせてサウンドやギミックなどを楽しむ目的で作りました。二列車以上の同時運転には向いていません。

20210612-0-18-49

20210612-0-19-59

 結線図は下記のとおりです

Ds2c

4x4の16キーパッドは、秋月のシールドボード上でタクトスイッチを使って配線し自作しましたが、市販の完成品やキットを使った方が簡単だと思います。OLEDはSCAとSCLを10KΩの抵抗で5Vにプルアップします

SCA(A5)とSCL(A4)はDSシールド2内部でプルアップされているので、この配線を追加する必要はありません(6/20追記)

なお今回はメモリの制約から、OLED表示には、メモリ使用量の少ないSSD1306Asciiライブラリーを使っています。
素人製作の美しくないスケッチ(プログラム)で恐縮ですが、ここからダウンロードできます。興味のある方はダウンロードして使ってみてください。なおこのスケッチを使うためには、DSシールド2のR4を撤去することが必要となります。そのためS88関連機能は使えなくなります。

このスケッチは、DesktopStationのDSシールド2のスケッチrev.002に加筆したものですが、問合せは私にお願いします。一番上の最近の話題 スレッドへのリンクにコメントしてください。DesktopStationさんへの問合せはご遠慮ください。デジタル鉄道模型フォーラムのコマンドステーションのスレッドでもご質問やバグ報告はお受けします。

ダウンロード - dss2c.zip

Ds2ca

このテンキーボードコントローラー操作方法は以下のとおりです

起動時は「アドレス選択モード」

0.アドレス選択モード
アドレス番号+(E)  「運転モードA」に移行
(B)現在の線路上のDCC車両のCV値読込表示
    CV読み取りモードへ移行
(C)現在の線路上のDCC車両のアドレス読込表示
アドレス番号+( F )  現在の線路上のDCC車両のアドレス変更書込
(D) 入力した数値を消去

1.運転モードA ファンクション操作モード
ボリュームつまみで速度調整
(E) 前後進逆転 トグル操作
(A) 線路電源 オン/オフ  トグル操作
(数字キー) F0からF9のファンクションのオンオフ F2のみモーメンタム動作 他はトグル動作
(C)&(数字キー) 同時押し F10からF19のファンクションのオンオフ トグル動作
(F)&(数字キー) 同時押し F20からF28のファンクションのオンオフ トグル動作
(B) 運転モードBへ移行

2.運転モードB アクセサリー(ポイント)操作モード
ボリュームつまみで速度調整
(E) 前後進逆転 トグル操作
(A) 線路電源 オン/オフ  トグル操作
(数値)+(C) 入力したアドレスのポイントを直進に切替
(数値)+(F) 入力したアドレスのポイントを分岐に切替
(D) 入力した数値を消去
(B) 運転モードAへ移行

3. CV読み取りモード
CV番号+(E) 指定されたCV値読込
(D) 入力した数値を消去
(B) アドレス設定に移行
(F)  CV書込モードに移行 

4. CV書込モード
CV番号+(E) で指定後 数値+(D) でCV値入力
(D) 入力した数値を消去
(F)  アドレス設定に移行

9.DSシールドモード

(A)を押しながら起動するとDSシールド2として起動し、すべてのボタン入力などは無効となります。
USBをパソコンにつなぐと、DesktopStationアプリで操作できます。
コントローラー操作に復帰するには、リセットして再起動させます。

+ は順次操作
& は同時操作

 

| | Comments (0)

DCC 同人誌の記事修正

DesktopStationさんがオンラインで配布されているDCC同人誌の2021年夏号に掲載していただいた私の記事P51-52に誤りがありました。

 下表のコントロールキーのキーコードが間違っていました

お詫びして修正します。ご指摘いただいたIZ さんありがとうございました。

Dsair2_keyboard

なおUSBミニスロットルとテンキーボードについては、ブログの3/11-3/17の記事をご覧ください

 

USBミニスロットル+テンキーボード=USBスロットル

USBミニスロットル+テンキーボード=USBスロットル(続)

USBミニスロットル+テンキーボード=USBスロットル(続々)


 

 

 

 

| | Comments (0)

DCC Decorder Tester の改造

中華製LaisDccのDCC Decorder Tester を少し改造しました。

20210603-0-25-18

 入力端子台が品質が悪くガタガタだったので、DSAirなどと同じユーロコネクターに交換しました。

20210603-0-25-48-1

スピーカーとモーターの回路には直列にスライドスイッチを入れてオンオフできるようにしました。このスイッチをオフにして、表面のコネクタのついていないデコーダーのための端子台に、外付けでスピーカーやモーターをつなげば、それらのテストができます。
なお小型スライドスイッチを単独でデコーダーの基板に固定するのは難しいので、小さなプリント基板(秋月のF基板)にハンダ付けして、それを強力工業用両面テープで基板に貼り付けています。これなら操作の時もしっかりしています。

| | Comments (0)

DSシールド2のパワーオンオフを改造する

テンキーボードコントローラーですが、テンキーUSBコントローラーと操作性の互換をとるために、線路DCC電源オンオフは、BSキーのトグル動作にしたいと思いました。

しかしDCシールド2のシリアル通信では、線路DCC電源のオンオフを通知するコマンドは用意されていません。電源のオンオフを通知するコマンドを追加改造してコントローラー側で対応しようかと思いましたが、むしろ線路DCC電源オンオフをトグル動作できるようなコマンドを作った方が楽だと気がついたので改造しました。

線路電源,Power PW(PowerFlag) のパラメーターに 9 トグル動作を追加しました。

改造追加箇所は、DSshield.ino の boolean dispatch() {……}内の下記の赤字部分です

else if ((function == "setPower") || ((function == "sPW")))
{
    if( arguments[0] == 9)
    {
        if( DSCore.IsPower() == 1) //パワーオンならオフ
        {
        arguments[0] = 0;
        }
        else //パワーオフならオン
       {
        arguments[0] = 1; 
        }
     }

     if( arguments[0] == 1)
     {
     /* 状態変更 */
     gLED_State = LEDSTATE_RUN;
     }

     else
    {
    /* 状態変更 */
    gLED_State = LEDSTATE_STOP;
    }


    /* LED状態の変更 */
   changeLED();

   return DSCore.SetPower(arguments[0]);

}

 

テンキーボードコントローラーのスケッチで、BSキーを押すと setPower(9)が送信されるように改造しました。

これでBSキーでDCC線路電源のオンオフがトグル動作でできるようになりました。

線路電源状態はDSシールド本体のLEDで確認します。

 

| | Comments (0)

より以前の記事一覧