杉山さんのマレータンクがきました

杉山模型さんにお願いしていたマレー機関車が到着しました。
上まわりは、1/80-76仕様に改造予定なので未塗装、下まわりは塗装済みという仕様でお願いして納品してもらいました。
20131225225734790

台車も浜リンさんの作例のように逆方向に改造しようかとおもいます。
もちろん自己責任でやりますのでご心配なく

私のところはHOナロー(1/87)は、コロラド・メイン系のアメリカンナロー以外は撤退することにしました。9mmの線路を走る日本型と欧州型ナローはやはり1/80-1/76でいこうと思います。といっても一旦撤退したHOn3が黒石病ウィルス感染で復活したようにまた将来はどうなるかもしれません??欧州系のHOmや北炭のHOJなど12mmの線路を走るものは継続運転です。

ところで桁石クンの<1/80と1/87が共存させるため、1/83 HOaを採用しています 。HOaとは「HO-average」の意です。>という発想はいいですね!!やはり若い人は頭が柔らかいです。ただHOは1/87(3.5mm scale)なので、定義を取り違えた言葉の誤用であると噛み付かれそうな気もしますが・・・まあその時は「誤表示」ぐらいのオオラカな気持ちでみてあげましょう

| | Comments (3)

私も黒石病に感染してしまいました

10.5mmは廃線にしたはずだったのですが・・・

どうもテンダーに鉄道名やマークが大きく書かれて、水垂れなどで白く汚れた米国型ロコは好きになれないのですが、BlackStonesから発売されたC-19にはグリーンボイラーのレタリング・ウェザリングなしの製品があったので購入してしまいました。おとなしいレタリングを入れて原型仕様にしてみようかと思います。
モノは例のConcorの米国型古典客車を買った米国東海岸の模型屋さんから航空郵便小包で送ってもらいました。今回は発送後約一週間で到着しました。
早速試運転しようとしてもう手元に10.5mmの線路がないのに気がつきました(笑)

というわけで試運転は少し延期にして、付属品をいろいろ見ていると・・・
この製品には、実物のC-19についてのリーフレットやメンテナンスガイドもついてきますが、Backmann製品についてくるような、分解図と部品リストも付属しています。
それを見ると、モーター軸のウォームの先に羽根車のような部品がついています。まさか冷却ファンでもないしとメンテナンスガイドなどをみてみると、光学式のロータリーエンコーダーになっていて、モーターの回転数情報をDCCデコーダーにフィードバックする仕掛けになっているようです。
というわけで動輪に回転検出のコンタクトホイールはついていませんが、このエンコーダーの情報で、動輪とブラスト音の同期やモーターのフィードバック制御をおこなっているのではないかと推測しています。

いうまでもなくBlackStonesはSound Traxx社の車両模型部門なので、そのうちモーター軸に付けるロータリーエンコーダーのついたDCCサウンドデコーダーが発売されるのではないかと期待しています。両軸モーターだとウォームが付いたのと反対側にエンコーダーが装着できると思います。

| | Comments (7)

SR&RLのレールバス

杉山模型のレールバス(サンデーリバーの5号機?)を購入したので、珊瑚の4号機と並べてみましたが結構でかいですね。
P1010394

P1010396
5号機がスケールより少し大きめなのでしょうか?それとも4号機の実物が小さかったのか??

| | Comments (1)

最近海外通販で買ったもの(3) マレータンク

軽便祭でナガウラさんの変殻マレー拝見して、帰宅後速攻で注文してしまったNゲージのマレータンクがドイツの模型店から本日届きました。送料込みで170ユーロ弱でした。アナログバージョンです。
以前から罪庫しているROCOのマレータンク(HO)とのツーショットです。
P1010112
はたしてこの2両の機関車の行末は?

| | Comments (0)

今年も軽便祭にむけて(4)泣!!

今日フォーニーの塗装をしましたが、ボイラーバンドの磨きだしをしようとしたら、ごそっと周囲の塗装も剥がれてしまいましたcrying 
ボイラーバンドが薄いのが原因か?プライマーにミッチャクロンつかったのが原因か?
祭りまではもう吹きつけで塗り直す日もないし、筆塗りでごまかして持参しようかとちょっと落ち込みながらかんがえています。祭り終わってから一旦お風呂で綺麗にして再塗装でしょうか?そうすれば浜リンさんのフォーニーのように前照灯点灯も可能にできるかと・・
P1010062


あとイモンモーターだと天井に支えてしまうので少し車高をあげていたのですが、アルモーターに交換して少し車高を下げました

| | Comments (2)

今年も軽便祭にむけて(3)

何とかサイドロッドを装着しましたが、第二動輪にウォームがかかっており、連動している5個のギアのバックラッシュが大きいので手こずりました。サイドロッドの穴は長穴にしてスムースに回転するようにしましたがかなり調整に時間がかかりました。やはりPUへのサイドロッド追加は禁断の果実のようです。ギア連動にロッド付ける場合は、二個の動輪の真ん中のギアにウォームをかけるようにするのがベストでしょう。
なお輪心は旋盤で挽き出した真鍮製のドーナツ状のパーツですが、エポキシ系で接着してあり、車輪とは絶縁されています。サイドロッドとメインロッドは洋白板からの自作、クロスヘッドはダックス用のロストです。

ハンドレールは最初つけないつもりだったのですが、浜リンさんのフォーニーをネットで拝見して、やはり付けることにしました。メイン州の小型のフォーニーの写真を見てみると、ハンドレールノブは片方は煙室についておりもう片方はキャブ前面に直接差し込まれていて、ボイラー部分にはノブはとりつけていないようです。ノブとハンドレールは塗装後に接着することにします。

あと乗工社系PUでは、ケーディーをフロントデッキに上からネジで取り付ける構造になっていますが、ケディーの穴は1.2mmネジが通る太さですが、1.4mmネジをセルフタッピングでねじ込めるので下面からねじ込むとネジ頭が見えなくて感じが良くなりました。

下回りは見切り発車で上回りはあすから塗装する予定です。
今回ボイラーはラシアンアイアン風の青に塗ってみようかと思います(JR関西緩行線の青か?)

10061

| | Comments (0)

今年も軽便祭にむけて(2)車輪を作り直す

以前大騒ぎしてキットの車軸を削り直したのですが、材質が真鍮で柔らかいためか車輪を再圧入するときに、少し車軸を曲げたようで少し振れが出てしました。特に問題ないかと思ったのですが、やはり気になるので作り直しました。今回は車軸自体はトミックスの電関用7.6φギアなし動輪についている1mm径ものの両端を落とすことにしました。なお電関用車輪でもギア付きは車軸が1.2mm径なようです。
元のイモン木曽森の車軸は中央が2mm径なので、中央部は旋盤で外径2mm内径1mmのスリーブを引き出しました。ギアと車輪、スリーブは、ロックタイトで固定しました。今回はバックゲージは7.5mmとしました。
やはり車軸が細いと真鍮では曲げやすいようです。トミックスの車軸は固い特殊処理がしてあると書いてあるブログもあったので、車軸は熱処理(焼き入れ)してあるかと思ったのですがそれはなくて普通のニッパーで切断し、バイトも通常のハイスで大丈夫でした。
このサイズの車軸は自分で挽き出すより、オリジナルの車軸にスリーブかパイプをかぶせたほうが精度が出るようですね。
10050
10052

| | Comments (2)

今年も軽便祭にむけて(1)PU祭

今年の軽便祭でのクリッターズクラブさんのお題はPU祭だそうです。
そういうことならうちのイモン木曽森改のフォーニーも参加資格がありそうなので、軽便祭を目標に仕上げることにしました。といってもまだクリクラさんにエントリーしてません。あと5週間+アルファでなんとか仕上げようと思います。

10034

| | Comments (4)

SR&RL カブースの台車の集電

珊瑚のサンデーリバーのレールバス4号の前部台車に、KATOC11従台車の集電システムがうまく組み込めたのに味を占めて、こんどは珊瑚のカブース556の台車に組み込んでみました。カブースの台車をC11の従台車では軸距が違いますが、なんとか組み込めました。ただ問題点は、走行抵抗が意外に大きいことです。うまくいけばサンデーリバーの客車台車にも組み込みを考えていましたが、数両の客車にこの集電機構を組み込むとかなり走行抵抗が大きくなりそうなので、もう少し検討してみたいと思います。
P935

右がオリジナル、左が集電板を組み込んだものです。

P936


| | Comments (0)

木曽森フォーニー化計画(5)

ランボードとキャブ屋根を新製して取り付けました。
P1000897


| | Comments (0)

より以前の記事一覧